JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

一か月前に母が認知症と判断されました。(脳神経内科)。その時は即時記憶はかなり重症で重度障害で遅延再生はかなり良い状

解決済みの質問:

一か月前に母が認知症と判断されました。(脳神経内科)。その時は即時記憶はかなり重症で重度障害で遅延再生はかなり良い状況ということでした。脳CTは多発性脳こうそくの所見が主ということでした。9月16日にMRI検査の結果別に異常なしということでし た。しかし一週間前に父親への不穏な言動や暴力が原因で9月18日の夜緊急入院させました。検査結果脳波に異常ありということで鎮静剤を服用しました木曜日まで面会時に異常みられませんでした。金曜日に退院しましたがこん睡状態になり本日再入院しました。改善しなければ転院といわれました。あまりにも早く悪化してしまい私も混乱しています。当初は退院後はデイサービスと考えていましたがたぶん精神科への転移はさけられません。入院がかえって症状を悪化させてしまったのか。精神科への転院でさらに悪化するのではないかと思ってもしまいます。どうしたらいいのかと思います。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
いくつか確認させて下さい。

1) お母様は身体的な持病をお持ちですか(特に高血圧や糖尿病、高脂血症)? 規則的に飲まれているお薬などありますか?
2) CTとMRIの検査所見の違いについては何か理由の説明を受けましたか?
3) 9月18日夜の不穏、暴力ですが、こういったエピソードは初めてですか? これはどのような症状だと説明を受けましたか?
4) こん睡状態になった理由について何か説明がありましたか? CTやMRI等は撮られたでしょうか。
5) こん睡状態が改善しなければ精神科転院というのがどうにも不思議ですが、今は意識を取り戻されているのでしょうか? 何かおかしな言動でも?
6) CT、MRIで脳の萎縮所見は認められなかったのでしょうか。
7) 認知症も色々な種類がありますが、診断は?
8) お母様はおいくつですか?
9) お母様と相談者様の続柄は? 同居されているのでしょうか。
10) 物忘れ等の認知症の症状にはいつ頃から気づかれていましたか? 急に悪化した印象ですか? それとも徐々に進行した感じでしょうか。

お疲れのところ恐縮ですが、上記情報をいただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 6 年 前.

(1)甲状腺の薬と降圧剤の薬ですが、血液検査の結果異常はどこも異常はありません。

(2)とこに説明はありませんがMRIは血管の状況がよくわかるのですよね。

(3)不穏は以前からありました。もともとはヒステリックな性格のためおかしいなと思われる前からです。しかし物忘れがひどくなってからはとくに頻度はましました。暴力ははじめてです。

(4)こちらからの質問にたいしてもなにか変化します。認知症の症状だとか鎮静剤の副作用だとか。とにかくCTは初診のときに撮ったのは見してもらいましたがMRIは今回とここ最近でも合わせると3回は撮っています。

(5)改善はしました。しかしおかしなことをいったりして自分の名前もわからない。私の名前もわからない。認知症があっと言う間に進行しました。排便や排尿も入院中にできたものがもうオムツのなかにじています。ですので家でそこまで面倒がみられなければ精神科への転移が必要になるということです。今日(25日)に改善すれば家に戻したいと思います。

(6)検査の結果なにも異常はありません。多発性脳こうそくも年相応のことだということです

(7)アルツハイマー型認知症です。

(8)82歳です。

(9)私の実母です。長男です。同居ではありませんが同じ敷地内です。

(10)もともとだらしないところありましたがひどくなったのが7月10日ぐらいですか(物忘れ)。父親の入院中です。2ケ月の入院しておりました。退院まじかです。昔のことばかりいいだしたり。自分の両親のことを言ったり。ほんとうに急におかしなことをいいだしたのです。しかし医師の所見では開業医はショック性のもので一時的なものだといいました。しかし改善した時期もありました。父が退院して3日目によくなったのです。しかし日を追うにつれまたおかしくなりました。

 

以上です。

専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
おはようございます。
ご返信の投稿時間から察するに、あまり眠られていないのではありませんか?

当方の不躾な質問に対する丁寧なご回答ありがとうございました。
実際にご本人を診ていないので、その点はどうかお含みおきいただきたいのですが、おおよその見立てはつけられたような気がします。
結論から申し上げるならば、お母様の最終的な転帰はそう大きくは変わらないかもしれませんが、他院でセカンドオピニオンを求めた方がご家族の後悔は少ないだろうと思います。
新しい病院をみつけて、今の状態のお母様を連れて行かれるのは大変な作業なので、これはご家族のご意向次第でもあるのですが。

私が上記の結論に至ったのは、お母様がかかられている神経内科の検査所見と説明が、お母様の病状と医学的に合致しない点が多すぎるからです。
私(精神科医です)であればこのような患者様が神経内科から紹介されてきたら検査をすべてやり直しますが、今現在くだんの神経内科が転院先として考えている「精神科」は、包括性の慢性期療養病棟をもつような精神科病院でしょうから、そこでの検査や症状改善は期待できないと思います(むしろ一気に悪くなる可能性大です)。

