JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

50 2003 20010

解決済みの質問:

50歳女性です。更年期症状でかかりつけ(2003年~)のレディースクリニックで 20010年夏に更年期性のうつ症状、燃え尽き症候群と診断されました。 2009年夏ころから外出が億劫になって 2010年夏には、とうとうひきこもりになりました。過度の睡眠とやる気が起きない、特にひどいのは、睡眠が、浅くなったタイミングで 過去の出来事、初めは、自分が友人等を傷つけてしまった行動、仕事の失敗等が、あふれるように思い出され とうとうすっかり忘れていた幼稚園の頃の記憶まで流れ出して とてもイヤな気分に浸りながら それに対する謝罪の言葉を半覚醒状態のまま 寝言のようにしゃべり続けます。内容等しっかり把握できますが、身体自体は、全く自由が利かず睡眠状態です。
罪悪感にさいなまれ 眠っていても頭の中は、自分の声であふれかえって どんなに長時間布団にいても 眠った気がしません。加えて震災後~現在では、過去の亡両親のDV、姑・夫のモラルハラスメント&言葉の暴力等のPTSD、パニック障害、強迫神経症状が、戻りました。  
2004年から2009年春まで 癒しのセミナーや 心療内科にかよって 44歳にしてやっと 小さいころから続くPTSD、強迫症状が、驚くほど治まり 生まれかわったようでした。念願のバンド活動、45歳で大学復帰、着物の仕事、モデル業等、が、できるようになって 毎日が、楽しくて仕方ありませんでした。
が、折角良くなった 症状が、前にもまして悪化してしまい。外出が、過去ないくらい怖くなってしまいました。この1カ月は、日々、死にたいと口走っている自分に気づき愕然としてしまいます。
人生の半分を棒に振ってしまった喪失感。 老後に展望を見いだせません。。自分は、社会に全く役に立たない人間である無力感 に襲われ。 
さすがに これは、まずいと セミナーで教わった癒しや 身に付けたポジティブな発想をしようにも 効果がなく。 かえって セミナーや治療も無駄だったんだと よけいに落胆するばかりです。
仕事は、月2日位にしてもらい、無理やり出かけて。家事(夫と二人暮らし)は、這うようにして最低限のみ。買い物・銀行は、ネットで済ますか、半径100m以内で月3日位、1時間以内で飛ぶように帰ってきます。
家では、パジャマで寝たきりです。休日は、寝ていますが、夫が、不満らしく ドアを乱暴に開閉する度に心臓が飛び出る思いです。仕方なく一緒に外出してもストレスです。いろいろしなくてはいけないのにやる気どころか、身体を動かすのも億劫で 自分自身が、情けないです。
友人たちが、見るに見かねて 心配してくれて 月一でずっとランチや温泉に誘ってくれます。ありがたくて無理してでも出 掛けます。めちゃくちゃひどい時は、遠慮しますが…。会ってしまえばとても 楽しくて感謝感謝です。
しかし、30年来の友人たちなので かなり甘えてしまい 愚痴をきいてくれるのをよいことに 自分をコントロールできないほど喋りまくって いつも 超後悔します。 お礼と謝罪のメールを入れます。
今日、とうとう 友人たちの本音をきいて 愕然として 帰ってきてから ストレス性のめまいで倒れました。
それは、症状を告げる私を 思い余って息せききるように強い口調と一方的な提案で励ましてくれた友人の言葉に イラっときて 私が、反応してしまったところ
突然、彼女は、形相を変えて(これだけで 身がすくんでしまいました) 
あなた(私)は、何年も苦しんできたって偉そうに言うけれど 自分たちも同じだけ 愚痴をきかせられてきた。自分たちは、あなたと違って 両親に大切に育てられてきたので あなたの気持ちが理解できない。
セミナーをやっても駄目だったのは、あなた自身に治す気持ちがないからだ(断定)。
自分たちも もう30年つきあっているけれど あなたに進展がないので いいかげんうんざりしている。
楽しいランチなのにいつも愚痴をきかされて迷惑。いつもランチの終わった夜に他のメンバーが、メールを交換して うんざりだったね。って言い合っている。  等でした。
私は、申し訳ない気持ちでいっぱいになって 何度も何度も謝罪を繰り返しました。
彼女たちの親切に胡坐をかいてしまっていた自分が、許せません。
私は、治す気がないのでは決してありませんが、彼女たちは、親身のあまりイライラしたんだと思います。 
メンバーの一人のお身内の方が、50歳で突然自殺なさったとかで それも活発で私に似ている方らしいです。なので とても心配してくれて 、逆境をはねのけ幸せになるために手助けは惜しまないから  引き籠もってては、だめ、出てきて 前のように明るい話をしようよ。と うれしい言葉をもらいました。  
その時は、反省できて 前向きに頑張ろうと思えたのですが
帰宅して ひと眠りしたら パニック症状の動悸・過呼吸 そして めまい発熱で 倒れました。

