JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

心療に関する、たとえばどのような病院へいてばよいのかというような事務的な質問を書くページなのですか? それとも、悩

解決済みの質問:

心療に関する、たとえばどのような病院へいてばよいのかというような事務的な質問を書くページなのですか?
それとも、悩みの内容を書かせていただいてよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
この度はお忙しい中、ご質問いただきましてありがとうございます。

こちらには、様々なお悩みで来られる方ばかりなので、どんなご質問でも
かまいません。病院に関してでも、疾患や病状に関しての対応策なども
大丈夫です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
 小学校教諭をして6年目になる28歳の女性です。家族構成は主人(工場勤務)と私二人で、結婚して2年と4カ月経ちました。夫婦の関係について悩んでいます。
 
 主人の勤務が昨今の節電の影響を受け、6月終わりごろから毎日夜勤に変わり、そこでの人間関係のストレスや、慣れない夜勤の疲れが主人に出てきていました。
 
 同じころに、私の方も担任している不登校のお子さんをめぐり様々な問題が起き、元々子どもたち相手の忙しい仕事ではありますが、夏休みに入り毎年なら少しホッとする時期に入ったのに、今年はその問題の対応に追われていました。この問題について私に直接責任を求められたわけではありませんが、担任として毎日のように携帯電話に保護者からの電話を受けたり、夜に職場へ出向いたりし、夫婦間のすれ違いが続いていました。
 
 すれ違いと言っても、会話は普通にするし、セックスレスになっていたようなことはありませんでした。お互いに忙しいことを気遣い、一応の家事はこなしていましたし、食事中などは、家の新築や子作りの計画などを話題にし、主人も私の父の土地を譲り受け新築することを承諾して、休日には必要な手続きについて調べたり、モデルルーム見学なども二人で出かけていました。私としては、仕事は大変でしたが、プライベートは別として充実させるよう気を配ってきました。
 
 主人のお盆休みが近づいてきたある日、夜勤に出かけようとする様子がどことなくおかし く感じたことがありました。会社の人と夕飯を食べると、いつもの時間より少し早く家を出ようとし、いつもは持っていくはずのお弁当も持っていかず、帰りの着替えもいつもよりおしゃれなものを持っていきました。
 その日、仕事と嘘をついて、主人は浮気をしていたようでした。そういえば、その前の2週間ほどの間、友だちや同僚と出かけると言って、数時間携帯電話が通じなかったり、帰りが極端に遅くなったことが数回あり、少し怪しいと感じて不安に思いました。(後日ですが、携帯電話で女性と二人で写っているプリクラも見つけましたので、女性と会っていたことは確かです。)
 次の日、帰宅時間になっても帰宅せず、携帯電話には出たり出なかったり、あいまいな返事を繰り返し、結局、その日の夜に二人とも家を出るという大喧嘩になってしまいました。
 その後もいろいろな話し合いをし、主人は、「浮気の理由にはならない、自分が全て悪い」、としながらも、私に対し、「教師の妻をもち、大変な時は自分が支えると分かってはいたが、自分の仕事もまたストレスフル状態にあり、そんな中での浮気相手は、ネットゲームのサイトで知り合った、単なる遊び相手であり現実逃避の手段、ストレスのはけ口で思い入れはなかった。身体の関係はなかった。」と言い謝罪しました。
 
 子どもが出来ないことも、会社の同僚や友だちに次々にできるのに、どうして自分たちにはできないのかと焦りを感じていたようですが、過去に二回妊娠し、一回目は若すぎるために私に産む意思が無く中絶、2回目は結婚後に子宮外妊娠となり断念し、夫婦で悲しい経験をしていたので、その悩みを私にはぶつけられなかったようです。
 
 私は、浮気のショックから精神的に不安定な状態となり、過呼吸、不眠、食欲不振、やる気が出ない、じっとしていられない、極度の不安や緊張に襲われました。とにかく主人が携帯電話を触っていたり、少し帰宅時間が遅かったり、今でも離れていると不安になってしまいます。

