JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

アンティークショップを経営しています。 といっても親会社があって借金を返しながら運営しています。 ここのところ資

解決済みの質問:

アンティークショップを経営しています。
といっても親会社があって借金を返しながら運営しています。
ここのところ資金繰りが危うくなっています。
来年の6月には大きい金額を返済しないといけないので心配で夜寝れない日があります。

あと親会社のオーナーと考え方が微妙に食い違い。一緒に経営するのが苦痛になっていて
いろんなところで精神的に無気力になっていっています。
これは精神内科にいって早いうちに治療を受けたほうがいいのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。

回答をさせていただく前に何点か一般的な質問をさせて下さい。

1) 眠れていますか?
2) 食欲はありますか?
3) 家事の能率は以前と変わっていませんか?
4) 趣味や、ご友人との会話などは楽しめますか?
5) この問題について相談できる相手はいますか?

判断の一助とさせていただく、これらに関して回答をいただけますと幸甚です。
質問者: 返答済み 6 年 前.

ご返答ありがとうございます。

1、眠りに関してはいつも眠れないわけではなく

突然眠れなくなる日が一時的に起きます。

 

2、食欲もまったくない日もありますが普通に食欲があるときもあります。

3、家事に関してはやらなくてはと思いますが、できない日もあります。

 

4、今はあまり人とは話をしたくないと思いますが仕事柄人が来れば話ができます。

(私の場合仕事と趣味が近いところにあるため、日々趣味に近いところで生活している

状態です。)

少し希薄になっています。

昨日少し生活と違うことをしようと思い少し遠くへ行ってきました。

気分も晴れて少し気力が戻ったような気がします。

 

5、相談相手ですが、答えが出るような相談相手はいないです。

お金が絡んでいるし難しい問題が多いのでどうしたらいいのか自分でも判断つきかねます。

相談しようにもどこに話をしたいいのかよくわからないのでまた自問自答している状態です。(弁護士に相談するべきなのか司法書士なのかそれとも自分自身の問題で精神科または神経内科なのか…)

確かにこの問題が自分の中でマックスになったときすべてのバランスが崩れていってるかもしれません。

 

人は自分が抱えきれない問題に直面したら普通どう対処しているのですかね?

 

専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
追加情報ありがとうございました。

自分が抱えきれない問題に直面したら普通は他の誰かに相談するでしょうね。

ご返信を拝見し、初めのご相談文も含めて検討する限り、相談者様がうつ病を含む精神科疾患を発症されている可能性は低いと考えます。
うつ病の場合は、食欲不振や不眠といった身体症状があるていど慢性的に続くことが判断の根拠のひとつです。

ただ、今後も何らかの精神科疾患を発症しないかと言われると甚だ心もとないような気も致します。

相談者様が直面している問題は慢性的なものであり、かつ、時間がたてばたつほど重たくなっていく可能性すらあるものであるように見受けられるからです。

どこに相談すべき問題なのかは私にも定かではありませんが、それならばどこに相談すればよいのかを相談するところから始めればよいのではないでしょうか。
拝見するに非常に論理的な文章を書かれる方のようですので、現在抱えられている問題を文章にまとめて、弁護士にでも司法書士にでも相談して、そのような問題に介入してもらえるのか否かを訊いてみればよいのではないでしょうか。
このJustAnswerにもそういう相談カテゴリーがあったような気がしますし、今は多くの法律事務所や司法書士事務所が初回無料のインターネット相談を受け付けています。
私も医師である傍ら細々と個人事業主であったりしますが、開業や確定申告に当たっては司法書士事務所やら税理士事務所やらの無料ネット相談を大いに活用させていただきました。20か所くらいに質問を投稿しましたが、大半がかなり親身、詳細に回答してくれましたよ。

少なくとも現時点において相談者のお役に立てるのは、医学ではなく、そうしたもっと直接的に問題に働きかけるアプローチなのではないかと存じます。
喩えとして適切かどうかわかりませんが、ストーカー被害に遭った女性は不安と不眠にさいなまれるかもしれませんが、精神科にいくよりまず警察に相談しますよね?

ただ、精神科がまったくお役に立てないわけでもなく、受診して軽めの眠剤や安定剤を「問題が自分の中でマックスになったとき」に服用すれば一定の効果はあるでしょうし、それによって問題に対処する気力が維持できるかもしれません。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。


追伸 細かいことですが、精神科=神経科≒心療内科≠神経内科の関係です。神経内科は脳神経外科の内科版のうような科で、たとえばパーキンソン病などを扱います。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

猫山司様

回答ありがとうございます。

不安が大きくなりすぎてどこから手をつけていいのかわからなくなっていたのですね。

 

鬱になってしまったのかと不安になっていたので少し安心できました。

近くの神経科を見つけて安定剤をいただいてこようと思いました。

それからまたどちらかの弁護士か司法書士相談してみます。

ありがとうございました

精神科 についての関連する質問