JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

重症になってからうつ病と診断され、四年間の薬物療法でようやく普通に過ごせるところまで回復してきました。闘病生活ですっ

解決済みの質問:

重症になってからうつ病と診断され、四年間の薬物療法でようやく普通に過ごせるところまで回復してきました。闘病生活ですっかり体力が落ちたこともありますが、いまだに頭が疲れやすいというか、朝、昼、夕方と仮眠を取らないと辛くなります。また、頭が全く働かない状態の時にされた言葉のいじめへのトラウマがあってか、否定されるような言葉を受けるとつい攻撃的な発言をしてしまいます。それに疲れてまた気力が無くなるという悪循環で今後の仕事が不安でたまりません。対処方法はないのでしょうかアドバイスいただけると助かります。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
ご質問頂きましてありがとうございます。
重症の状態から、4年間で普通に過ごせるまで回復されたのは、とても素晴らしいと思います。対処法はあります。ですが、あなたの協力とやる気が少し必要です。
鬱の状態は確かに辛い状態ですが 、それでも出来る方法を伝えても、やる気が出ないといってやらない人も私のところにはこられるんですね。
なので、簡単なことなのですが、続けていただけるのであれば、お伝えいたします。
それには、今のあなたの現状を本当に変えたいと思う力が、めんどくさいという力よりも強ければ可能になってきます。
これは、ただ考え方を変えるエクササイズなので、少しのやる気があれば出来ます。
なので、もしやれそうであればご返信下さい。
また、強制じゃないのでただ聞いてみるというだけでも大丈夫です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご返事ありがとうございます。
現在は、ノリトレン、サインバルタ、デジレル、ヂラーチンを服薬しています。だいぶ症状が改善してきたので、ノリトレンを無くしサインバルタを試していたところ、重症になる前の兆候症状(肩甲骨の間の背骨の違和感と車 酔いのような吐き気、脳の疲労感等)が出てきたので、ノリトレンを戻して対処しています。
自分では精神疾患にも効果があるとする整体に通ったり、DHAやイチョウの葉エキス、滋養強壮の漢方等のサプリメント、肩こり薬を摂っています。運動もやろうと一時期はウオーキングをしていましたが、脳が疲れるとどうしようもなくなるので、特に何もやっていません。
この四年で職場での昇進の道は閉ざされましたが、私にはまだ面倒をみなければならい子や親がおりますので、どうにかスキルアップを図り、生活を安定させていける状態にしたいと思っています。
ただ、長い闘病で蓄えがほとんどない状態なので、ご配慮いただけると幸いです。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
初めての利用ですが、何か手順を間違っているところとかあるのでしょうか。
それとも、カウンセリングを受ける態度に問題があるのでしょうか。
何の応答もないので、大変不安なのですが、担当するかどうかだけでも連絡いただけると助かります。
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
ご返答頂きありがとうございます。いえ、私用で空けておりました。私は、あなたを尊重していますので、あなたの対応であなたを一切裁きませんので安心して下さい。また、前向きに検討していただきありがとうございます。スキルアップをサポート致しますね。

まず、整体に通ったり、漢方系のサプリメントの摂取は素晴らしいと思います。このような東洋医学は副作用も依存症もほぼないので、自己治癒力を高めるのに最適だと思います。

では、私が教える方法をこれから説明していきます。

まずは、疲れるというところを調整する方法として、
疲れるときに使っている自 分自身のコミュニケーションを見直していきたいんですね。

というのも、疲れるというのは、自分とのコミュニケーションを
変えることで疲れなくさせることが出来ます。

それには、3つの方法があります。

1.体の使い方を変える
2.言葉の使い方を変える
3.イメージを変える

人間の体はこの3つの使い方によって状態を変えることが出来ます。
また、鬱というのも、状態です。なので、この3つを変えることで
鬱が治った人は沢山いるほど効果的な方法です。