 今は、主人とも相談して、しばらく休職し、心療内科と産婦人科に通うことにしました。夏休み中、仕事へ行った方が気が紛れるのではと思い、一度だけ学校へも行きましたが、元々大変な問題を抱えている時期であったため、少し同僚や管理職の先生と少し話をしただけで息が上がり、帰るように言われて家へ帰りました。自分が不安定な今は、大変な問題を抱えた学級担任として子どもたちの前に立てる自信がありません。幼いころからあこがれ、努力してつかんだ職業だったのに、こんな日が来るとは夢にも思いませんでした。
 主人と出会ってから、教師になってからの自分をふり返り、仕事を優先させ中絶したことや、自分のタイミングで結婚を決めたり、将来子育てがしやすい環境になると思い、実家の近くに新築することを進めたりしてきたのは、全て私でしたし、そのことを深く反省しました。

 主人は、中学の時に不登校になり、今でいう「ひきこもり」から脱出し、社会復帰をはたした思春期をもちます。友だちも社会経験も私より少ないですが、自分と向き合う時間が長かった分、まじめでやさしい人です。残念なことに両親の愛情には恵まれず、誕生日や七五三、節分など、家族で楽しむ行事などは一切してもらえず、自分が父親になれば、子どもにはそのどれもをしてやりたいと思っているようです。現在主人のご両親は仕事の都合で県外に住まわれ、唯一のよき相談相手、遊び相手であった弟も上京して忙しそうで、一家は離散状態にあります。生まれ育った家はもうすぐ売りに出されることが決まりました。私が育った環境とは正反対で、もしかしたら主人はそういった孤独を感じているのかもしれません。
 
 長々と書きましたが、主人と離れたくなくてとりあえず休職してみたものの、今自分では主人とのこれからの関係や、仕事にいつ復帰できるのか、新築、子どものことなどについて全く見通しが立たず混乱している状態です。自分が受けているストレスが、仕事からきたものなのか、主人の浮気からきたものなのかもわかりません。
 
 どのように自分の気持ちを整理していけばようのか、家庭も職場もがこのような時に仕事に復帰することは適切かどうか、主人の浮気に対して今後どのようにして不安と向き合っていけばよいのか…

 読んで下さった先生の客観的なご意見、お気づきになられたこと、良い心療内科の見分け方などポイントになることがございましたら、返答をお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:まだアドバイスが必要。
小学校教諭をして6年目になる28歳の女性です。家族構成は主人(工場勤務)と私二人で、結婚して2年と4カ月経ちました。夫婦の関係について悩んでいます。
 
 主人の勤務が昨今の節電の影響を受け、6月終わりごろから毎日夜勤に変わり、そこでの人間関係のストレスや、慣れない夜勤の疲れが主人に出てきていました。
 
 同じころに、私の方も担任している不登校のお子さんをめぐり様々な問題が起き、元々子どもたち相手の忙しい仕事ではありますが、夏休みに入り毎年なら少しホッとする時期に入ったのに、今年はその問題の対応に追われていました。この問題について私に直接責任を求められたわけではありませんが、担任として毎日のように携帯電話に保護者からの電話を受けたり、夜に職場へ出向いたりし、夫婦間のすれ違いが続いていました。
 
 すれ違いと言っても、会話は普通にするし、セックスレスになっていたようなことはありませんでした。お互いに忙しいことを気遣い、一応の家事はこなしていましたし、食事中などは、家の新築や子作りの計画などを話題にし、主人も私の父の土地を譲り受け新築することを承諾して、休日には必要な手続きについて調べたり、モデルルーム見学なども二人で出かけていました。私としては、仕事は大変でしたが、プライベートは別として充実させるよう気を配ってきました。
 
