JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻の嫉妬に悩んでいます

解決済みの質問:

妻の嫉妬に悩んでいます
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.

この度はお忙しい中、ご質問いただきましてありがとうございます。
また、お気持ちが揺れる中、勇気を持ってご質問頂き、感謝しております。

今回の場合には、いくつかのことが考えられると思います。
後ほどご紹介する「トラウマ、習慣、くせを変えて、新しい人生を作る方法」
という音声をお聞き下さると、どのように対応をしていけば良いのかが
分かっていただけると思いますので、お聞き下されば幸いです。

まず、最初にお伝えしたいことが2点ありまして、それは全ての悩みに
対応する2つの方法がありますので、そちらの方法を先にお伝えいたします。

この方法をやっていただくと、今の問題の緩和、解決につながることに加えて
仕事、人間関係、健康、人生の面でも、バランスが良くなっていくことで
良い変化が現れるようになっています。

ですが、やりたくないことは無理やりやる必要はありませんので、
やれるところから取り組んで頂ければ、幸いです。

1つ目は、ほとんど全ての悩みや問題には人間の心(人間の心理)の面から
出ているという共通点がありまして、、そこに色々な方向からアプローチを
していくことで、悩みの根元から改善されるようになっております。

ですので、今の悩みや問題を改善して、より良いものにしていくためには、
自分の心理にアプローチしていくことから始まります。

今の悩みや問題の表面だけの対処法を教える先生もいますが、それだけでは
一時的に問題が解決したと思っても、後々悩みが 増える一方になってしまうという
性質があるので、これをお伝えしています。

例えば、うつであれば薬で表面的に保っても、心理面での変化がないので、ずっと
薬もしくは入院などのパターンを繰り返したりする可能性が出てきます。
(これは統合失調症やその他の症状も当てはまります)

また、対人関係であれば、相手を変えても相手の対応を変えても、自分の心理面での
変化がない限り、また以前の悪いパターンに戻ることになり、お金であれば、
借金をしているとその借金をするパターンから抜け出せないなどがあります。

これに関しては、効果のある方法をお話している専用の音声を
ご用意いたしましたので、そちらをご参考にしてください。
人間関係に関しての音声をお聞きいただくと、どのように対処をして良いかが
分かっていただけるようになると思います。


次に2つ目になりますが、全ての悩みに共通すること、
それがコミュニケーションのズレによるものです。

そして、コミュニケーションには、自分とのコミュニケーションと
他人とのコミュニケーションの2つがあります。

うつやトラウマ、その他の疾患や病気などは、自分とのコミュニケーションの
ズレによるもので、対人による自分への影響は、他人とのコミュニケーションの
ズレによるものといえます。

このズレを治すことにより、失っていた自分の本来の力が戻るので、
様々な問題や悩みが改善されたケースが多々あります。


これは、どんな悩みにも対応するので、下記の方法をお試ししてみてください。

■1.自分の今の状態が、ポジティブがネガティブかを知る

■2.それが分かったら、他の人に頼り依存しているか、
他の人に頼らず自立しているかを知る(どちらが良い悪いはありません)

■3.それを組み合わせる。例えば、ポジティブで他の人に頼っているなら
ポジティブ依存、ネガティブで自立しているなら、ネガティブ自立、など。

■4.それが分かったら、そのあなたのいる状態の反対の自分を見ます。
今のあなたが、
ポジティブ依存なら⇒ネガティブ自立が反対になります。
(自分がネガティブで、自立しているところをイメージしてください)
ポジティブ自立なら⇒ネガティブ依存が反対になります。
(自分がネガティブで、依存しているところをイメージしてください)
ネガティブ依存なら⇒ポジティブ自立が反対になります。
(自分がポジティブで、自立しているところをイメージしてください)
ネガティブ自立なら⇒ポジティブ依存が反対になります。
(自分がポジティブで、依存しているところをイメージしてください)

