JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

うつ病の再発を繰り返している者です。今回の再発で、休職して半年が経過しています。 SSRIやSNRI、三環系、四環

解決済みの質問:

うつ 病の再発を繰り返している者です。今回の再発で、休職して半年が経過しています。
SSRIやSNRI、三環系、四環系、リフレックス、デパケン、ドグマチールなど一通り試しましたが、余り効果に満足できるものが見つかりませんでした。一通り試した上で、担当の先生はドグマチール25mg(50mg錠の半錠)をもう一度飲むことを勧めましたが、私にとってドグマチールを飲むことはかなりストレスになるので(同じ薬剤を服用している父の激しい体重増加を見て)、現在は私の希望でゾロフトをこれまでの半量である25mgで服用しています。
ドグマチールはうつ病に用いる場合の用量として150~300mgとされていますが、先生が勧める25mgでも抗うつ効果が得られることがあるのでしょうか。ゾロフト25mgでうまくいかなかった場合、試してみる価値はあるでしょうか?

また、最近光トポグラフィーを行っている病院がありますが、これは診断の参考だけでなく、治ってきたかどうかの指標としても利用出来るのでしょうか。

今通っている病院では、始めに「どうですか?」と訊かれていつも答え方に困ってしまいます。医師にはどのようなことを伝えるべきなのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

まず、ご質問の3点に対する回答ですが、
> ゾロフト25mgでうまくいかなかった場合、試してみる価値はあるでしょうか?
無いと思います。
低用量のドグマチールの有効性については症例報告レベルでの短い論文があるだけで、一般的ではありませんから、「トライしてみる」以上の価値はありませんし、おそらく改善は期待できないでしょう。
ちなみのその論文の中で低用量のドグマチールが有効である理由についても考察されていましたが、かなり論拠薄弱なものでした。
そして低用量でも食欲亢進等の副作用のリスクはあります。

> 治ってきたかどうかの指標としても利用出来るのでしょうか。
使えません。
これは詳しく話を聞いたことがあるのですが、現時点でのNIRS(近赤外線スペクトロスコピー、光トポグラフィー)はうつ病と躁うつ病と、統合失調症の区別が出来るだけであって、うつ病の治療反応性予測や、改善度(治ってきたかどうか)の指標としては使えないそうです。
高度先進医療として厚生労働省から認可を受けているのも、「診断ツール」として、ですね。

> 医師にはどのようなことを伝えるべきなのでしょうか?
新患以外の外来患者様にかけられる時間は5~10分というところでしょう。これはそうしないと受診されている患者様を全部診れないということもありますし、診療報酬制度上の問題で、それくらいのペースで患者様を診ていかないと病院やクリニックの経営が成り立たないということでもあります。
この時間内でご自分の状態を伝えるのに一番効率的なのは、例えば2週間に1度の受診をされているならば、予め受診までの2週間の様子を簡潔なメモにまとめて主治医に渡すことでしょう。
内容は、ネットでもうつ病の自己チェックページがたくさんありますが、その中でご自分に当てはまりそうな症状を抜き出して前回受診からの変化の有無を書くのがよいでしょう。
ベックのうつ病調査表ならば、項目の1、4、11、12、13、15、16、18あたりをピックアップして程度を記録するのがよいと思います。プラス副作用があれば、それも書くとよいでしょう。
これをすると診察時間を有効活用できますよ。

最後に私から質問なのですが、なぜジェイゾロフト25㎎なのですか? これはドグマチール25㎎と同様、有効用量ではありません。
使うなら、1日100㎎まで使われるべきでは(それを阻む副作用がなければ)?

これまで複数の系統の抗うつ薬を服用されて「余り効果に満足できるものが見つかりませんでした」とのことですが、全てのお薬を、十分量・十分期間試されたのでしょうか?
……あくまで確認まで。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧なご回答ありがとうございます。

全てのお薬を、十分量・十分期間試されたのでしょうか?
……あくまで確認まで。

との記載を頂いておりますので、これまでの経過をもう少しお伝えしたいと思います。


初発時:ルボックス150mgを4年間継続。薬が効いてきたという実感はなく、時間をかけて徐々に回復しました。肝障害、服用後から生理が全く来なくなったこともあり、その後薬剤中止で経過観察。

1度目の再発:住居を変更したため別の病院で、トレドミン50mgが処方され、1年間服用しました。効果の実感はありましたが、肝機能がやや不安定であったため、1年後に回復して間もなかったのですが、中止しました。

