JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

7

解決済みの質問:

はじめまして、よろしくお願いします。職場環境が大幅に変わり約7年前にうつ病ではないかと思いメンタルクリニックに通院していましたが、改善せず、つい に入院して約5ヶ月間入院治療しました。その後、退院してもとの職場に復帰しましたが、別の職場への異動を命じられ、移動先の管理職からパワーハラスメントを受け、別の職場への異動を願いましたが、上層部には認められずに約3年前退職を余儀なくされました。この職場は医療機関で27年間努めたことになります。そして昔のつてで別の医療機関で事務職での嘱託という雇用形態で約3年勤めています。転職当初は気分的にも楽で何とかやっていけそうに思ったのですが、患者さんからの不満の声や、職場内で意見されたことに対して大きな声で怒鳴ってしまったり、最近はしょっちゅうミスの連続で、職場の理解を失いかけています。今の病院で病院施設の増改築が始まろうとしており、あと2年は周りに迷惑を最低かけないように仕事をしようと思っていますが、こんな仕事の姿勢でいいのか、迷惑かけるくらいならヘルパーの仕事に転職しようかとも考えています。先生はどのように思われますか?なお、現在もクリニックに通院中です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

うつが悪い間は大きな決断を下すな、というのが精神医学界のセオリーで、これは信じる価値がある経験則だと思います。
よって、現在の職場を辞める辞めないを今決めることは控えられたほうがいいかと思います。

処方を拝見していくつか、若干の疑問というか懸念があるのですが……
手っ取り早い質問をさせていただくことにします。
リーマスを服用されていますが、この処方理由はどのように説明されていますか?
また、血中濃度を教えてくださいませんか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
リーマスの処方についてはきちんと理由を教えてもら ったのか記憶にありませんが、処方箋には「興奮をしずめるため」とあります。現在のクリニックに至るまで転院を2回しており前のクリニックからの続きのような気がしています。現在のクリニックで血中濃度を1年以上前だと思いますが1度調べてもらいましたが、数字については覚えていません。定期的は検査はしていません。また、追加で昔はできていたはずのことが、きちんとできずにミスばかりが続いています。理解のある職場なので私が甘えてしまっている気がしてなりません。こんな私が情けなくて仕方ありません。また、私より年下ですが別のかの部長から見下されるような呼び方をされたりしてストレスを感じています。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。

医療機関にお勤めとのことなのであるいはご存知かもしれませんが、精神科では特に適応外処方が多く、処方状況提供書(通常は添付文書をもとに作られます)に書かれている対象疾患とはまったく異なる疾患・症状をターゲットとしてお薬が処方されることが稀ではありません。

リーマスの場合は保険適応は躁うつ病ですが、ただのうつ病に対して、抗うつ薬の効果を増強する目的で追加投与されることがあります。
いずれの場合も血中濃度が治療域・安全域に入っていなければならず、生理的変動があるので血液検査も半年に1回程度は行う必要があります。

他の瑕疵について申し上げれば、ドグマチール50㎎はたぶん脳に届いていない=飲む必要が無い用量です。
サインバルタとパキシルはそれぞれ承認上限の用量で併用されていますが、この併用にあまり意味は無いように思われます。

相談者様が自責的である(「迷惑かけるくらいなら……」「私が甘えてしまっている気がしてなりません」)のも、情緒不安定である(「大きな声で怒鳴ってしまったり……」)のも、「昔はできていたはずのことが、きちんとでき」ないのも、うつ病の症状として矛盾しません。

そして相談者様は、現在のうつ病を良くするに十分な治療を受けていないのかもしれないわけです。
過去2回の転院の経緯は存じませんが、精神科領域は医師間、病院間の当たり外れが極めて大きい医療分野です。
3回目の転院を提案しようとは思いませんが、職場に迷惑をかけていると思われるのであれば、その原因となっているうつ病を良くする方向に意識をむけるべきではないでしょうか。
現在の処方を、それぞれの薬がなぜ処方されているのかを理解もしないままに漫然と服用していてもうつ病は改善しないでしょうし、それによる不十分なパフォーマンス⇒自責感⇒さらなるうつ病の悪化、という負のスパイラルからは抜け出せないでしょう。

難しいことを承知で申し上げますが、主治医に処方内容の意味を訊いたり、うつ病の調子が良好ではないために職場で辛い思いをしていることを伝えるなど、もう少しだけ積極的にご自分の治療に関与することはできないでしょうか。
全てのうつ病がきれいさっぱり治るとは申しませんが、それは考えられる治療をすべて試みた上でう言うべき言葉です。

少なくとも、現在の状態のままヘルパーの仕事に就くよりも、それは遥かに楽なトライであるはずです。
職場を変えることの環境変化、そして対人ストレスの塊のような業務内容――ヘルパーへの転職が相談者様の苦しみを和らげる選択肢だとは思えません。

よって、現状維持を何とか目指しつつ、うつ病を良い方向に向ける試みをされることをお勧めします。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。