 主人のお盆休みが近づいてきたある日、夜勤に出かけようとする様子がどことなくおかし く感じたことがありました。会社の人と夕飯を食べると、いつもの時間より少し早く家を出ようとし、いつもは持っていくはずのお弁当も持っていかず、帰りの着替えもいつもよりおしゃれなものを持っていきました。
 その日、仕事と嘘をついて、主人は浮気をしていたようでした。そういえば、その前の2週間ほどの間、友だちや同僚と出かけると言って、数時間携帯電話が通じなかったり、帰りが極端に遅くなったことが数回あり、少し怪しいと感じて不安に思いました。(後日ですが、携帯電話で女性と二人で写っているプリクラも見つけましたので、女性と会っていたことは確かです。)
 次の日、帰宅時間になっても帰宅せず、携帯電話には出たり出なかったり、あいまいな返事を繰り返し、結局、その日の夜に二人とも家を出るという大喧嘩になってしまいました。
 その後もいろいろな話し合いをし、主人は、「浮気の理由にはならない、自分が全て悪い」、としながらも、私に対し、「教師の妻をもち、大変な時は自分が支えると分かってはいたが、自分の仕事もまたストレスフル状態にあり、そんな中での浮気相手は、ネットゲームのサイトで知り合った、単なる遊び相手であり現実逃避の手段、ストレスのはけ口で思い入れはなかった。身体の関係はなかった。」と言い謝罪しました。
 
 子どもが出来ないことも、会社の同僚や友だちに次々にできるのに、どうして自分たちにはできないのかと焦りを感じていたようですが、過去に二回妊娠し、一回目は若すぎるために私に産む意思が無く中絶、2回目は結婚後に子宮外妊娠となり断念し、夫婦で悲しい経験をしていたので、その悩みを私にはぶつけられなかったようです。
 
 私は、浮気のショックから精神的に不安定な状態となり、過呼吸、不眠、食欲不振、やる気が出ない、じっとしていられない、極度の不安や緊張に襲われました。とにかく主人が携帯電話を触っていたり、少し帰宅時間が遅かったり、今でも離れていると不安になってしまいます。

 今は、主人とも相談して、しばらく休職し、心療内科と産婦人科に通うことにしました。夏休み中、仕事へ行った方が気が紛れるのではと思い、一度だけ学校へも行きましたが、元々大変な問題を抱えている時期であったため、少し同僚や管理職の先生と少し話をしただけで息が上がり、帰るように言われて家へ帰りました。自分が不安定な今は、大変な問題を抱えた学級担任として子どもたちの前に立てる自信がありません。幼いころからあこがれ、努力してつかんだ職業だったのに、こんな日が来るとは夢にも思いませんでした。
 主人と出会ってから、教師になってからの自分をふり返り、仕事を優先させ中絶したことや、自分のタイミングで結婚を決めたり、将来子育てがしやすい環境になると思い、実家の近くに新築することを進めたりしてきたのは、全て私でしたし、そのことを深く反省しました。

 主人は、中学の時に不登校になり、今でいう「ひきこもり」から脱出し、社会復帰をはたした思春期をもちます。友だちも社会経験も私より少ないですが、自分と向き合う時間が長かった分、まじめでやさしい人です。残念なことに両親の愛情には恵まれず、誕生日や七五三、節分など、家族で楽しむ行事などは一切してもらえず、自分が父親になれば、子どもにはそのどれもをしてやりたいと思っているようです。現在主人のご両親は仕事の都合で県外に住まわれ、唯一のよき相談相手、遊び相手であった弟も上京して忙しそうで、一家は離散状態にあります。生まれ育った家はもうすぐ売りに出されることが決まりました。私が育った環境とは正反対で、もしかしたら主人はそういった孤独を感じているのかもしれません。
 
 長々と書きましたが、主人と離れたくなくてとりあえず休職してみたものの、今自分では主人とのこれからの関係や、仕事にいつ復帰できるのか、新築、子どものことなどについて全く見通しが立たず混乱している状態です。自分が受けているストレスが、仕事からきたものなのか、主人の浮気からきたものなのかもわかりません。
 
 どのように自分の気持ちを整理していけばようのか、家庭も職場もがこのような時に仕事に復帰することは適切かどうか、主人の浮気に対して今後どのようにして不安と向き合っていけばよいのか…

 読んで下さった先生の客観的なご意見、お気づきになられたこと、良い心療内科の見分け方などポイントになることがございましたら、返答をお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
質問文のご記載内容を拝見する限りでは、良い方向に向かわれていると思います。

