JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

6

質問者の質問

浪人生の息子が、テストの前や予備校に行く前に、「胃がもたれてはきそうな気がする。」と言って胃腸薬を飲んでいます。6月には、激痛や嘔吐があり、自宅で療養しました。また、予備校に行き出しましたが、やはりむかつきを訴えています。どんなときに 気分が悪くなるか自覚はしていると思うのですが、どのように今後見守ったらいいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
人生で初めての大きな挫折を経験したわけですから、体質や性格によっては、ご質問に記載があるような症状を呈することもある程度は了解の範囲内であると考えます。

ただ、「見守って」いていいのかどうかとなると色々な考え方があるでしょう。

精神科医の視点では、ご記載の症状は過敏性腸症候群で矛盾しないように思われますが、他の精神疾患でも似たような自律神経症状が出ることはあります。

ただ、精神科の疾患はすべて身体疾患が否定された後に下されるものなので、まずは嘔吐や腹痛を引き起こす身体疾患の有無を検索すべきでしょう。
まだかかっていないのであれば消化器内科で検査を受けられることをお勧めします。
例えば、無症候性の慢性胃炎があって、ストレス時に自律神経のバランスが崩れて胃酸分泌が増加したときにのみ症状が現れるのかもしれません。

内科的に問題が無かった場合、精神科/心療内科を受診するか否かはご本人とご両親の判断如何でしょう。
ただ、息子さんはまだお若く、人生経験も閲して豊富とは言えませんので、7割方はご両親が判断すべき事案だと考えます。

どのように診断されるかはともかく、精神科での治療が一定程度はお役に立つ状態ではないかと思われます。
一方で、時間をかければ自力で解決がつく問題であるのかもしれません。

私としては精神科/心療内科の受診をお勧めします。
なぜならば、息子さんが受験生だからです。
単純に損得勘定で、精神科/心療内科にかかった方が「特」である可能性が高いと思います。

このままの状態で本人が自力で問題を解決するのを待っていれば、息子さんは浪人を重ねることになるでしょうし、そのことで自己評価が下がり、二次的・三次的にさまざまな問題が起きて事態が複雑化する可能性が否定できません。
また、率直に申し上げて、一浪や二浪しても大学に入れた方が、多浪したうえで進学を断念するよりも遥かにその後の人生における可能性は広がるでしょう。

これまでの息子さんとの接し方を後悔したり、息子さんの性格的な部分を気にされているようですが、完璧な育て方ができる親も、完璧な性格の子供も、この世にはいません。
むしろ、進学校に入学し、かつラグビーで全国優勝した高校時代までを見れば、羨ましがる親御さんの方が多いのではないでしょうか。

そういったことが気になるのは、単に現在問題が生じているからです。
人間というのは、どこかにその理由を見つけようとせずにはいられない生き物なのです。

しかし重要なのは、「今」「ここで」、ありのままの息子さんにとってベストなのは何かを考えることではないでしょうか。
いくら思いつめても過去も性格も変わりません。

一部乱暴に思われる部分もあるかもしれませんが、それ相応の緊急事態だと判断したうえでの助言です。どうかご容赦ください。

ご判断の一助になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問