2度目の再発:住居変更のため別の病院で、サインバルタが処方されましたが、職場で一瞬意識を失い倒れてしまったため、すぐにトレドミンに変更しました。症状が安定せず、150mgまで増量して1年間服用しましたが、更に症状が悪化したため、ジェイゾロフトに切り替えました(この間は肝機能も安定していました)。ジェイゾロフトも100mgまで増量して半年間服用しましたが、更に悪化し、ルジオミールの追加やアモキサンの追加を試しましたが、眠気が強く、仕事に支障が出るためこの2剤は1ヶ月程度で中止しました。

休職後:仕事や日常生活が送れなくなったため、現在実家で休養しています。実家近所の心療内科では、「薬の量が多すぎて逆に体に負担をかけているのではないか」と言われ、私が眠気を強く訴えたこともあり、ジェイゾロフト25mgの処方となりました。(眠気を訴えるまではジェイゾロフト50mg、デパケン100mg、ドグマチール50mgの組み合わせで3ヶ月服用していました。また、リフレックスやレクサプロも試しましたが、眠気、倦怠感の増強により1ヶ月程度で中止しました。)

 

眠気、倦怠感が原因で中止した薬剤は、もっと継続していれば副作用に耐性が生じていたでしょうか?ジェイゾロフト25mgでは少なすぎるでしょうか?効果がいまひとつと感じていても、薬ばかりに頼らず、休養と時間経過に任せた方が良いのでしょうか。

光トポグラフィーに関しては、私が受けることに余り意味はなさそうですね。ただ、今の治療に不安があるので、セカンドオピニオンも兼ねて、最先端の医療を行っている医師の説明を受けてみたいという気持ちはあります。

 

私は何度も再発を繰り返していますが、このような方たちの中でも無事回復し、再発することなく元の生活に戻っていかれている方は沢山いらっしゃるのでしょうか?今の先生からは、6割くらい回復して、週2~3日くらいのペースでなら働けるようになるだろうと言われています。休職して半年経ちますが、まだ復帰には程遠く、このままの状態が永遠に続く気がしてとても辛くなります。

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧なご回答ありがとうございます。

全てのお薬を、十分量・十分期間試されたのでしょうか?
……あくまで確認まで。

との記載を頂いておりますので、これまでの経過をもう少しお伝えしたいと思います。


初発時:ルボックス150mgを4年間継続。薬が効いてきたという実感はなく、時間をかけて徐々に回復しました。肝障害、服用後から生理が全く来なくなったこともあり、その後薬剤中止で経過観察。

1度目の再発:住居を変更したため別の病院で、トレドミン50mgが処方され、1年間服用しました。効果の実感はありましたが、肝機能がやや不安定であったため、1年後に回復して間もなかったのですが、中止しました。

2度目の再発:住居変更のため別の病院で、サインバルタが処方されましたが、職場で一瞬意識を失い倒れてしまったため、すぐにトレドミンに変更しました。症状が安定せず、150mgまで増量して1年間服用しましたが、更に症状が悪化したため、ジェイゾロフトに切り替えました(この間は肝機能も安定していました)。ジェイゾロフトも100mgまで増量して半年間服用しましたが、更に悪化し、ルジオミールの追加やアモキサンの追加を試しましたが、眠気が強く、仕事に支障が出るためこの2剤は1ヶ月程度で中止しました。

休職後:仕事や日常生活が送れなくなったため、現在実家で休養しています。実家近所の心療内科では、「薬の量が多すぎて逆に体に負担をかけているのではないか」と言われ、私が眠気を強く訴えたこともあり、ジェイゾロフト25mgの処方となりました。(眠気を訴えるまではジェイゾロフト50mg、デパケン100mg、ドグマチール50mgの組み合わせで3ヶ月服用していました。また、リフレックスやレクサプロも試しましたが、眠気、倦怠感の増強により1ヶ月程度で中止しました。)

 

眠気、倦怠感が原因で中止した薬剤は、もっと継続していれば副作用に耐性が生じていたでしょうか?ジェイゾロフト25mgでは少なすぎるでしょうか?効果がいまひとつと感じていても、薬ばかりに頼らず、休養と時間経過に任せた方が良いのでしょうか。

光トポグラフィーに関しては、私が受けることに余り意味はなさそうですね。ただ、今の治療に不安があるので、セカンドオピニオンも兼ねて、最先端の医療を行っている医師の説明を受けてみたいという気持ちはあります。

 