そうして、反対の自分に意識を向かせることで、偏っていた自分の中の
コミュニケーションのズレの偏りがなくなっていきます。

■5.現在の自分と、反対の自分を統合する

反対の自分をイメージしたことで、今の自分に欠けているバランスが
分かってきます。

今のあなたが、
ポジティブ依存なら⇒今の自分に
「もう少し周りを理解するようにしてみよう」といってください。
ポジティブ自立なら⇒今の自分に
「そんなに頑張らなくていいんだよ」「そんなに怖がらなくていいんだよ」といってください。
ネガティブ依存なら⇒今の自分に
「そんなに自分はダメなんかじゃないよ」といってください。
ネガティブ自立なら⇒今の自分に
「そんなにチェックしなくて大丈夫だよ」といってあげてください。

こうして、今の自分の反対側の自分が持っている、良いところを
統合することで、あなたの本来もっている力を取り戻すことが出来ます。

なんらかの悩みがあるときは、必ずといっていいほど、このバランスが
崩れていることで、自分の力がない状態なので、悩みも大きくなってくる
ということになります。

以上の2つをやっていただくことで、現在の悩みや問題、病気にも
効果がある事例が多々ありますので、一度お試しをしてみてください。


これらの面(心理面、コミュニケーションの面)を良くしたいと思い、病院や施設や
カウンセリングなどに行く人は沢山いますが、対応される方が表面的なところしか
対応せずに、ずっと病院に通っていたりカウンセリングに通っていたりする人は
少なくありません。

ですが、これらを全て伝えるとなると、多くの期間と費用がかかってしまうことも
事実なので、それも否めませんが、私は対面でのサポートが出来ない分、
音声や文章などで、より長く、深いところまでお伝えすることを心がけております。

ですので、現在ご質問頂いた方には、特別な提供を行っておりまして、
今回、ご利用頂ける方への感謝の気持ちとしまして、1時間2万円の
カウンセリングを録音した音声をお聞き頂こうと思い、ご用意させて頂きました。
もちろん追加料金は頂きませんのでご安心下さい。

文字だけだと伝わらないところも、音声でしたら深く何度もお聞き頂けるので、
より理解が深まり、行動に移せると思います。また、チャットだけだとやはり表面的な
ことしか伝えれないところも、音声セミナーだと、感情も伝わることで、深く効果の
ある人間心理、コミュニケーションのところまで伝えられるので、ずっと効果を
保てると思います。

また、1つの質問でも、音声を聞くことでより多くの悩みや質問が出てくると思うので、
それらの答えにもなるように、様々な内容のものを用意しました。

また、音声ゆえ、声のトーンや質、速さを、より深い潜在意識に届き、記憶と行動が
しやすいように、早口や低い声、感情がこもった話し方をしているところもありますが
、ご了承頂けましたら幸いです。


それでは、下記のURLからお聞きください。
(URLをインターネットのURLのところにコピーして、
ペーストしてお聞き下さい)