診断が書かれていませんので、相談者様の病名が、うつ病か、それに準じたものという前提で以下に私見を述べさせていただきます。

一番良いのは、「しばらく休職し、心療内科と産婦人科に通う」決断をされたことと、それが出来る環境が整っていたことです。
一度学校に行かれて調子を崩されたことからもわかるように、今は肉体的にも精神的にも安静を保つことが第一です。ストレス源となった学校に足を運んだり、「気分転換に」旅行したりといった行動は、うつが良くなった後にリハビリテーション的に、段階的になされるべきでしょう。

病気と治療に関する向き合い方ですが、あまり原因を探る方向では考えられない方がいいと思います。
私はよく、患者さんに「あなたが道端の石につまづいて転んで、脚の骨を折ったとします。その石をどかしたらあなたの折れた脚の骨はくっつきますか? 骨折した時、つまづいた石の色や形や大きさをああだこうだ議論しても仕方がありません。折れた脚にギプスを巻いて、骨が癒合するまで安静を保つのが治療です。たしかに、つまづきそうな石がごろごろしているような土地に住まわれていたらまた同じように転ぶリスクは高いでしょう。しかし石をどけていく作業は骨がくっついてからでもいいのではないですか?」という喩え話をします。
解決しなければならない複数の問題がおありのようですが、それらに取り組むことができるようになるためにも、今はうつ病の治療に専念されるべきでしょう。

うつが悪い間は大きな決断を下すな、というのが精神医学界のセオリーで、これは信じる価値がある経験則だと思います(仮に相談者様の診断がうつ病以外の病気だったとしても同様です)。
相談者様の場合は、例えば新築の件です。家を建てるには非常に大きなエネルギーを要しますし、転居を伴うのであれば、環境変化が生じます。これらが病気が回復しないうちに行われるのは望ましいこととは言えません。特に、女性の場合は「転居」がうつ病発症のリスクファクターとして知られているくらいですから注意が必要です。
お子様の件に関しても、現在お薬を飲まれているのでしたら、胎児に及ぼす影響を考慮しなければなりませんので、一時的にでも薬を中断できるようになるまでは先延ばしにして考えられた方が良いでしょう。

良い心療内科の見分け方ですが、実はこれは大きな問題です。
複数の選択肢があるのであれば、できるだけ情報を集めて、実力もあって相性が良い主治医を見つけられるように心がけるべきでしょう。
私見では、日本の心療内科医/精神科医の6~7割は薮です。
それを裏付ける、患者様にとっては不幸なデータがあります。
2006年に毎日新聞で記事になりましたが、日本うつ病学会が調査した結果、日本のうつ病患者様のうち、適切な治療を受けているのは25%に過ぎないことが判明したのです。
このことを考えると、病院選びには慎重になるべきでしょう。

以上、拙い助言ですが、お役に立てば幸いです。

最後に参考まで。
上述の毎日新聞の記事です。毎日新聞のWeb版からは既に記事が削除されていますので、その全文をアーカイブしてあるブログの記事です。
たまたま私のブログですが、他を探しても全文が残っているところがなかったので。記事以外の部分はお読み流しください。
最後の6箇条は良医選びに大いに参考になると思います。

うつ病:適切な治療を受けているのは1/4
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
 丁寧なご返答ありがとうございます。その後、再び心療内科を受診し、「ストレス障害及び適応障害」と診断名で、とりあえずは、12月末まで休職することになりました。
 薬も数種類いただいき、ソラナックスのみを飲んでいましたが、実は数日前に市販の妊娠検査薬で 陽性反応が出ましたので、薬は服用をやめました。今は、前回の子宮外妊娠の経験があるので多少の不安はありますが、再び妊娠できたことが嬉しく前向きになっています。
もし順調に赤ちゃんが成長すれば、来年6月ごろの出産となるのですが、このような精神状態では、「出産まで継続して休職する」ことも必要でしょうか?もちろんそのときの自分の状態にもよることは承知しています。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問