JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

36

解決済みの質問:

子供夫婦の離婚について 
息子は36歳で別居中の嫁と子供が二人います。仕事は鳶職をしています。この職業は月々の入ってくる収入が不安定でお金がないときは私たちに助けを求めそのたびに援助してきました。しかしいつまでもこの援助生活もこちら側もするべきがどうか。これからの老後生活を考え ると不安です。一番の原因は息子が一度も嫁にも私たちにも真剣な話がないこと。アルコールが入らないと話ができないのは主人も息子も同じで、私もそのことで主人と何度もぶつかりました。私は後妻で16歳年の差があります。私夫婦も離婚の話が出ています。がここでこの問題から逃げていては嫁や孫が同じつらい思いをしながら生活させるのは耐えられません。
息子が真剣に話ができるようにするにはどんなふうにこちらがいえばいいでしょうか。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは。猫山と申します。精神科医です。

 

ご質問文を拝読するかぎり、ご子息もご主人もアルコール依存症の診断基準は満たしません。

単に、現実回避傾向が強い方々で、アルコールが入って気が大きくなると現実と向き合える、というだけのことでしょう。

 

ご子息に絞って申し上げますが、病気ではなく性格的な問題なので、可能な医学的介入は限られたものになります。

 

現実的には、相談者様からご子息への金銭的援助は打ち切られるべきでしょう。

ご子息は36歳ですよね? 10年以上前に打ち切られておられるべきでした。

 

それで困窮してご子息が泣きついてきたら、奥様の就労について前向きに話し合い、結論を出すことを約束させ、実際にそれが実行された時点で期間限定で支援を再開すべきです。

 

「息子が真剣に話ができるようにするにはどんなふうにこちらがいえばいいでしょうか」とのことですが、逃避傾向が強い方に何を言っても逃げ口上を考えるか緘黙するだけです。

逃げられない状況を作ることが必要でしょう。

実際、いつまでも逃げていられる状況でもないわけですから。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。拙回答をご一読いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。拙回答をご一読いただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

返事が遅れ大変申し訳ありません。

大変参考になりました。先生の援助は10年前に打ち切るべきでしょうというお答えには私としては大納得です。が、子供ができて援助がなおさら強くなってしまいました。孫のため孫のため・・・・・嫁もそんなにあてにならないと割り切り、勝手に仕事を決めてきて進む強 さもあればまた違った形ができていたのかもしれませんが、家庭環境が複雑で両親の離婚、それから起こる兄姉との敬遠、やっと3年前その敬遠の兄弟との復縁がやっと成ったところへ父親の死、と、この5年間はとても厳しい時を過ごしたと思います。だからこそ幸せに成ってほしいと思い、お金での援助をしてきたのですが、「息子が払えなければご両親にお願いして出してもらえるようにお願いしてほしい」と息子に要求してきているようなのです。

まだ息子からは何の話し合いの電話もありませんが、息子への援助は行った打ち切り

孫に貯金として残してやります。

まずは話し合いからはじめなければ 進みませんね。

 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。

ご子息は自力で頑張っていただき、お孫さんに援助を続けるのは良い案だと思います。
お孫さんたちには何の罪もありませんからね。

事態が良い方向に前進するよう祈念しております。

精神科 についての関連する質問