ここまで信じていただけますか?これは普通のカウンセラーは
知らないような、世界トップのセラピストなどしか知らない
テクニックなのですが、この方法を話しても、これを信じてくれない
方は、実行されないので、せっかく教えても意味がないといったことも
ありますので、まずはここまで信じていただけましたら幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
返答ありがとうございます。望みが持ててホッとしました。

私が身体をもって回復できるんだと証明することが、職場で悩んでいる方への希望になれればとおもっています。どうかご指導の程よろしくおねがいいたします。
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
ご返答頂きありがとうございます 。
職場でも、同じような状態で悩んでおられる方がいらっしゃるのですか。
もしそうなら、あなたはその人へ貢献したいという気持ちは、大きなあなたの力になります。それは、自分を良くしたい、ということよりも強く働きます。
なので、ぜひそのお気持ちをもっていてください。

ここからはゆっくりやっていきましょう。
まずは、疲れやすいという状態を改善していきましょう。

疲れ、眠気、というのは、大きく見ると、食生活に関係があります。
今の食生活を教えていただけますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
これまで 土日にもサッカーをしたりと身体を動かしてきた人間が、この四年間を含む十年全く身体を動かせなくなったことから、15kgも増えた体重を落とすために控えめに食べているつもりです。

朝は菓子パン一個とミルクコーヒー一杯。
職場に着いてから、気を落ち着ける為にコーヒーを一杯。
九時頃血圧いいとされているヤクルトプレティオを一つ。
お昼は、ヤクルト気になる野菜とコンビニおにぎり一個。
3時にコーヒーを一杯。
自宅に帰ってから、沖縄の揚げ菓子サーターアンダギー一個とコーヒーを一杯。
夕飯は、調整の為、油は少なめに豚肉、魚、牛肉、鳥肉、それ以外と同じ系統が続かないようにして、野菜ものと味噌汁と一緒に量は普通に摂っています。夕食後に補助食品としてサプリメントを飲んでいます。

これらを一年近く続けて、8kg体重を落とすことができました。
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。
8kg落とせたのは素晴らしいですね。
今、疲れたり眠くなったりするのは、何かを食べてから1時間くらい経った後ではありませんか?
今の食生活に、水を1日2リットル以上を飲むということを
最初は500mlからでも良いので入れること は出来そうでしょうか?

本当に理想的な食生活を下に書きますが、一気に取り組まなくて大丈夫です。

・水は1日2リットルから4リットルを飲む
・食事は、朝は果物だけ、昼は野菜大盛りと炭水化物かタンパク質を一品、
夜も野菜大盛りと炭水化物かタンパク質を一品、夜食は果物
・運動は、週3回30分以上の軽い有酸素運動、
1週間に1回の筋トレ、

これが習慣になれば、疲れることが体の構造上、出来なくなってくると思います。
つまり、毎日エネルギーにあふれる状態になり、私もこれを実践して体感しています。

まずは、出来そうなものからゆっくり取り組んでいってみていただくと
自分にはこんなにエネルギーがあったんだ、と実感できると思います。

炭水化物(ご飯やパン)とたんぱく質(肉や魚)を一緒に食べると
眠くなるのは、それだけ消化するというプロセスが、体に負担を
かけているからなんですね。

なので、野菜をいっぱい食べると消化が非常に楽になるので
体が喜ぶようになり、元気が出てきます。

まずは、出来そうなものはありますでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
水は熱中症対策でチビチビとは摂っていますが、500mlから1ℓぐらいだと思います。
甘いのが好きなので、ストレスにならないようパンを菓子パンにしてみたりするのですが、そろそろ変えなくてはと思っ ていました。一時期流行ったバナナダイエットも結構続けていましたが、かえって体重が増えてしまった苦い経験もあるのですが、朝はどんな果物が理想なのでしょうか。
また、私のこの脳の疲れもこの食事を心がければ改善へ向かうとの理解でよろしいでしょうか。
とりあえず、水、果物、野菜を多くと、体を少しずつでも動かすことを心がけて生活してみることにします。早速、今日は鳥のササミとトマト、キュウリの胡麻和えサラダとスープにしてご飯は抜くことにしました。
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.
ご返答ありがとうございます。
そうですね。この食事のポイントとして、ストレスにならない程度からだんだんと始めていって下さい。一気にやることが出来るならそれでいいですが、いきなりやるとストレスになると、逆効果になることもあるので、できれば適度に果物や野菜の種類を変えるなどバリエーションを変えながら楽しんでやって下さい。
朝の果物は何でも良いです。毎日1種類だと退屈になってくると思うので、自分が楽しみながらおいしく食べれる果 物なら何でも大丈夫です。また、これにより果物は消化しないので、消化負担による眠気は生理的に起こらなくなるはずです。

