JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14295
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

パニック障害になりました。

解決済みの質問:

パニック障害になりました。 ジェイゾロフトと、頓服でソラナックスを処方されて、3年で、薬を飲まなくても大丈夫と言われ、通院が終わりました。 今年の8 月下旬に、再びパニックの大きい発作があり、再び心療内科に通うようになりました。 同じくジェイゾロフトの内服で、治療中です。内服後は、発作はありませんが、毎日夕方になると、喉が詰まった感じが出てきて、息苦しい感じがします。ソラナックス0.4を飲むんですが、なかなか効いてこず、発作が起こりそうな気がして不快感があります。 眠剤服用して、寝ます。翌日には、喉のつっかえ感は消失してますが、また夕方に症状が出てきて、治るのか心配になってきます。 この喉のつっかえ感は、何でしょうか?早く治したいのですが。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
猫山と申します。精神科医です。

「喉のつっかえ感」は、パニック障害が不安神経症と呼ばれていた時代から良く知られている症状で「空気玉」の異名もあります。

ジェイソロフトは1日何㎎服用されているでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

ジェイゾロフト50mg服用してます。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございました。

ジェイゾロフトの量が足りていないかもしれませんね。

パニック障害の標準的治療は、まず薬物療法でパニック発作を抑制し、発作が起きなくなったら次第に薬を減らしながら行動範囲を広げていき、最終的には薬を飲まずに元通りの生活が送れるようになることを目指します。

薬物療法はSSRI(ジェイゾロフトはこのカテゴリーの薬です)と安定剤(この場合はソラナックス)の併用で開始し、次第に安定剤の使用頻度を減らしていきます。
SSRI は服用を開始して十分量に増やしてから有効性が現れるまでに数週間かかります。
一方で安定剤は、飲めばその時その時でパニック発作に効きます。一方で定時服用を数週間以上続けたら依存が生じます。
この2つのタイプの薬の特性をうまく利用し、SSRIが効くまでは安定剤で繋ぎ、SSRIが効いてきたら依存が生じる前に安定剤を減量していくわけです。

従って、相談者様の主治医の処方は使用している薬剤の種類だけでいえばスタンダードに沿った、リーズナブルなものです。
ただ、ジェイゾロフトの量が足りません。同薬の用法・用量は「1日25mgを初期用量として1日100mgまで漸増し、1日1回投与する」です。有効用量は1日50~100mgですが、相談者様の場合は「喉のつっかえ感」という症状が続いている――すなわち不全型のパニック障害が毎日起きている状態ですので、これが無くなるまでジェイゾロフトは増量すべきでしょう。

速やかに増量して速やかに減量するのがパニック障害の治療における薬物療法における良手です。
ジェイゾロフトでは減量・中止時に離脱症状が起こりえますが、知識と技術を持った精神科医であれば最小限に抑えて薬を止めることができます。
ジェイゾロフトを中途半端な量で使い続けていたら、「喉のつっかえ感」は無くならない、ソラナックス依存にはなってしまっている、ジェイゾロフトも止めるに止められない、という三重苦に陥りかねません。

そもそも、パニック障害は2年も3年もかけて治療するような病気ではありません。
もし、それが許されるようなキャラクターの主治医であるなら、ジェイゾロフトの増量を持ちかけてみるべきかと考えます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ソラナックス0.4を、1日1回飲んでますが、すでに依存になっているのでしょうか?2週間前は、2日に1回で、飲まない日は、少し、つっかえ感出てくるが、我慢できる程度でしたが、ここ1週間は毎日夕方飲んでいます。

あと、仕事は続けたほうがいいのでしょうか?

職場は、理解あり、調整してくれるのですが。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
相談者様を診察していないので軽々に物は言えませんが、お仕事は続けられた方がいいと思います。
依存も、個人差があるので確実ことは申し上げられませんが、生じている可能性はあります。それでも減量・中止していく方法はありますので、現時点であまり心配を先に立てる必要はないかもしれませんが。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問