JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14048
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

最近、明らかに状態が変わってきています。昨年9月に鬱病と診断されました。その時の状態は思い出しても悲惨で、一切何も出

質問者の質問

最近、明らかに状態が変わってきています。昨年9月に鬱病と診断されました。その時の状態は思い出しても悲惨で、一切何も出来ず不眠や震え、何もかもに罪悪感を感じ、自傷行為もしてしまたり・・・。体重も減り、顔色は真っ白い状態。私はただ、お酒が大好きだったんで、寝れない間はずっとお酒を飲んでいました。それが5月に入り意識不明で倒れ救急車で運ばれる事があり、精神科にかかることになりました(それまでは総合診療部)というところにかかっていました。精神科では鬱病ではないと言われ、どんどん減薬し最終はマイスリーのみになりましたが、イライラ感など精神的な面はあまり変わらず・・・。紹介状を出され、アルコール診療に力を入れている病院へと移りました。アルコール依存症と言われました。断酒はできていますが、不眠や不安感、特に孤独感がつよく、涙を流す日々です。かとおもえば、ずっと掃除に明け暮れたり・・・(この時は25時間食事以外は休みなし)。先日も、 真夜中に台所や洗面所を磨きました。性格上、人前では明るくはしゃぎ、冗談を言えるタイプです。異様にはしゃいだりもします。頼まれると頼まれたこと以上のことをしてしまいます。人に認められたいという思いが強いタイプだと思います。甘えることは苦手です。支えてくれようとする主人にさえも、『自分でできるから大丈夫。』と、見栄を張り家事も頑張っていますが、何も出来ずにゴロゴロしている事が多いです。だから結構まとめてやってはいます。躁の部分もあり、鬱の部分もあり、依存症とも言われ、摂食障害もあります。一体自分の病気は何なのでしょう???今通っている精神科の先生は、うつではなくアルコール依存症と摂食障害といいますが、完璧に不安感孤独感、泣く日や何も出来ない日もあるし・・・。アルコールは断酒できていますし、何がなにやら分かりません。
現在飲んでいる薬は・・・ノックビン0.3mg・・・・朝1袋
               デパケンR錠200mg・・・朝晩
               ロキオニン60mg・・・頭痛時1錠
               リーゼ5mg・・・朝昼晩
               レキソタン5mg・・・イライラ時(頓服)

眠剤ですが・・・ロヒプノール2mg
         アモバン10mg
         ヒルナミン錠5mg

以上です。うつと診断され、依存症やらなにやら・・・本当に分かりません。
どうか教えてください。自分で自分のことが分かりません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
何点か確認させてください。

1) 文面から相談者様が女性なのはわかります。差支えなければ年齢も教えていただけますか?
2) 昨年9月に診断されたうつ病に対して、おそらく抗うつ薬を中心とした薬物療法が行われていたかと推測しますが、どのような抗うつ薬がどれくらい使われていたたか、ご記憶の範囲内で教えてください。
3) この「うつ病」以前に、ご自分で「躁の部分」と呼ばれているような言動が出現したことはありますか?
4) この「うつ病」の治療経過中に(~5月)、ご自分で「躁の部分」と呼ばれているような言動が出現したことはありますか?
5) この「うつ病」以前にも、かなりお酒は飲まれる方だったのでしょうか。
6) 精神科ではなぜ「うつ病ではない」という結論になったかわかりますか? 逆に、総合診療部ではなぜ「うつ病」だと診断されたのでしょう?
7) 例えば「25時間食事以外は休みなし」で掃除をする時というのは、睡眠をとらなくても大丈夫ということですか?
8) 「異様にはしゃいだりも」するということですが、これは例えば、言葉数が多かったり、ずっと喋っていたかったりというような心理状態になるのでしょうか。気分もハイですか?
9) 「躁の部分」が前面に出ている間は、「鬱の部分」はあまり気にならなくなっていますか?
10) 「人に認められたいという思い」は、「躁の部分」が前面に出ている間も、「鬱の部分」が前面に出ている間も変化なく、一貫してあるようですか?
11) 「摂食障害」という診断は、いつから、なぜ下されているのでしょう?
12) デパケンRが処方されていますが、これはいつから、何の目的で処方されているのでしょう。デパケン(バルプロ酸)の血中濃度を測定したことはありますか?
13) イライラ時のレキソタンを服用する機会は多いですか? 実際にはどのような時に服用するのでしょう。
14) そこそこ強い眠剤を飲まれていますが、これで良く眠ることができますか?
15) 気分の波と、月経周期には関係があるでしょうか。

