JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1966 9 45 50 17

解決済みの質問:

1966年9月まれ45歳、女性。会社員。夫50歳、娘17歳。夫とは25才で結婚、30歳で離婚、その後38歳で復縁しました。

昨年11月に乳癌手術しました。放射線治療、女性ホルモンをとめる注射りゅーぷろんを11月より開始、
放射線治療中、ひどい卵巣脳腫がわかり、今年1月に放射線治療中に、右卵巣、卵管摘出しました。
更年期状態に突然なり9ヶ月です、そのせいだけではないと考えますが、家族と居ると気が狂いそうになります、
更年期障害で心身不安定なのか、精神が病んでいるのか考えます。
私が態度が おかしいので主人とは家庭内別居のようになっています、

心臓の治療で安定剤が出るので、(セルシン、でパス、リーゼ、)本来は心臓が苦しくなったときに服用ですが、
自宅で家族が揃う時に服用するようになっています。
二週間前から日中の仕事中もリーゼを服用していました。約一週間。このまま薬に頼っていいのか不安です、。

薬で毎日がやる気が出て、家族と居られるなら、薬を
飲み続けてもいいのか。

セルシンを服用しても気分は明るくなりません、二錠で少し眠れます、
デパスは眠くなりますが、やる気と明るくなるので、休日一日中働き通しになり、明るくなります。、
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
決してベストとは言えない対処法ですが、即効性のある対処が他にあるかと聞かれるとこれはまた難しい問題です。

少し考えてから回答しますが、以下の点を確認させて下さい。

1) 精神科/心療内科は受診されていないのでしょうか? してもよいと思いますか?
2) ホルモン治療は何クール継続することになっていますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

) 精神科/心療内科は受診されていないのでしょうか? してもよいと思いますか?

受信していません。 プライバシーが保たれるなら受信したい
2) ホルモン治療は何クール継続することになっていますか?

12週間に一度を5年間です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
追加情報ありがとうございました。

婦人科主治医とご相談なさった上で、紹介状を書いていただき、精神科/心療内科を受診されることをお勧めします。

仰られるとおり、乳がんの治療としてリュープリンを使用したため、更年期障害が突然起こり、身体や脳がそれに対応しきれていないような状態なのだと考えられます。

婦人科の医師は更年期障害(少なからず精神症状を含む)の対処には慣れているので、安定剤を処方されているのだと思われますが、それでは追いつかない状態になっていると思います。

デパス、りーぜ、セルシンともにいわゆる精神安定剤であり、3剤を併用することで相乗効果は期待できません。短時間作用型で力価が高いデパスが、飲んでみて一番効果を実感できるというのはその通りでしょうが、精神安定剤には依存性がありますし(婦人科の医師はそのことをご存じないかもしれません)、今後5年間この処方で乗り切れるかというと懐疑的にならざるをえません。

更年期の精神症状は、婦人科でホルモン補充療法を行うことで軽快することがありますが、もちろん相談者様におかれましてそれを行うことは不可能ですので、精神科/心療内科において、別のアプローチでの治療を受けられることをお勧めします。

プライバシーということに関して言えば、待合室でたまたま知人に会うということでもない限りは、精神科/心療内科を受診したことが他人に知れるということはないと思いますよ。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問