さっそく素晴らしい試みですね。そのように、ササミとご飯は一緒に食べなければ、消化の負担はとても軽くなるので、眠気や疲れは減ってくると思います。

そして、なんか眠いなぁと思ったときに、水を200ml~500mlを1回でゆっくりでも飲むようになれば、眠気はなくなっていくと思います。

人間の体は70%近くが水分なので、現代人はほぼ90%以上が水分不足として、エネルギーがない状態で過ごしているんですね。なので、毎日水分の多い野菜、果物、水を増やしていけば、みずみずしい状態でエネルギーが湧いてくると思います。

また、脳の疲れは食事で改善される部分もあると思いますし、それだけが原因なら、食事で治ると思うのですが、もしストレスや感情によるものも含まれているようなら、それ以外で、感情のコントロールも併用してやっていくと効果的だと思います。

感情をコントロールする方法は3つあります。それは

1.言葉の使い方
2.体の使い方
3.イメージの仕方

これらを変えることで感情は簡単に変えることができます。

脳の疲れを感じるときは、この3つはどういった使い方をしているでしょうか。
まず、それが分かれば脳が疲れているときにこの3つのどれかを変えるだけで
大分疲れは軽減されると思います。

また、2の体の使い方を変えるということで、水を飲むことも当てはまるので、特に疲れているなぁと感じるときに、さっきみたいに水を200~500mlを1回でゆっくりでも飲むことで、体の生体内化学反応が変わり、脳の疲れが取れるかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:セカンド オピニオンを希望
横になってばかりの状態から少し気力が出てきたところです。できれば遠回しでない具体的なアドバイスをいただけると助かります。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。
9月からこのサイトで専門家として活動しています。

lifechanging氏との不毛なやり取りで随分と時間を浪費されましたね。
この方はJustAnswer日本語サイト立ち上げ時のどさくさで専門家になったようで、どうとでもとれるアドバイスで荒稼ぎしていたようです。
9月末くらいに、きっちり追放しました。

さて、
①ノリトレン、サインバルタ、デジレル、ヂラーチンをご服用されているとのことですが、これは今でも変わっていませんでしょうか? であれば、それぞれの1日服用量を教えていただけますか?

②チラージンを服用されているのは甲状腺機能低下症があるのでしょうか? それとも抗うつ薬の効果増強のための処方でしょうか。

③差し支えなければ相談者様の年齢と性別、社会的立場(会社員、学生、主婦、etc)も教えてください。

④薬物療法以外に受けている治療(カウンセリングなど)があれば教えてください。

⑤現在、何時に寝て何時に起きる生活をされていますか?