●自分の行動を変える方法~人間が行動する理由~
http://www.xeg94.com/change/humanwhy.mp3

●自分の状態をすぐに変える方法
http://www.xeg94.com/change/state.mp3

●ずっと幸せでいられる方法~今の自分を愛せない人へ~
http://www.xeg94.com/change/happy.mp3

●本当の健康とエネルギーを手に入れる方法
http://www.xeg94.com/change/sp1.mp3

●病院、施設、カウンセラーやコーチを選ぶ基準
http://www.xeg94.com/change/erabukijun.mp3

●薬に関して
http://www.xeg94.com/change/drag.mp3

●人に行動してもらう方法
http://www.xeg94.com/change/reader.mp3

●うつ、躁、躁うつへのアプローチ法
http://www.xeg94.com/change/utu.mp3

●誰とでも仲良くなれるコミュニケーション方法
http://www.xeg94.com/change/komyu.mp3

●理想が高い、完璧主義から抜け出す方法
http://www.xeg94.com/change/kanpeki.mp3

●不眠症を改善する方法
http://www.xeg94.com/change/nemuru.mp3

●人格障害を改善するアプローチ法
http://www.xeg94.com/change/jinkaku.mp3

●トラウマ、習慣、くせを変えて、新しい人生を作る方法
http://www.xeg94.com/change/torauma.mp3


下記からはプレゼントになりますので、お時間があるときにでも、ご視聴下さい。

●お金、健康、人間関係、充実した時間で幸せになる方法

*お金、健康、人間関係、充実した時間で幸せになる方法~お金1~
http://www.xeg94.com/change/juokane1.mp3

*お金、健康、人間関係、充実した時間で幸せになる方法~お金2~
http://www.xeg94.com/change/juokane2.mp3

*お金、健康、人間関係、充実した時間で幸せになる方法~健康~
http://www.xeg94.com/change/juhealth.mp3

*お金、健康、人間関係、充実した時間で幸せになる方法~人間関係~
http://www.xeg94.com/change/juhuman.mp3

*お金、健康、人間関係、充実した時間で幸せになる方法~充実した時間~
http://www.xeg94.com/change/jutime.mp3


(何度聞いてもお金はかかりませんので、ご安心下さい)

以上が専用の音声になりますが、長くなってしまい申し訳ございません。

また、何かありましたらいつでもご質問をお待ちしております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
少し問題がずれているような気がします
一般論と申しますか・・・
私自身を見直せと言われているのでしょうか?
それとも妻にこのように話したらよいと言われているのでしょうか?
嫉妬から妄想へと変換されている妻をどうにかして元の明るい妻二位戻したいから相談しているのですが
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
お返事いただきましてありがとうございます。
また、分かりづらいお答えをしてしまい、申し訳ございませんでした。

嫉妬から妄想へと変換されているということで、
例えば、ありもしないことを妄想して、悲観されている
といったこともあるでしょうか?

お聞きしたいことがありまして、その時に、彼 女が嫉妬している
ときに、あなたの状態は、ポジティブ寄りでしょうか?

人間関係には、男女問わず、力学というものが働いておりまして、
ポジティブな人と対極にネガティブな人になる、という、性格とは
関係のない、人間誰もが持っている側面が、その力学によって
引き出されます。

何か心当たりのあることなどを、詳細を教えていただけましたら幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
すいませんでした
質問がかぶっていました
詳細はこちらに書いてあります
http://www.justanswer.jp/mental-health/5grri-5-43-3.html
ちなみに、ありもしないことを妄想している、悲観していると言った症状はあります
その時の私の状況は当初ポジティブでしたが、回を重ねるにしたがって『ああ、またか』とネガティブになっています
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
お返事頂きましてありがとうございます。

そうなんですね。どちらかがポジティブなときに
もう片方がネガティブになるので、どちらもネガティブ
だとしても、どちらかのほうがネガティブの度合いが強いはずです。

そして、ポジティブ状態で、嫉妬はしないと思うので すが、
もし、嫉妬しているときは奥さんがネガティブなら、早急な対処法としては
旦那さんが奥さんよりもネガティブになると、コミュニケーションの力学上、
奥さんはポジティブにいきます。

ですが、それは早急な対処法として効果的ですが、長期で見たら
どちらもバランスが取れた状態が望ましいと思います。
それには、なぜ奥さんは嫉妬するのか?というところに真剣に向き合う
必要があると思います。

嫉妬するには、何か原因があると思うのですが、過去に彼女が
男女関係で、嫉妬に対する辛い経験をお持ちですとか、自分の親の
関係が嫉妬などとつながるような悪いものだった、などの経験は
ないでしょうか?

また、嫉妬するのは、旦那さんのどういったところに嫉妬するのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
一緒に仕事をすることに嫉妬しているだけで、どういったとか特別なことはありません
ご両親との関係がと言うこともないと思います
ネガティブに対してネガティブでというのもわらか無くもありませんが、嫉妬のうえに被害妄想が入って、行ってもいないことをわめきチラします
嫉妬でネガティブになっている妻には手がつけられません
そこをどうすればいいのか相談したいのです
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
お辛い状況であり、藁にもすがる思いでこのサイトに質問を投じたにもかかわらず、上記lifechanging氏の理解困難な回答を提示されて当惑されていることでしょう(この人物は同じ回答を絨毯爆撃的に複数の質問者様に送りつけています。回答上部の「JustAnswerにレポート」から、本サイトの運営者に抗議することも可能ですよ)。
二重の意味で同情いたします。

さて、ご相談についてですが、何点か確認させて下さい。
1) ご相談者様と奥様はそれぞれおいくつでしょうか?
2) 奥様の嫉妬はいつごろから始まったものでしょうか? 何かきっかけがありましたか? ずっと同じ程度ですか? それともだんだんエスカレートしていますか?
3) 嫉妬に関わる具体的なエピソードを1つ2つ挙げていただけませんか?

