JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

以下の傾向や行動が幼少期からあり、人格障害ではないかと疑っています。もし、可能性があるなら最寄の病院で医師の判断を仰

解決済みの質問:

以下の傾向や行動が幼少期からあり、人格障害ではないかと疑っています。もし、可能性があるなら最寄の病院で医師 の判断を仰ごうと思います。御解答頂けたら幸いです。

・自分の殻にこもっている感覚
・他者に必要とされていない、透明人間
・虚無感、焦燥感、不安が常にある
・他人と世界を共有できない
・自我を押し通そうとする(特に不安が強い時)
・根本的な自信がない
・深い人間関係の構築ができない
・他人の心理的接近を拒絶する一方、他人に依存し、すがろうとする
・無意識に他者は自分のために動いてくれると考え、他者を利用しようとする
・他人の状況や感情が考えられない
・誰に対しても信頼できない
・強い疎外感
・正解がないと動けないので、自分で考えて率先した行動がとれない
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

たしかに、お示しいただいた傾向・行動は人格障害、それも境界性人格(パーソナリティ)障害の診断基準のいくつかに合致する印象があります。

また同時に、いくつかの傾向・行動は、人格障害よりは発達障害、たとえばアスペルガー症候群を思わせるものがあります。特に他人とのコミュニケーションに関する部分ですね。

人格障害か発達障害のいずれかである可能性は低くなく、いずれの場合でも出来るだけ早期からの治療もしくは社会適応訓練が役に立ちますから、専門の医療機関の受診が望ましいと考えます。

ただ、人格障害にせよ発達障害にせよ、その診断や治療には一定の知識と経験、専門性が必要ですので、「最寄の病院」で思わしい結果が得られなかった場合は、紹介状を作成してもらい、大学病院クラスの大きな医療機関で診察を受けることをお勧めいたします。

ご参考までに、国際疾病分類第10版におけるアスペルガー症候群の診断基準をおお示しします。相談者様に当てはまりそうな項目を斜字表示にしてあります。

**********************************
診断は、言語あるいは認知的発達において臨床的に明らかな全般的な遅延がみられないことと、自閉症の場合と同様に相互的な社会関係の質的障害と、行動、関心、活動の限局的で反復的常同的なパターンとの組み合わせに基づいて行われる。自閉症の場合と類似のコミュニケーションの問題は、あることもないこともあるが、明らかな言語遅滞が存在するときはこの診断は除外される。


A.表出性・受容性言語や認知能力の発達に おいて、臨床的に明らかな全般的遅延はないこと。診断のあたっては、2歳までに単語の使用ができており、また3歳までに意志の伝達のための二語文(フレーズ)を使えていることが必要である。身辺処理や適応行動および周囲に向ける好奇心は、生後3年間は正常な知的発達に見合うレベルでなければならない。しかし、運動面での発達は多少遅延することがあり、運動の不器用さはよくある(ただし、診断に必須ではない)。突出した特殊技能が、しばしば異常な没頭にともなってみられるが、診断に必須ではない。

B.社会的相互関係における質的異常があること(自閉症と同様の診断基準)。
(a)視線・表情・姿勢・身振りなどを、社会的相互関係を調整するための手段として適切に使用できない。
(b)(機会は豊富にあっても精神年齢に相応した)友人関係を、興味・活動・情緒を相互に分かち合いながら十分に発展させることができない。
(c)社会的・情緒的な相互関係が欠除して、他人の情動に対する反応が障害されたり歪んだりする。または、行動を社会的状況に見合ったものとして調整できない。あるいは社会的、情緒的、意志伝達的な行動の統合が弱い。
(d)喜び、興味、達成感を他人と分かち合おうとすることがない。(つまり、自分が関心をもっている物を、他の人に見せたり、持ってきたり、指し示すことがない)

C.度外れた限定された興味、もしくは、限定的・反復的・常同的な行動・関心・活動性のパターン(自閉症と同様の診断基準。しかし、奇妙な運動、および遊具の一部分や本質的でない要素へのこだわりをともなうことは稀である)。

次に上げる領域のうち少なくとも1項が存在すること。
(a)単一あるいは複数の、常同的で限定された興味のパターンにとらわれており、かつその内容や対象が異常であること。または、単一あるいは複数の興味が、その内容や対象は正常であっても、その強さや限定された性質の点で異常であること。
(b)特定の無意味な手順や儀式的行為に対する明らかに強迫的な執着。
(c)手や指を羽ばたかせたり絡ませたり、または身体全体を使って複雑な動作をするなどといった、常同的・反復的な奇異な行動。
(d)遊具の一部や機能とは関わりのない要素(たとえば、それらが出す匂い・感触・雑音・振動)へのこだわり。

D.障害は、広汎性発達障害の他の亜型、単純型分裂病、分裂病型障害、強迫性障害、強迫性人格障害、小児期の反応性・脱抑制性愛着障害などによるものではない。
**********************************

こういうサイトもあります。
アスペルガー症候群自己診断テスト(アメリカ精神医学会の診断基準DSM-IV)


以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

返答ありがとうございます。返答をいただいた後、様々なサイトを覗いてみました。

成人のアスペルガー症候群は判別しにくいのと、境界性人格障害は性格の問題としてなかなか扱っていただけないという記事を多くのサイトで見ました。

やはり、最寄りの精神科では判別しにくいから大学病院を紹介してもらう前提で行ったほうがよいのでしょうか?

また、アスペルガー症候群や境界性人格障害の治療法としては主にどんなものがあり、どれくらいのお金がかかるのでしょうか?

 

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

受診先ですが、一般のクリニック等では診断が付かず、結局は大学病院クラスの病院を紹介される可能性がありますが、大学病院は特定機能病院で、紹介状がないと受診が難しいので、初診は最寄りの医療機関にならざ るを得ないかもしれません。

治療ですが、

境界性人格障害では対症的な薬物療法カウンセリング、認知療法などが行われ、人格の矯正ではなく、社会適応の改善を目指します。

アスペルガー症候群でもまた対症的な薬物療法と、社会適応訓練が行われます。

いずれの場合も、1回の受診につき、再診料+通院精神療法+薬代で3000円弱といったところでしょう。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問