自分では、どうにもどうやってもコントロールできないこのネガティブな思考感情は、おさまるのでしょうか? 
友人たちには、とても感謝していますが、ランチや温泉に出かけるのは、有効な手段でしょうか?

せめて 睡眠覚醒時の ネガティブ思考状態を消したいです。 それだけでも十分楽になれます。
安定剤は、過睡眠を助長して 日がなうつらうつらしてしまうので 中止しました。
睡眠導入剤ハルシオンをのんでも 睡眠時の脳の思考状態は、覚醒時に起こり 効果が見られないので3晩でやめました。  

よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

端的に申し上げて相談者様はうつ病を患われているように思われるので、心療内科/精神科を受診され、治療を受けるのがよろしいと思います。

うつ病時の対処行動についても教えてもらえますよ。

ご相談文の内容のひとつひとつについてコメントすることは可能ですが、今は「更年期性のうつ症状、燃え尽き症候群」という診断に拘られずに、うつ病として治療を受けられるべき段階だと考えます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答、ありがとうございます。

本年2011年2月の震災前、レディースクリニックで紹介されたメンタルクリニックを3回ほど受診し上記を訴えましたが、「更年期」だから そのうち治まる。「今までが、忙しすぎらのだからゆっくり可能な限り寝てなさい」とのことで もう受診の必要がないといわれました。レディースクリニックでは、メンタル~でそう言われたなら…&橋本病の検査で異常がなかったことから 「様子見」ということでした。でも、だんだんひどくなります。 やはり、違う病院を紹介してもらいます。

友人とランチに行って 「よかった」と 思えましたが、今は、「行くべきではなかった」とひどく落ち込んでいます。今の段階での 友人たちと会うことは、してよいことかどうなのか? それだけ ご返答いただけますか?   

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
今はご自宅で安静にし、外出は最小限に控えられるべきかと存じます。
何かきっかけがあって正常範囲で落ち込みむのと、うつ病の落ち込みとは質的に異なるものです。

これはほとんどの患者様が一度はやってしまうのですが、「気分転換に旅行でも」「友達と楽しい時間を過ごせば気が晴れるのではないか」と出かけて、却って疲れて調子を崩してしまいます。
刺激や環 境変化はうつ病の不調時には禁物です。

また、過去のことを思い出してあれこれ思い悩んでしまうのもうつ病の典型的な症状です。
対処は後回しにして今は治療に専念されることです。

残念ながら心療内科や精神科の医療機関は当たり外れが大きく、相談者が受診したようなレベルの低いクリニックでも堂々と開業できているのが現状です(仮に更年期障害による精神症状であっても、精神科的治療で改善が可能です)。
次こそは、相性の良い医師に巡り会えることを祈念しております。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速のご回答、ありがとうございます。少し気持ちが、晴れました。 

ご回答を読んで 思い返してみると 私は、高校生のころから 既に「うつ」だったのだと 思います。単に「超神経質な性格」ということで 過ごしてきたこと。それによって 友人たちや周囲に結果的には、ずっと迷惑をかけていたこと。悔やまれます。

昨日、帰宅時から 唯一、楽しくて夢中になっていたPCゲームが、全く手に付かなくなりました。これがあったから 引き籠りでも なんとか生きてこれたようなものです。 

兎に角、おかげさまで「治療」という進む方向が、見えて良かったです。ありがとうございます。 相談するきっかけを作ってくれた友人たちにも感謝です。言われたことは、かなりショックですが、私同様、彼女たちも限界だったのでしょう。彼女たちに対してマイナスの感情は、起こっていません。 

猫山先生、ありがとうございます。 ご健康をお祈りいたします。

精神科 についての関連する質問