以上、ご返信いただければ幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます
最初の回答を見て、ガッカ リしていたところです
お答えさせていただきます
1)私もうすぐ43歳、妻41歳です
2)妻の嫉妬が始まったのは、2年前からです
詳細はこちらにも書いてありますのでお読みいただければ幸いです
http://www.justanswer.jp/mental-health/5grri-5-43-3.html
3)についても上記URLからお読み他だけないでしょうか
それ以降にも、エピソードはありますので、さらにお聞きになりたいときにはお話しさせていただきます
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
前相談、拝見しました(やはりlifechanging氏がコピペ回答してましたね)。

診断としては、嫉妬妄想ということになるのですが、これは正確には症状名であって病名ではありません。
臨床的にもっとも多く経験するのはもう少し年配(60~70代)の女性で、認知症の初期症状であることが大多数です。
若年者では統合失調症や妄想性障害の主診断が付き、その一症状として嫉妬妄想が出現することが多いので、本体の病気を治療することで嫉妬妄想も改善していくことがほとんどです。

奥様の場合は、嫉妬妄想が単独で現れているようにお見受けしますが、やはり精神科/心療内科を受診していただき、嫉妬妄想の基礎疾患となる精神疾患がないか検索してもらう必要があります。基礎疾患が無い場合は嫉妬妄想そのものを対象に治療を行う必要がありますが、これは主義的には統合失調症や強迫性障害への治療をベースとした薬物療法+カウンセリングで対処可能です。

問題は治療への導入なのですが……
奥様に精神科/心療内科を受診していただくことは可能そうでしょうか?
ちなみに、奥様が病的な嫉妬感情を見せたのは、ご記載の一度のみなのでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます
一度のみではなく、継続的に症状は出ています
従業員が辞めた今も状態に変わりはありません
友人の消化器内科医に紹介を受けて、心療内科に相談に行ってみましたが、心療内科の範疇ではないと言われました
途方に暮れているのが正直なところです
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
十分範疇だと考えますがね。
相談はお一人で行かれたのですか?

方法はいくつか考えられます。
穏当な順番に、

1) 公的機関、つまり市区町の保健所や精神保健福祉センターで行われている精神保健福祉相談を利用。
医師、保健師、精神保健福祉士などが無料で対応してくれ、時に往診もしてくれます(これは地域差がありますが)。病院も紹介・仲介してくれることがあります。
ケースワーカーが多かれ少なかれ多様な(精神科と非精神科の狭間のようなものも含めて)経験を積んでいますので、有用なアドバイスを受けることができることもあります。

2) ご主人が複数の精神科/心療内科を回り、奥様の診察と治療を引き受けてくれる医療機関を見つけたうえで、奥様を説得してじゅいんさせる。

3) 2)で奥様が受診・治療を拒んだ場合は、離婚をちらつかせて強制的に治療を受けさせる。既に奥様のこれまでの行為は離婚の要件を十分に満たしています。弁護士等を立てる必要があるかもしれませんが、家庭の経済的、心理的な破たんを招きつつある奥様の精神症状を本人が治療する意志が無いのであれば離婚するし、慰謝料を要求する、という態度で望む。

です。
たとえ3)の方法をとった場合でも、奥様の症状が改善すれば禍根は残らないと愚考いたします。
状況を考えれば、3)はもっと早くに出てきてもよかった選択肢です。相談様の腹の括り方次第という側面もあるかもしれませんよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.
今となってはとも思いますが、実際に従業員がいなくなってから動物病院の経営も怪しくなってきておりまして、彼女の重要さを再認識もしています
生活が立ち行かないところで夫婦仲良くというわけにも行かず、どうすればい いのかほとほと悩んでいます
今日も自分の殻に閉じこもってしまったようで、『自分の(妻の)親に対して小馬鹿にしている』とか『自分を(妻を)小馬鹿にしている』と怒り狂っています
もう逃げ出したいくらいなんです
誰かに他末kてほしいと思う反面、自分でどうにかしないと行けないという責任感にさいなまれています
妻は、地元の友人に私が従業員と浮気をしたと言いふらしているようで、今度は従業員だった人が訴訟を起こすと言っています
八方ふさがりです
愚痴っぽくなってしまいすいません
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
深刻な方向に進んでいますね。

