JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

去年の年末と今年の7月に流産を経験し、その後子宮内膜症と月経困難症との診察結果がありました。不眠症にもなり、睡眠導入

解決済みの質問:

去年の年末と今年の7月に流産を経験し、その後子宮内膜症と月経困難症との診察結果がありました。不眠症にもなり、睡眠導入剤を服用しなければ眠れない状態です。下腹痛や下痢や激しい頭痛に加え、情緒不安定な為仕事も休んでばかりいます。この様な症状の場合、どうすれば良いのでしょか??
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.

服用されているお薬の中ではリーゼが穏やかな安定剤、マイスリーが睡眠導入剤です。スルピリドは恐らくは抗うつ薬のつもりで使用しているのでしょうが、このお薬は低用量では脳に届かないので(精神科の薬として使うには150mg以上服用していただく必要があります)、あまり飲んでいる意味は無いと思います。

 

これらのお薬を処方しているわけですから、婦人科主治医も内科主治医も、相談者様に精神科的問題があることは認識されているのだと思います。

しかしその方面は専門ではないので、強い向精神薬を使うことは出来ず、弱い薬を中途半端な量で処方するにとどまっているのだと推測します。

 

大きくホルモンバランスが崩れるエピソード、基礎疾患があることが相談者様の現在の精神状態の根本的な原因であるように思われますが、それだけでは説明がつかず、婦人科で対応できる範囲を超えてしまっているのかもしれません。

 

相談者様が抵抗を覚えないということであれば、婦人科主治医、内科主治医それぞれに紹介状を書いていただき、精神科/心療内科を受診して、精神科的治療・処方はそちらでまとめて行っていただくのがよろしいかと存じます。

そのことで相談者様が抱える症状の全てが解決されるとは思いませんが、少なからぬ部分が改善されることを期待できると考えます。

 

拙い助言ですが、少しでもお役に立てば幸いです。

猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問