JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

すみません ワラにもすがりきもちでおくいってます こんな時間に申し訳ございません 人を信じられなくなりました

解決済みの質問:

すみません

ワラにもすがりきもちでおくいってます

こんな時間に申し訳ございません 人を信じられなくなりました 幼少のころから 障害をもち 人を信じる気持ちが 少ない中 嫁に 実家に 帰られてしましました 自分は納得できないラインで周りの人は間違っていると 指摘をうけ もう何がなんだか どう人を信じたら いいか 分からなくなってます
明日にも 精神病院にいってみたいと 思います
 (とっぱつてきではなくじはつてきに)

(もうしわけございませんが
IMEがうまくきのうしません)


じぶんで 分かってます 人とかかわるのがにがてです


うわっつらはとくいですが


ほんしつはむりです


うらぎられるという

ようしょうの

けいけんにより

ブレーキがかかるため

むずかしいです


なにか

よい

だかいさくは

ないでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
先ほどのご質問をされていた方ですね。
追加情報ありがとうございます。

前述の通り、精神科・心療内科受診は悪くない選択だと考えます。

 

やはり、他人とのかかわりにおける「違和感」のようなものをお感じなのですね。
繰り返しになりますが、それが原因であるにせよ結果であるにせよ、現実においてかなり行き詰っておられるようですので、診察を受けられ、必要と判断されれば治療を受けるべきでしょう。
その場合の治療は、薬物療法かもしれませんし、カウンセリングかもしれません。

まずは、よく相談されてみてください。
事態の改善を祈っております。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
その後、どうなりましたでしょうか? 今後の参考とするためにもご返信を頂けると幸いです。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご無沙汰しております

 

その後としてまだ、病院には行けてません

明日行く予定です

 

近い周期で躁鬱を繰り返してます

昨日の夜から躁転しました

 

あれからずいぶんと調べた結果

自分は双極性障害の可能性が高いと思われます

もし双極性障害が確定した場合

相当昔から発症していたことになるので

今まで自分の性格、考え方、行動の全てが

双極性障害の症状そのものでした

それはそれで自分のアイデンティティを失うのではないかと

少し心配です

 

幼少の頃からの地獄を乗り越えた自分なら

今回も乗り越えられると信じ

頑張っていきたいと思います

 

いろいろありがとうございました

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご無沙汰しております

 

その後としてまだ、病院には行けてません

明日行く予定です

 

近い周期で躁鬱を繰り返してます

昨日の夜から躁転しました

 

あれからずいぶんと調べた結果

自分は双極性障害の可能性が高いと思われます

もし双極性障害が確定した場合

相当昔から発症していたことになるので

今まで自分の性格、考え方、行動の全てが

双極性障害の症状そのものでした

それはそれで自分のアイデンティティを失うのではないかと

少し心配です

 

幼少の頃からの地獄を乗り越えた自分なら

今回も乗り越えられると信じ

頑張っていきたいと思います

 

いろいろありがとうございました

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご無沙汰しております

 

その後としてまだ、病院には行けてません

明日行く予定です

 

近い周期で躁鬱を繰り返してます

昨日の夜から躁転しました

 

あれからずいぶんと調べた結果

自分は双極性障害の可能性が高いと思われます

もし双極性障害が確定した場合

相当昔から発症していたことになるので

今まで自分の性格、考え方、行動の全てが

双極性障害の症状そのものでした

それはそれで自分のアイデンティティを失うのではないかと

少し心配です

 

幼少の頃からの地獄を乗り越えた自分なら

今回も乗り越えられると信じ

頑張っていきたいと思います

 

いろいろありがとうございました

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご無沙汰しております

 

その後としてまだ、病院には行けてません

明日行く予定です

 

近い周期で躁鬱を繰り返してます

昨日の夜から躁転しました

 

あれからずいぶんと調べた結果

自分は双極性障害の可能性が高いと思われます

もし双極性障害が確定した場合

相当昔から発症していたことになるので

今まで自分の性格、考え方、行動の全てが

双極性障害の症状そのものでした

それはそれで自分のアイデンティティを失うのではないかと

少し心配です

 

幼少の頃からの地獄を乗り越えた自分なら

今回も乗り越えられると信じ

頑張っていきたいと思います

 

いろいろありがとうございました

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
相談者様が双極性障害(躁うつ病)を患われているのかどうかは直接診察してみないので断言はできませんが、精神科受診は御英断だと思います。

病歴が長く、急速交代型(躁とうつを合わせて年間4回以上の病相があること)になってしまっているようですので治療は大変かもしれしれませんが、定期的な受診と服薬が重要な疾患ですので、心にお留めおき下さい。

たしかに、未治療の双極性患者の場合、躁うつが「自分のアイデンティティ」になってしまっている人はいます。
躁もうつも辛い体験ですが、両極を行ったり来たりする感覚を心地よく感じられる患者様もおられるようで、治療で病相がコントロールされると、「何だか心が平坦になってしまったようで物足りない」という意味のことをおっしゃられる方も実際におられます。

相談者様におかれましては、病気の治療すなわちアイデンティティの再構築という側面ももつことになるのかもしれませんが、この点についてもクリアされることをお祈りしています。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問