この場合の当事者は、私の視点では奥様になります。
ご記載を拝読する限りでは妄想性障害の域に十分に達しており、かつ病識(自分が病気だという認識)がありませんから、半ば強制的な的な方法で医療に繋げる必要があります。
相談者様の責任としては、まず奥様を精神科受診させることが必要ですし、そのためには前述した1)~3)のオプションが考えられます。

一方で、元従業員の方への誠実な対処も行わなければなりません。

いずれにせよ、弁護士を頼られた方がいいかもしれませんね。
奥様のご両親はこの件に関してどのようなスタンスですか? 奥様に取り込まれてしまっているのでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
3)のオプションを選ぶには勇気が必要です
子供も3人お りますし、できればソフトランディングさせたいのですが・・・
以前、嫉妬妄想のことを話したことがあります
その時の妻の対応は『私をきちがい扱いしている』というものでした
強制的に受診させるタイミングをどう計ればいいのか悩んでしまいます

両親は・・・
半ば取り込まれているという所でしょうか
特に母親はそうです

余談ですが、昨年の10月に父が亡くなりました
私と同じ獣医師で、従業員の方とも仲良くしており『彼女がいれば大丈夫だ』と全幅の信頼を寄せておりました
その父の葬儀後の直来の時に、従業員の方に受付を頼んだのですが、彼女を見た妻は、突如として不機嫌になり、直来が始まるやトイレに駆け込み、終わるまで泣き通し
妻の父に懐柔を頼みましたが、『ああなってしまうとどうにもならない』というばかり
翌日になって、説諭するのかと思いきや、一緒に温泉に出かけていきました
そんなエピソードも付け加えさせていただきます
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
若干、思い描いていた構図とは違った展開になってきたような気がいたします。

最後のパラグラフのお義父様の言葉、『ああなってしまうとどうにもならない』ですが……
以前にも同様のことがあり、それで奥様の妄想的な思い込みは言って聞かせてもどうしようもないものだということがお義父様にはわかっていた、というふうにもとれます。
その後の行動も含めて、奥様とそのご両親の行動はあまり常識的ではないですよね。相談者様のお父様が亡くなった後、そのタイミングで温泉旅行にいくというのは。

奥様の妄想的思い込み、もしくは妄想は、例えば相談者様とのご結婚前から時折は認められていたものなのでしょうか?
この件について奥様のご両親と話をしたことは?
質問者: 返答済み 5 年 前.
温泉は日帰り温泉でしたので、東京からはるばる来たので許容範囲と考えていましたが、そう言われたらそんな気もしますね
妄想があったとは認識していません
両親とも、そう言ったことが過去にあったかに関して話したことはありません
妻とは大学時代につきあい始めたのです
彼女は1年生、私は2年生でした
それ以来、くっついたり離れたりを繰り返しながら来ましたので、きちんとお付き合いしたのは私だけだと思っています
若い頃は嫉妬など無かったのですが、加齢によって自分自身に自信が持てなくなってき ているのかとも思っていました
私にとっては十分魅力的な女性なのですが
若い従業員に嫉妬していると言う状況は初めてのことですし、そのような環境も今までありませんでしたから
過去には、そのような妄想はなかったと思います

しかし、幼児的な思考は持っており、『遊びに連れて行ってくれない』『もっと一緒にいて欲しい』という理由で突然怒り出すことはありました
その度に、落ち着いて話をし、少しずつ改善はしてきました
しかしながら、彼女が心に秘めている要求を、自分から口に出すことはありませんでした
『今度○○に遊びに行こう』などと誘われたことはなく、依存心が強いのだと勝手に解釈していました
その幼さがかわいい部分であったのも事実です
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
了解しました。
それでもやはり『ああなってしまうとどうにもならない』という言葉は気になりますね……