以上、教えていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
早々のご返答に感謝します。返答の前に補足ですが・・・総合診療部には、未だに通院しております。なので、総合診療部と精神科をそれぞれ二週間に一度、通院しています。
元々、保育士をして亜。いたのですが、育児のために退職し、主婦をしていました。そこへ十年来の親友より勧誘され、保険会社に就職をする事となりました。
元々の性格上、与えられた目標には負けたくなく、一生懸命に取り組んでおりましたが、毎日のようにすごい腹痛と下痢にくるしむようになり、胃腸科を受診し胃カメラと内視鏡検査をしたところ、異常なしで『過敏性症候群』と診断されました(うつになる2年ほど前)。
薬も少し服用しましたがよくなりませんでした。そんな中、会社の上司と勧誘してくれた親友そしてその親からの裏切りや利用をされた事など。。。本当に色々な事があり、とうとう身体がおかしくなっていった次第です。
会社は9月より休職し、2月末で退職。
しかし、未だに問題などあり関わる事があります。その度に落ちます。
ここのところ、少し体重減少しています。164cm・48kgです。

質問の返答ですが・・・
1)女性です。34歳で主人・長男(9歳)・長女(5歳)の4人家族です。

2)服用していた薬ですが・・・
  ★パキシル20mg
  ★ドグマチール50mg
  ★マイスリー5mg
それから薬が変わり、
  ★ジェイゾロフト100mg
  ★マイスリー(日によって5mgだったり10mgだったり)
でした。
4月末、レメロンが15mg追加されました。
5月7日に救急車で運ばれ、9日に精神科を受診しました。
それからは抗 うつ剤を減薬し、マイスリーのみになったのですが、リーゼ5mg(朝昼晩)と、マイスリー5mgに変わり、そこからは精神科自体が変わり、薬はいまの状態です。


3)「躁の部分」自体があまり意味が分からないのですが・・・ないと思います。

4)ないです。ずっと落ち込んでいる状態でした。2月くらいによくなってきたかな~という時があったのですが、また元会社関係で関わる事などがあると、あっというまに逆戻りして落ちていました。それは未だに変わりません。
元会社の問題を引きずっているので、たとえば上司に話をしたいと言われた日などがあると、数日前から一気に体調が悪くなったり、元会社の友人と電話で話し、元親友の話がでたりすると、体調わるくなります。

5)お酒は大好きでした。毎晩飲んでいました。

6)精神科では、何やらアンケートのようなものをたくさん書かされて、その後TVは見るかとか質問され、うつ病ではないのでは・・・?と言われました。総合診療部では、多分ですが物も話せないような状態で、質問に答え、会社でのつらかった事や家族構成(今ではなく実家での)など、いろいろとたくさん聞かれた上での診断だったように思います。

7)はい、そうです。掃除のみに没頭し、睡眠は必要ありません。

8)口数が確かに多くなるような気がします。体調がいい日・・・ですね。気分がハイとまではいきません。
うつと診断される前は、ふざけたりお調子者なところがあったような・・・。人の顔色はすっごく気にしてしまいます。みんながたのしくいれればいいな~とか。八方美人なのかな?人に合わせるのが得意だったような気がします。元会社では、上司が私が断らないという性格を知っていたのか、色々な役をおしつけられたりしてました;

9)いいえ。うつの部分は常に頭にあります。うつな自分が、違う自分を演じているような感覚になります。後で必ずといっていいくらいドッと疲れがきます。例えば友人とランチに行き、楽しくご飯を食べたとしても、家に帰ると倒れ込む・・・というような感じです(ちょっと大袈裟ですが;)。

10)人に認められたいという思いは、常にあります。これは幼少期からずっとです。

11)食べると吐くからです。最近特にひどいような気もします。朝昼晩と吐く時もあれば、夜だけとか・・・食べた後には吐きたくなります。気持悪くなるとか、食べ過ぎたからとかではなく、吐くと胃がすいた感じがして、とてもスッキリするからです。スッキリしたいので吐くという感じです。これは・・・何年か前から時々ありました。最近は毎日という感じ。

12)デパケンRは、8月27日より処方されています。あまり薬の説明をしない先生なのですが・・・かなり8月13日からの2週間が落ち気味だったからなのか?それと、掃除をしまくっている・・・という話をしたからかもしれません。
その二週間の間に親友の結婚式があり、参列したかったのですが、人混みに行く自信もなく、笑う自信も無く、人と話を合わす自信も無く、結局参列を断るという出来事がありました。とっても大事で大切な友人なのに、結婚式にも出れず、お祝いも言えない自分が情けなくて辛くて罪悪感で押し潰されそうになったのが原因のように思います。この事は、先生には話していませんが、調子がよくないとは話したように思います。