私は何度も再発を繰り返していますが、このような方たちの中でも無事回復し、再発することなく元の生活に戻っていかれている方は沢山いらっしゃるのでしょうか?今の先生からは、6割くらい回復して、週2~3日くらいのペースでなら働けるようになるだろうと言われています。休職して半年経ちますが、まだ復帰には程遠く、このままの状態が永遠に続く気がしてとても辛くなります。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

これまで計4件、精神科/心療内科を受診されたことになるのでしょうか。
正直、どこも帯に短し襷に長し、といった印象です。

最初の病院のルボックス150mgは十分量ですが、この量で3ヶ月服用して効果が無かったのであれば他の系統のお薬に変更すべきでした。効かない薬を4年間も飲んだのは時間の浪費だったと思います。

2番目の病院トレドミンは50㎎で効かないなら100㎎まで増やすべきでした。不十分量で1年間服用したのは感心しません。結果的に改善していますが、薬の効果だったのかどうかが不明瞭のまま終わってしまっている印象があります(うつ病は自然回復がある病気なので)。

3番目の病院で、今度はトレドミンが150㎎まで増量されていますが、この薬の承認最大用量は1日100㎎なので過剰投与です。肝機能障害の原因だったかもしれないお薬を過量に投与することにも疑問を感 じます。一方で、これだけの量のトレドミンを服用されても症状は悪化したとのことですから、2番目での病院での回復はトレドミンの効果ではなかったということでしょう。ジェイゾロフト100mgで半年は少し長いですがそこそこリーズナブル、三環系抗うつ薬の併用や四環系抗うつ薬の併用はあまりリーズナブルではなかったかも。全般的に見て、薬物療法に関してはこの病院がいちばんちゃんとしていたように思います。

4番目=現在かかられている心療内科がいちばん「イケてない」感があります。「薬の量が多すぎて逆に体に負担をかけているのではないか」という論は、治験によって導き出された安全域とか有効用量を全く無視した発言でしょう。

結局、SSRIとSNRIしか十分量・十分期間試されていないんですよね。
しかもテンポが悪いというか、いたずらに時間ばかりかけているような気がします。三環系抗うつ薬への切り替えや、炭酸リチウムの併用など、試みる価値がある薬物療法はまだたくさんあるように思われます。

> 眠気、倦怠感が原因で中止した薬剤は、もっと継続していれば副作用に耐性が生じていたでしょうか?
一般的にこれらの副作用は耐性が生じると言われているので、その可能性はありますね。

> ジェイゾロフト25mgでは少なすぎるでしょうか?
過去に100㎎使われて効かなかったのですから、25㎎では効かないですよね。用量以前に、以前効かなかった薬の再チャレンジに意味が無いと思います。

> 私は何度も再発を繰り返していますが、このような方たちの中でも無事回復し、再発することなく元の生活に戻っていかれている方は沢山いらっしゃるのでしょうか?
まず、薬を中止しすぎです。「うつは心の風邪」というキャッチフレーズが流行った時代がありましたが、あれは厳密には間違いで、うつ病は回復後も長期に渡る治療継続が必要な慢性疾患とみなされるようになっています。うつ病は再発を繰り返せば繰り返すほど治りづらくなる傾向があるので、相談者様の場合、急性期のみならず、慢性期の治療にも不十分な点があったかもしれません。

> 今の先生からは、6割くらい回復して、週2~3日くらいのペースでなら働けるようになるだろうと言われています。
現主治医はヤブなので、その発言のすべてを無視してよいでしょう。
ただ、うつ病全体の1~2割程度は治療に難渋することが知られています。

> 薬ばかりに頼らず、休養と時間経過に任せた方が良いのでしょうか。
時間は既に十部以上使われたでしょう。もちろん薬物療法だけが治療ではありませんが、上述のようにまだ試すべき価値がある薬物療法はありますから、その可能性は追及すべきでしょう。

> 今の治療に不安があるので、セカンドオピニオンも兼ねて、最先端の医療を行っている医師の説明を受けてみたいという気持ちはあります。
今の治療に不安と不満をもつのは正常な反応です。率直に申し上げて転院されるべきでしょう。最先端の医療を行っている医師の説明を受けることには意味があると思います。
このページをプリントアウトして持参すると時間の節約になるでしょう。

ただ、レベルの高い病院――特定機能病院の受診には現主治医からの紹介状が必要ですが。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
拙回答をご閲覧いただきありがとうございました。
もし、回答の内容に不足な点がございましたら、可能な範囲で対応いたしますのでご質問をご追加いただけますと幸いです。

精神科 についての関連する質問