JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは。私は34歳の専業主婦です。三ヶ月前に第2子を出産。今ならゆっくり時間があるということで、長年考えていた、

解決済みの質問:

こんにちは。私は34歳の専業主婦です。三ヶ月前に第2子 を出産。今ならゆっくり時間があるということで、長年考えていた、矯正歯科に挑戦しました。しかし、3本目を抜歯した後から、急に矯正するのが怖くなり、動機、不安感孤独感で、夜が眠れず、子供は一緒にいても、大人が自分ひとりだけとなると、淋しくて淋しくて…。その状態のまま、矯正危惧(ブラケット)を装着してしまい、案の定、痛みと圧迫感で、パニックになりそうになり、結局3日目には、矯正危惧を外しに病院にいってしまいました。危惧を外してからは、全く回復したつもりでいましたが、食事をしていると、抜歯後の歯の痛みとともに、やんわりとですが、再び不安感と孤独感が出てきて、結局、少量しか摂取することができません。この動機や、不安感で、一年前に一度精神科に掛かり、お薬を頂いて飲んでました。でも、薬をまた飲みだすと、薬がないと眠れなくなりそうで怖いし、安定剤を飲んで薬が効いている間、ボーっとした状態になるので、子供に何かあった時に、瞬時に対応できないかもしれないと思い、飲みたくないと思っています。前回は第2子出産を期にお薬を辞めました。


これは産後鬱でしょうか?独身時代から、頻繁ではありませんが、時々このような症状が出ていました。恐怖と孤独感が、だんだん近づいてくるのがわかり、何とかそれを逃がそうと、洗濯や家事などに集中して、何とかやり過ごしてきましたが…。お昼寝をしてても、このような感情につかまってしまい、息苦しく、おぼれているような気持ちになり、飛び起きてしまうことのあったので、睡眠時間が短いにもかかわらず、お昼寝できません。夜の長くて2時間くらいの睡眠で、夜中目が覚めてしまった時がもう最悪です。子供はかわいいし、旦那さんや優しすぎるくらい優しい人で、私がなかなか心底笑顔でいてあげれてないことが、申し訳なく思っています。これは、どうしたら改善できますか?私としては、一人ぼっちでも楽しい時間を過ごせるくらいの精神力がほしいです。何か改善方法はありませんか?


ピークの時は、耳がふさがったような症状もあります。


それと、ふとしたことがすごく気になったり、例えば、探し物が見つからなかったり、テレビが消えただけでも動機、不安感でパニックになりそうになります。


ほんとにつらいです。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  猫山司 返答済み 6 年 前.
取り急ぎ見解のみですが。

うつ病再発の可能性が大であると考えます。
可能な限り早く、精神科を受診されるべきでしょう。

デンタルフォビア(歯科恐怖症)という病気もありますが、経過からして相談者様はこれには当たらないと思います。
ご懸念の通り、産後うつ病の可能性は低くはありません。少なくとも発症に何らかの関与はしているでしょう。
ホルモンバランスが戻りきらないうちに歯科矯正というストレスが加わったことで、元来のうつ病が再発したということかもしれません。

理想的には婦人科と精神科を両方備えた総合病院を受診されるのがベストです。
まだ小さいお子さんのお世話もある時期ですから、お母様が良い状態を取り戻すことは重要であろうと考えます。

ご家族のためにも、早期の受診をご検討下さい。
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問