JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

37 5

解決済みの質問:

37才女性です。5年前からうつ病で治療中ですが、昼夜逆転で生活しております。精神科医師から薬をもらってくるのですがきちんと服用せず、お酒と一緒に睡眠薬を服用してしまいます。両親(父73才母67才)との関係がうまくゆかず、小さいころから疎外感を持っていました。姉(39才)はいわゆる出来がよくいつも比較されて育ちました。いま、両親に大使の恨みが強く、深酒をしては、文句をいい一日何もしないひびを送っています。ここから脱するためにはどのようにしたらよいでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
まず今できる最善を尽くすことでしょう。
現在の相談者様の境遇やうつ病の発症を、過去の成育歴やご両親に結びつけて考えない方がいいように思います。
私はよく、患者さんに「あなたが道端の石につまづいて転んで、脚の骨を折ったとします。その石をどかしたらあなたの折れた脚の骨はくっつきますか? 骨折した時、つまづいた石の色や形や大きさをああだこうだ議論しても仕方がありません。折れた脚にギプスを巻いて、骨が癒合するまで安静を保つのが治療です。たしかに、つまづきそうな石がごろごろしているような土地に住まわれていたらまた同じように転ぶリスクは高いでしょう。しかし石をどけていく作業は骨がくっついてからでもいいのではないですか?」という喩え話をします。
過去に拘っても病気は治りませんし、性格も変わりません。
ご自分と正しく向き合えるようになるためにも、今はうつ病の治療を正しく受けられるべきでしょう。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問