13)レキソタンはあまり服用しないようにはしていますが、主人が帰ってきたり休日に主人がいたりすると何故かイライラする事が多いので、休日や、平日主人が仕事から帰ってくる前に服用したりもします。

14)眠剤ですが、今の精神科にかかるようになってからは、レンドルミンとアモバンとロゼレムを服用していたのですが、それでも眠れない日があったりしました。先日、49時間不眠でいた日があって、その話をするとロゼレムからヒルナミンに変わりました。でも、今日も昨晩からまだ寝てない状態です。

15)月経周期をあまり気にしたことがないので・・・多分ないんじゃないでしょうか?
13)
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

万全のコンディションではない中、多項目に渡る質問にお答えくださいましてありがとうございます。

追加情報のお陰で、それなりに見立てがついたような気が致します。

ただ、色々と複雑なので、少し交通整理が必要でしょう。

 

まず、「摂食障害」は誤診、とまでは言いませんが、厳密な意味では診断基準を満たしていないでしょう。自傷行為もあるとのことでしたが、それに連なる、ストレス解消行動です。自傷行為の詳細は書かれていませんでしたが、やはり「スッキリしたいので」自傷する、という感じではありませんでしたか?

 

前医精神科でのうつ病除外のやり方はあまり感心しません。ネットなどでもよく、「うつ 病診断テスト」のようなものを載せたサイトがありますが、それに毛が生えたようなものでしょう。「TVを観ますか(観て楽しめますか)?」という質問はお決まりのもので、患者様の興味や関心に変化がないかを確かめるためのものです(うつになると本来楽しめていたものが楽しめなくなるので)。この段階では相談者様は「うつ病」と診断されるべき状態だったのではないかと推測しますが、次の項で述べるように、ここで抗うつ薬を止められたのは、怪我の功名というか、結果としては相談者様にプラスに働いたと考えます。

 

本題ですが、相談者様の診断は双極性障害(躁うつ病)の可能性が高いと考えます。ただし、まだ診断基準を完全に満たしているわけではありません。

この、診断というか見立てですが、は、相談者様ご本人を診察したわけではなく、ご質問とご返信のご記載からの判断にすぎないことをご留意ください。

 

躁うつ病はその7割がうつ状態で始まります。その状態を診ただけでは、それがただのうつ病なのか、躁うつ病のうつ状態なのかを区別する方法はありません。従って医療機関を受診したほとんどの患者様で抗うつ薬が処方されますが、躁うつ病の患者様の場合は服用を続けると、スイッチが入ったように(「躁転」と呼びます)突然躁状態へと転じます。そこで診断と治療方針が変更されるわけです。

 

相談者様の場合、幸か不幸か前医精神科で抗うつ薬が中止されたために躁転こそ起きなかったものの、躁うつ病に関しては未治療の状態が続いており、かつ一定のストレスには晒されているため、自然経過で躁状態が頭をもたげつつある、という状態なのではないかと愚考します。

うつの症状が主体を占めていますが、睡眠欲求の減少(眠らなくてもいつも元気なまま過ごせる)や多弁傾向のような、躁を思わせる症状がしばしば顔を出しており、成り行き次第では躁状態へと移行しそうな印象を持ちます。

 

また、これは傍証にに過ぎませんが、自傷行為や過食嘔吐のような衝動行為うつ病患者様は、躁うつ病に移行する可能性が高いという研究もあります。

 

現在の主治医はあまりお薬の説明はされない方であるとのことですが、睡眠欲求の減少と多弁傾向について話し、躁うつ病の可能性があるのではないか、との懸念をお示しになって、デパケンを十分量まで増量してもらうことをお勧めします。

即効性はありませんが、相談者様の躁にもうつにも効果がありますし、しっかりとデパケンを使っている状態なら、抗うつ薬を期間限定で使用することもできます。

 

今の主治医がアルコール専門医であるのであれば、躁うつ病やうつ病を診ている一般のクリニック等へ転院し、躁を中心に話をすればデパケンなりリーマス(どちらも躁うつ病治療の主体となる「気分安定薬」です)なりを中心とした処方が組まれるのではないかと考えます。

 

以上が私の見解です。少しでもご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 5 年 前.
体調の事もあり、こういった形で質問をさせていただいた事を家族に責められました。躁の部分は主人も納得できないとの事です。お手数をおかけしました。残念です。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お役に立てず残念です。
どうかお大事に。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問