JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14317
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私はもう17年ぐらい手湿疹でかゆく・痛いの繰り返しです。今漢方治療をして下さる先生にかかっています。その先生から、病

質問者の質問

私はもう17年ぐらい手湿疹でかゆく・痛いの繰り返しです。今漢方治療をして下さる先生にかかっています。その先生から、病状が悪化するときのストレスを軽減できるといいね。と言われています。
今までどうして悪化するのか わかりませんでした。その先生の診察を受け始めてから、自分の中の
不安が多い時が一番悪化していることがわかりました。自分は前向きだし、ポジティブに考えられると思っていましたがどうも違うようだと思い始めました。家族間の摩擦が一番自分の心を締め付けている事がわかり始めました。主人と27歳の長男・主人と私の88歳の母とのしっくりいかない関係これは
私の行動をどのようにしたら改善できるのか?と毎日心の底にあることにきずきました。心の持ち方を改善したいのですが?どうしたらできるのか悩みます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

こんにちは精神科医の猫山と申します。

タイトルだけ見て皮膚科カテゴリーのご相談とばかり思っておりましたので見逃していました。

 

心身相関という言葉がありますが、精神状態と免疫系の間には密接な関係があることが知られています。実際にアトピー性皮膚炎などでは明らかにストレスと病状の相関があり、皮膚科と精神科を併診されて、安定剤を服用されている方もおられるくらいです。

 

ただ、相談者様の場合、安定剤を飲んで解決とはいかなさそうですね。

複雑な家族関係をうまく捌いて「家族の太陽」にならなければならないので。

 

古典的な方法としては家族カウンセリングなどがありますが、お母様はご高齢ですし、お子様は皆さんお仕事を持たれているので、あまり現実的ではないでしょう。

お勧めなのは、相談者様が認知療法を受けられることです。独習でもかまいません。

 

認知療法の根底にあるのは、周囲の環境を変えられなくとも、自分の周囲を理解する(認知する)方法を変えればストレスは軽減される、という思想ですので、相談者様の状況には合っているのではないかと思います。

認知療法は精神科医の間では定評がある治療法ですが、一般の方々に広くその名が知られるようになったのは「雅子様」が適応障害の治療として認知療法を受けられるようになってからですね。あそこの家庭は変えようがありませんから……。

 

人間は世界のありのままを観ているのではなく、その一部を抽出し、解釈し、帰属させているなど 「認知」しているのであって、その認知には必ず個人差があり、客観的な世界そのものとは異なっています。認知療法では、そのため、誤解や思い込み、拡大解釈などが含まれた自らに不都合な認知をしてしまい、結果として様々な嫌な気分(怒り、悲しみ、混乱、抑うつ)が生じてくると仮定しています。不快な気分や不適切な行動の背景として「考え方」つまり「認知」に着目し、この不都合な認知⇒気分の流れを紙などに書いて把握すること、また、それらに別の観点を見つけるべく紙に書いて修正を試みる事が認知療法の根幹になります。ステレオタイプな認知を歪みと命名したりします。

 

認知療法では認知の歪みに対し、反証や多面的解釈を生み出す手助けをします。このように自らが認知を修正することによって、身体反応が軽減したり、苦しみの少ない方向に情動が変化したり、より建設的な方向に行動出来るようになったりするとの説があります。

 

いかがでしょうか? 相談者様のおかれている状況にそぐう「治療」方法だと思うのですが。

 

認知療法を受けるには、インターネットなどで検索してこの治療法を行っている心療内科やカウンセラーを探す必要がありますが、昨年から認知療法は保険がきくようになりましたので、このスキルをもった医師を探すことが出来ればかなりお得です(ただ、保険がきくのはうつ病など気分障害の患者様なので、相談者様の場合は難しいかもしれません)。

 

相談者様のように健常な方が認知療法的な思考方法を身につけるためには、一般の方向けの書籍がたくさん出版されていますから、それを読み、独習するだけでも一定以上の効果が期待できます。

こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

心のつぶやきがあなたを変える―認知療法自習マニュアル

あたりが推薦図書です。「こころが晴れるノート」は雅子様の主治医の大野裕医師の著作です。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。2冊の本早速読んでみます。爽やかな気分になれるよう期待しながら

参考にします。昨日テレビで乳ガンの若い奥様のブログを拝見して私の悩みなんか甘いと

つくづく思いました。このように、他人に相談できたことだけでも楽になりました。

ありがとうございます。今後も詰まってしまったらご相談しますので、宜しくお願い致します。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しでもお役に立てたのなら幸いです。

またのご相談お待ちしています。

精神科 についての関連する質問