まず、アルツハイマー型認知症という診断がぴんときません。
認知症の診断は画像と臨床症状のコンビネーションで行われますが、萎縮所見が無く、急激な発症で、性格変化を伴うような症例に、安易にアルツハイマーの診断を振るのはどうにも違和感があるのです。アルツハイマーっぽいのは短期記憶が障害されて長期記憶は保持されているところくらいです。

一方で対抗馬の脳血管性認知症ですが、 これまたMRIで多発性脳梗塞の所見が掴まっていないのでどうにも気持ちが悪い。萎縮していればアルツハイマーで、多発性梗塞がみつかれば脳血管性というような単純な話ではないのですが、高血圧の既往があるし、82歳というご年齢でもあるので、普通はラクナ梗塞くらいはあって然るべきです。ちなみに最近のCTは性能が良くて、血管の状態もよくわかるものが多いのですが、それだけMRIをたくさん撮影しているということ(それもどうかと思うの点の1つです)はCTは旧式なのかもしれませんね。

画像所見でアルツハイマー、脳血管性どちらの典型的所見も無いのであればお母さまを診断した神経内科医(達)は臨床症状を根拠にアルツハイマーの診断を選んだことになりますが、そこまでクリアカットな症状があるようには見受けません。

アルツハイマーと脳血管性認知症を臨床症状から鑑別するためのツールとして、Hachinskiの虚血スコアという評価尺度が良く用いられます。これを適用すると、お母様の場合、「急激な発症」で2点、「症状の消長(改善した時期もありました)」で2点、「夜間せん妄(9月18日のエピソードは恐らくこれです)」で1点、「高血圧の既往」で1点、と、ご質問・ご返信から拾えた情報からでも6点ついてしまいます。「段階的増悪」もつくのであれば7点ですから、少なくとも臨床症状からはアルツハイマーよりも脳血管性の要素が強いということになります。

Hachinskiスコアが神の道具というわけでもなく、画像所見も曖昧なので、私なら診断保留として検査を加えるか経過を見ま すが、愚考するに神経内科の主治医氏はお母様が精神症状を呈しているが故にあまり手元に置いておきたくないのでしょう。自分が主治医である限り9月18日のように夜間緊急入院等の時間外労働も強いられるし、原因不明のこん睡には対処しなければならないし(このこん睡の原因がはっきりしないのも釈然としません)、所詮は認知症の行きつく先は大差ないので、精神症状があって扱いづらい患者様の診断に手間や時間をかける必要もなかろう、と考えているのかもしれません。これは私の邪推かもしれませんが。

私のお勧めは、もし状況が許すのであれば、しばらくご自宅で様子を見られて、お母様が落ち着かれたところで、セカンドオピニオンを求めて精神科を積極的に受診することです。
もちろんそこいらの精神科単科病院では物の役には立ちません。老年精神医学を看板に掲げていて、MRIやSPECTといった診断機器を備えた、近代的な精神科医療センターです。
現時点でのお母様の診断に関する私の見立ては、脳血管性認知症+夜間せん妄です。
そしてたぶん、せん妄に対して用いられている「鎮静剤」がさらに話を複雑にしています(神経内科から、何が処方されていますか?)。
(ハイレベルの)精神科ならば、診断とともに、精神症状のコントロールもしてくれる可能性が大です。

もし事が理想的に運んで、きちんと診断が付き、環境変化(心理的にショックな出来事や入院等の環境変化)に伴う精神症状がコントロールされれば、デイサービスを利用してご自宅でお母様を視たり、どこかに入所する場合でも精神病院ではなく老人ホームで済む可能性が高くなってきます。
今のままで話が転がればベッドに患者の両手を縛りつけるような昔ながらの精神病院に長期入院して、あっという間に認知症が進行してご家族の判別のつかなくなる、という可能性が高いでしょう。

もちろん何もかもが理想的に進むとは限らないのですが、最終的転帰の差異の最大値を考慮するならば、他院受診は検討するに値するオプションだと考える次第です。

ご家庭のご事情も存じぬままに言いたい放題を申し上げましたが、一精神科医の見解としてお読み流しいただき、望むらくはご判断の一助となれば幸いであります。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

さきほど病院に行って様子をみてきました。仰向けの状態で微熱があり口は半開きで若干けいれんしていて目は閉じたまま。呼びかけには答えることができます。点滴をしています。食事は飲み込みができないため昨日からできません。主治医の部下が説明にきましたがどちらにしても現在の状態jは脳の病気によるものであした上と相談して治療方針を決めたいということです。

私は長野県に住んでいますがこの病院は県下でも有名な病院で信大病院と肩を並べる病院です。まだやってないCTがこの病院にはあります。頭部CT-Aという機械で造影剤をつかうらしいです。解析に一日かかる機械。もしこれをやって原因はわかったとしても劇的な改善はないというのが見解らしいです。延命するかしないかは家族で決めたいと思います。とても悲しいです。木曜の朝まで歩行ができ排便を自分でできて退院後はデイサービスを考えていたのですが。相談どうもありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
そういう結論になったのであれば、残念ですが私がこれ以上口を差し挟めるものではありません。

お母さまが少しでも良い方向に向かわれることを祈念しております。

精神科 についての関連する質問