考えていたのは、奥様のご両親やご兄弟(がおられたとして)助けになってはもらえないか、ということでした。
例えばお義父様に、現在の状況をどのように理解しているかを尋ね、奥様が信じ込んでいるような事実はなく、その思い込みは妄想の域に達していて、このままだと仕事も家庭も破綻するのでオプション3)を採らざるをえないかもしれない、そうしないために協力してもらえないだろうか、と話を持ちかけてみることは可能でしょうか? その場合、お義父様はどのような反応を示すとよそうされるでしょうか。
過去に思い込みや妄想に基づく言動がなかったか、『ああなってしまうとどうにもならない』とはどういう意味であったのかを尋ねてみる必要もあると思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
妻には兄がいます
義兄夫婦は両親との関わりを一切絶っております
義兄の妻に対する両親の理不尽な振る舞いや言動が原因と聞いております
その多くは義母によるモノと思っています
義父は、それほど非常識な人ではないのですが、義母は思い込みがひどく言葉の表現が稚拙なため、トラブルメーカーであることは 昔から分かっていました
話しをするとすれば義父だと思います
その際に、精神科のドクターに相談したという話しをせざるを得ないと思いますが、その際はなんというドクターに相談したと話せばよいでしょうか?
また、義父の発言の意味も再度問うてみますが『昔からカーッとなると』といった話しだったと記憶しています
反抗期のことが重なったのか、それとも違う要因なのか、話を聞いてみたいと思います
質問者: 返答済み 5 年 前.
また、その際にNetで相談という言葉は70歳近い義父には受け入れがたいものかもしれません
実際に精神科のドクターに相談したという程度の虚飾は許される範疇でしょうか
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
この業界内では、「他人の家庭の事情はいつも複雑」というのが経験則になっていますが、相談者様のご親戚関係も、お聞きすればお聞きするほど色々と出て参りますね。

こうなると、奥様はお義母様似なのだと考えるべきでしょうね。
一般的な範囲で思い込みが強いとか自分の思いを言葉にできないといったくらいで縁切りくらいにはならないでしょうから、お義姉様が常識的な方だったと仮定すれば、お義母様はかなり奥様に近い部分をお持ち合わせなのではないでしょうか。なので今回も妄想に取り込まれるというよりは共鳴しているといった感じなのでは。

逆に考えれば、お義父様は奥様が、母親似なのだということを理解したうえで『ああなってしまうとどうにもならない』と仰ったのかもしれません。相談すれば一定の理解を示してくれる可能性は大ですが、どこまで力になってくれるかとなると期待はできないかもしれませんね。

基本的に私は、病識のない患者様を治療に導入するためならば、かなりのところまでの方便は許されると思っています。
嘘は良くありせんが、「知り合いの精神科に相談してみたんだけど」程度の枕詞は許容範囲内でしょう。決して嘘ではありませんし。

ところで、お義兄様と相談者様は接触はないのですか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
今は接触はありません
別に中が割ると いうわけではありませんが、両親とそう言う関係ですので兄妹の絆は強まっているようですので、あえて話しはしていません

義父に電話で話をしてみましたが、『娘が悪いって事か』とお怒りのご様子でしたし、時間をおかずに折り返し妻に電話を入れたのは義母ですが、妻から『またひどいこと言ったんだって』と言われましたので、協力は得られそうにありません

今も話しをしておりましたが、『あなたに愛されていないことがよく分かった』と言うばかりで、『どこでそう思ったか』と言う問いに関しては直近の言葉尻をとらえるばかりです

オプション3に離婚をちらつかせる事が必要なのでしょうか?
ちなみに、私は宮城県に在住しています
その際に、どちらの精神科医につれて行けばいいのかアドバイスをお願いします
同業の先輩で、奥様が精神科に行ったら離婚するようにとミスリードされたケースがありますので不安です
よろしくお願いします
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
これだけ四面楚歌だと3)は選択しにくいですね。

宮城県で精神科といえば東北大系のレベルが高いのですが、この場合は近医が相談者様に理解を示し、奥様とも良好な関係を作ってもらえるのが理想的なので……
1)はいかがでしょうか。とにかく、相談者様の側についてくれる人々を確保する必要があります。

並行して病院の運営を行わなければなりませんが、例えば男性を事務員として雇い入れることは考えられていないのですか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
公的機関を利用するという事ですね
小さい町ですので、あっという間に噂が広がるのでしょうが致し方なしと言ったところでしょうか
それも不安です

