JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
lifechangingに今すぐ質問する
lifechanging
lifechanging, メンタルセラピスト、パーソナルコーチ
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 122
60654123
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
lifechangingがオンラインで質問受付中

11

解決済みの質問:

鬱と診断されてから11年たちます。何度か転勤などのたびに病院が変わっているのですが、今のクリニックでは多量の薬物投与、サプリメントの紹介よかされて自分ですごく悩んでいます。薬物投与はかまわないのですが、薬漬けになってしまうことに不安です(現在飲んでいる薬とサプリメント:朝昼夕デパス1錠,朝夕デプロメール1錠ずつアキリデン1錠ずつ。夕のみパキシル1錠、睡眠前:トリプタノール3錠、レモナミン1錠,パルレオン2錠,)です。薬以外の対処法を中心にかかれるクリニックはないものでしょうか。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  lifechanging 返答済み 6 年 前.
ご質問頂きましてありがとうございます。
薬以外の対処法はあります。それは、あなたの脳を活用する方法です。
脳には、病院で処方される薬やサプリメントなどと同じ効果のある物質を放出することができます。脳から出る分泌液は、副作用もなく、純度も100%なので、薬よりも体にはとても良いです。なので、脳を使うことが出来るようになれば、薬は不必要になると思 います。
また、これは簡単なことで出来ます。
ですが、それにはあなたのちょっとした頑張りと協力できる心が必要です。
ただ、今の薬が必要な体を薬がなくても大丈夫なようにゆっくりと調整していくだけなのですが、それだけでも、鬱の方で、やる気が起きないからやりたくないと言う方も結構いらっしゃいますので、もしあなたが本当に今の状態を変えたいと思っているなら、お教えいたします。
質問者: 返答済み 6 年 前.

質問にご回答ありがとうございます。

先生のお話をうかがって、希望が見えてきました。

現在は精神状態はうつとは思えないとほかの人からも言われていますし、おっくうがるようなこともありません。

脳からの物質といいますとセロトニンとかアドレナリン、ドーパミンに関するお話でしょうか。

できれば詳しいお話を伺いたく存じます。

専門家:  lifechanging 返答済み 6 年 前.
ご返答頂きありがとうございます。
そうですね、では、うつに見えないぐらい元気になってきた、ということでしょうか?
そうであれば、1つの原則があなたの中で変わってきたんだと思います。

それは、「痛みを避けて快楽を得る」という原則です。
どんな人間でも、これに従って生活しています。

なので、もし、あなたが薬漬けは嫌だ、という気持ちが、うつという状態よりも痛みに感じるようになり、うつが治ってきたのではないでしょうか。

脳からの物質は、ドーパミンやベータエンドルフィンなどの快楽物質を意図的に放出させることによって、効果を発揮していこうというものです。

もし、ご協力頂けるようであ れば、これからお伝えする方法をやってみてください。

●1日に笑う回数を増やす
笑うことにより、エンドルフィンという快楽物質が分泌されます。また、ガンを治す効果のあるインターフェロンなども分泌され、これを知っていた医者は、ガンになったときに1日中笑ってガンを意図的に治した実話があるほど、笑う効果は実証済みです。

子供が1日に笑う回数は、1000回以上に上りますが、大人は15回ほどしか笑わないというデータも出ていて、これが10人に1人がうつになっている原因の1つであるといっても良いと思います。

また、笑いは無理やり笑ってもエンドルフィンが分泌されます。
面白くないけど、笑顔にしていると、脳が反応して、面白いことを思い出させる作用があります。なので、声をあげて笑うことが辛ければ、口角をあげているだけでも、次第に効果があると思います。

2つ目に、

●自分の目標を見つける

自分のやりたい目標を見つけて、それに取り組んでいけば次第にうつに入る回数が減っていき、うつという状態を体が忘れていくと思います。
一番良いのは、他の人を喜ばせる、楽しませる、助けるなどの活動をすると、他の人を助ける一心で、うつになんかなってられないっ、とエンジンがかかるはずです。
例えば、今のご自分のうつの状態よりも重たい状態にいる人を自分がこの方法を試して、うつを治して、その人も治してあげたい、など、そういったものがあれば、より治りは速くなると思います。

まずは、これらは出来そうですか?
質問者: 返答済み 6 年 前.

ご返答ありがとうございます。

周りの人を喜ばせ、笑顔になる、ということは常に心がけています。

こういう状況にうつが似合わないというようになってきたんでしょうかね。

専門家:  lifechanging 返答済み 6 年 前.
ご返答ありがとうございます。
そうですね。それが定着し、次はどうやって人を喜ばせようかなぁって考えるようになれば、うつになることはまずないと思います。
なぜなら、うつというのは、自分と他人を切り放して考えて、自分のことだけを考えた結果、目標のない自分の人生に嫌になる状態だからなんですね。
なので、他の人を喜ばせるようになれば、自分と他人を切り放 して考えることはなくなるので、だんだんと良くなっていくはずです。
後は、目標ももっと人を喜ばせて自分の楽しめるようなことを考えてみてはいかがでしょうか。
また、薬は今飲まれているものを一気にやめると、不安が体に影響があるかもしれないので、ちょっとずつ量を減らしていくと良いかと思います。

では、もうそういったほかの人を喜ばせるということをやり始めていたのですね。
素晴らしいことですね。
質問者: 返答済み 6 年 前.
ありがとうございました。承認させていただきます。承認する場合にはどうすればよいのでしょうか。
専門家:  lifechanging 返答済み 6 年 前.
ご返答頂きありがとうございます。
では、これで回答とさせて頂きますので、この後に承認するボタンが出てくるかと思いますので、お願いできましたら幸いです。
また何かありましたらお気軽にご連絡下さい。
この度は、ありがとうございました。
lifechangingをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問