JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DrAkiraOlsenに今すぐ質問する
DrAkiraOlsen
DrAkiraOlsen, 心理学博士・サイコロジスト
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 0
経験:  慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
46062601
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
DrAkiraOlsenがオンラインで質問受付中

現在精神科に通っており、薬を処方してもらっています。私は、完璧主義者で特に人前でみっともない姿はさらしたくないという

質問者の質問

現在精神科に通っており、薬を処方してもらっています。私は、完璧主義者で特に人前でみっともない姿はさらしたくないという思いで、外出中は常に薬を飲んでいます。大学時代は家半分、学校半分の生活で薬は2~3個で済んでいたのですが、社会人になり起きている時間の大半が会社なので薬が6個に増えてしまいました。担当の先生は 6個といっても弱い薬だから、体に悪影響はほとんどないよ。と言ってくださります。
しかし、常に薬の時間を気にしていたり、薬に大部分の時間を取られます。
このままでは、仕事もうまくいかないし、私生活もひとりっきりのままなので、どうにかしたいと考えているのですが薬をやめるのが怖いのです。やめるとさらに薬が気になり、ほかの何にも手を付けられなくなるからです。
どうしていいのかわからず、悶々としながら日々を過ごしています。何か僕に踏み出せる一歩はないのでしょうか
無茶苦茶な質問ですいません。どうかよろしくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
ご質問頂きましてありがとうございます。
やはり、薬に気になって仕事が出来ないのは気持ちが安定しないと思います。
また、本当なら薬には頼らないで生活できるのが一 番かと思います。
症状としてはどういった症状でしょうか?
いきなり薬をやめると、体の影響よりも、不安な気持ちのほうが
大きくて体に影響するかもしれません。
1つ安心してほしいことがあります。
それは、薬の成分は全て、あなたの脳から分泌できるということです。
今薬を飲んでいるのは、それを脳から出していないからにすぎません。
しかも、脳から出すほうが、副作用がなく、純度は100%でとても効果的です。
そして、その脳から分泌させる方法はありますし、全然大変なものじゃありません。
もし、あなたが薬から解放されて、自分で自分をコントロールしたいなら
それを一緒にやっていきましょう。
まずは、どういった症状に対して薬を飲まれていらっしゃるかを教えていただけますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとございます。 薬の成分が自分の脳から分泌できるものとは 全く知らず考えもしませんでした。なにか少し気が楽になりました。

症状としては、薬を飲み始めるきっかけとなったのは、学校の授業中激しい不安に襲われたり、人としゃべるのに異常に緊張してしう。という、対人恐怖症的な症状です。一時期は電車に乗るのが苦痛で片道2時間の通学で心身が疲れ果ててしまう状態でした。
今はだいぶ改善され、電車は音楽や学習の有意義な時間ですし、人とコミュニケーションをとることに楽しみを感じるようにもなりました。しかし、まだ 夜の飲み会など卓を囲んで楽しく話をする場などは「自分が憂鬱になり、その結果、その場の空気を壊すのではないか」という、不安を感じてしまいます。
また、いまだによくあるのは、視界に入る人を異常に意識してしまうことです。見たくないのに見てしまうといった感じです。これは症状としてはあるのですが。特に苦痛だと思うことは少ないです。
(段々改善されてもいます) しかし、実際この症状に対して薬を飲んでいるというより、薬があれば大丈夫だろうという安心感を求めて飲んでいるという方が正しいと思っています。 長々とすみませんがよろしくお願いします。
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
お返事を頂きましてありがとうございます。
そうなんですね。では、どんどん改善されてるということですね。
薬を飲むことによって得られる安心感と、飲まないことによって得られる不安感では、また脳から出る物質が変わるので、体にも影響が違ってきます。
例として、プラシーボ効果のは聞いたことはありますか?
患者には知らせずに、いつも出している薬とそっくりに砂糖を固めて、出すようにしてたら、病気が治ったというケースや、
いつも80kgで筋トレをしていて、トレーナーの人が間違えて90kgに設定してしまい、本人は「あれ、いつもより少し重いな」くらいの感覚で、終わってみたら今まで出来なかった90kgを持ち上げてしまっていたケースなど、
この例で、人間は、本当は薬はなくても、ただ薬を飲んでいるという安心感だけで病気を治したり、自分は持てないという制限を外しただけで持てるようになったりと、自分で自分の能力を制限していることと同時に、本当に凄い力を持っているということが分かります。
なので、あなたにもこれだけの力があることを、さわりだけでも分かっていただきたいことと、また、それだけ改善されただけでも素晴らしいと思います。
1つ気になったのが、完璧主義者というところですね。
完璧主義という人ほど、こういった状態になりやすいと思います。
なぜなら、完璧主義というのは、自分は完璧じゃない、ということを穴埋めするために行動をするということが分かりますか?
なので、自分の物指しで、これは完璧じゃないと思ったら、それを埋めようと行動します。
ここで一番大事なのは、完璧というものは存在しないことを理解して頂く事です。
完璧は存在しますか?
例えば、マラソンをしていたとします。その人が完璧主義者だったとします。すると、
「1位にならないと完璧じゃない」といって行動します。必 死で頑張って1位になりました。
そこで「自分は1番だ」と納得したとします。
すると、次に全国クラスで1番の相手がいたとします。すると、「自分は1番なんだから、ここでも1番にならないといけない」と、必死に頑張ります。
そこで1位になったとします。
次に、国体でも1位のやつを見て、「自分は1番なんだから1位にならないといけない」と思って、必死に頑張ります。
そして、次々と他の1位になっている人に勝ちたくて頑張ります。
これは、普通のことに見えるかもしれませんが、よく考えてみて下さい。
これに終わりがないことと、常に自分で自分を脅迫していることを。
完璧というのは、完璧じゃない自分に対しての穴埋めの行為なので、
1つの穴埋めが終わったら、また次の穴埋めを探して埋め始めます。
この行為には、終わりはありません。なぜなら、自分の物差しには
限度はないからです。
そして、自分のこの状態は完璧じゃない、だから完璧に
なるためにこれをしなければいけない、と行動して、
終わりのない自分の脅迫をし続けることになります。
なので、あなたの完璧主義の部分をなくすだけで、かなり
あなたの人生が楽になると思います。
その原因は、大体は子供の頃、親や親戚や友人の前で、恥ずかしいことはしてはいけない、などと育てられたところから始まっているケースが多いです。
完璧主義を無くすと、ありのままの自分でいることを自分で許すようになります。
ありのままの自分を許せるようになると、場の空気を壊してもいいやって楽になれるはずです。
楽になるほうが、憂鬱に入ることはないのではないでしょうか。
逆に、「自分はこうでなければいけない」という自分の中での理想像に対しての完璧主義が、普段の自分と理想の自分のギャップの穴埋めに疲れて、憂鬱になるという悪循環になっていると思います。
なので、まずは完璧主義になった原因を探して、見つけたらその頃の自分を思い出して、その完璧主義にならないといけないと思った自分と見つめ合って、その小さな自分を抱きしめてあげて下さい。そして「自分は完璧主義じゃなくてもいいんだよ」といってあげてください。
まずは、ここまでやっていただけますか?

精神科 についての関連する質問