病院に男性事務員 と言うことも考えています
諸先輩方のアドバイスでは、犬猫を飼っている方は女性の割合も高いので、狭い診察室で男性2人相手では話しにくい面もあるからとも言われています
それもそうだとは思っています
さらに、病院内には部外秘という情報も結構多いので、誰でもと言うわけにも行きません
前の従業員の方は、条件さえ整えば戻ってもいいと言ってくれていましたので、不倫などという噂を払拭するためにも、それがベストな選択かとも思っています
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
確かに、小さな街なので……というご懸念はおありでしょうし、それはかなりの部分当たっているのだとも思います。しかしそれならばなおのこと3)は最終選 択肢ということになりますし、だからといって何もアクションを起こさなければじりじりと事態は悪い方向に向かっていく可能性が高いのではないかと思われます。100%の好結果が得られると保証可能な選択肢を提示できないのは心苦しいのですが、そろそろ何かアクションを起こす頃合いなのではないでしょうか。


従業員(アニマルナースというのでしょうか)の性別に関しては、我が家でも犬と猫を買っていて何かあったときに病院連れていくのは妻ですので、その先輩が仰っていることは理解できるような気がいたします。
ただ、(本気度は高くないのかもしれませんが)訴訟の話まで出ているようなくだんの女性を再雇用するためにはかなり高いハードルをこえなければならないのではないでしょうか。最低、奥様からその女性への謝罪は必要なのではありませんか?
色々な意味でその女性を再雇用できるのがベストというのは、それはそうなのだろうと思いますが、そのためには奥様の嫉妬妄想の改善が必須でしょう。ということで議論は最初に戻るのですが、この循環を止めるためのアクションを相談者様がリスクをとってでも起こすべき、というのが現時点での私の見解です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
わかります
心療内科に行くときもかなり勇気が必要でした
まずは私1人で精神科に相談に行ってみます

相談なのですが、こちらに一時的なmailアドレス、いわゆる捨てアドを載せて、それを回して病院をご紹介いただくと言うことは可能でしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

まず、このサイトはアドレスを掲載できません。以前にも直接連絡が欲しいという相談者様がおられましたが、xxx@yyyのようにマスクされていました。サイトの規約でも禁止事項になっているようです。

 

病院については、宮城県では土地勘が無いので紹介は難しいです。それに関してはオプション1)を用いて地元、もしくは近隣の医療機関を紹介してもらうのが良いでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.
わかりました
ムリかなとは思っていましたが残念です

アクションを起こさずに、できれば当人同士の話し合いで理解が得られればと思っておりましたが決心がつきました
精神科に行って話してきた内容などの相談にも乗っていただけますでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

それは勿論。

ただ、このスレッドはいったん終了ということにしていただければありがたいです。

 

また、受診後は、あくまでセカンドオピニオンを提供できるに過ぎず、治療を含めた方針は主治医となった先生のものが優先される、ということをおふ含みおき下さい。

 

健闘を祈っております。

質問者: 返答済み 5 年 前.
終了にして、次のアドバイスをもらいたい時に、猫山先生が登場する前にあの絨毯爆撃が入るのはいやなんですが・・・
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

それに関してはJustAnswerにクレームを入れて下さい。

私も再三申し入れていますし、他の相談者様で、自殺に繋がりかねないケースまであったので、lifechanging氏の専門家認定を取り消すよう、さきほど連絡をしたところです。

 

加えて申し上げれば、他の相談者様への回答にかかる手間と報酬とのバランスの問題も考慮する必要があります。

平均、2~3回のやりとりで回答が承諾され、報酬をいただいていますので。

質問者: 返答済み 5 年 前.
わかりました
この度は、親身になって話を聞いて頂きありがとうございました
私もようやく精神科に足を運ぶ決心がつきました
先ほど隣町の古くからある精神科に連絡を取りました
隣町と行っても、近所の方もお勤めになっていますので、すぐに話しが狭い町に飛び交うことになると思いますが、妻の通院のことを考慮して、近いところにしようと思います
院長先生は、東北大学出身だそうです
本当は猫山先生に診察いただければ一番いいのでしょうが
本当にありがとうございました
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
どういたしまして。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14293
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問