上記①~⑤について確認させていただければ幸いです。

なお、以降の回答は27日朝か、夕方以降になります。ご了承ください。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
猫山先生
お世話になります。
①薬の服用につて
ノリトレン錠10mg × 2錠 × 3回(朝昼夕食後)
ガスモチン錠5mg × 1錠 × 3回(朝昼夕食後) 乗り物酔いのような吐気を伝えて。
サインバルタカプセル30mg × 2カプセル × 1回(朝食後) 症状が和らいだ頃、新薬を試してみましょうと。
チラーヂンS錠25× 1錠 × 1回(朝食後)
デジレル錠25 × 1錠 × 1回(就寝前)
②チラーヂンについて
甲状腺機能低下のためではありません。怠さが取れない症状を伝えたところ、
元気を助ける薬として処方いただいたものです。
③自己データ
49歳 男性 公務員(嫌わないでください)
妻と子4名(3名は独立) 母と義父母
④治療
2月に1回1時間程度、産業カウンセラーのカウンセリングを受けています。
⑤睡眠
23:30就寝〜6:00起床
朝食後身支度を整え、新聞を読み終えたらから15分〜30分程度仮眠
職場では昼休みに15分〜30分程度仮眠
帰宅後食事の準備が整うまで30分〜45分程度仮眠
夕食、メールやTwitter調べものをしたら22:30頃まで仮眠
というようなひと作業毎に仮眠を挟みながら何とか過ごしています。
以上のようでよろしいでしょうか。
この頭の筋肉疲労とでもいうべき疲れが取れてくれないものかと、フリーターの子らや
癌治療中の義父を抱える中で大変悩んでおります。
ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
追加情報ありがとうございます。

別に公務員を嫌う根拠はありませんが(笑)。私も地方公務員(市立病院勤務医)だった時期がありますし。

まず生活リズムは問題ないですね。むしろ理想的です。
カウンセリングを受けられているのもいいです。やはり精神科の病気はお薬だけではないので。

ただ、問題があるとすればお薬の方です。

まず、チラージンですが、甲状腺機能低下症でもないのに甲状腺ホルモンを摂取しているということは、甲状腺機能亢進症気味になっている可能性があるということです。
甲状腺機能亢進症の症状の一つが疲労感であることを頭の隅においておくことでしょう。定期的に甲状腺ホルモン値の検査は行われていますか?

後はノリトレンとサインバルタですね。
ノリトレンで良くなって、サインバルタに変えようとしたら調子が崩れたのであれば、サインバルタを引っ込めてノリトレンに戻せばよいのです。
抗うつ薬の2剤併用はあまりお勧めできませんし、ノリトレンの量が中途半端ですね(1日75㎎以上は使いたいですね)。

チラージンを(効いていないのであれば)中止して、サインバルタも漸減・中止、ノリトレンを副作用で増量できなくなるところまで増量すべきだと考えます。

ご記載から判断しますに、相談者様が「頭の筋肉疲労」は、①うつが完全に良くなりきっていないことによる思考抑制と、②4年のブランクで生じた「精神的な体力の低下」だと思われます。

②については、身体の体力が落ちるように、社会生活のブランクが長いと、ある種の精神的な能力、特に人間と関わる能力が低下するのです。
健常時には何気なくこなしていた人づきあいが、意外に気を遣うものだと気付くと、半年以上のブランクがあった患者様の多くが仰られます。
ただこちらは、カウンセリングを受けながらお仕事をしていることがそのままリハビリテーションになるでしょうから、時間が解決してくれる問題です。

問題は薬物療法で、病気の部分がきっちり良くなり、リハビリに支障が出なくなるように、主治医には十分な治療を行ってもらいたいところですね。
サインバルタは確かに新薬ですが、効果そのものはノリトレンの方が高いのです。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
確かに、面接や電話での応対 後は以前にはなかった疲労感がありますし、
外回りの後に至ってはグッタリ(口撃ばかりなので)で、帰宅してしばらくは
起き上がれません。身体を鍛える努力をした方がいいのでしょうか。
それともこれまで通りひたすら休むことでいいのでしょうか。何か許してもらえない
ような状況になってきていて正直焦っています。

サインバルタについても、高価なこともあり減らす方向でとは思っているのですが、
なかなかキチンと言えないでいます。
甲状腺の検査は3月に1回ぐらいでしょうか、医師の指示で同クリニックで受けていますが、
異常は無いとのことです。
考えを整理して、今度ちゃんと伝えたいと思います。

ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

身体を動かすのは治療的に良い方向に働くとは思いますが、だからといって「精神的体力」が回復するわけではないですね。
精神力、とくに対人関係処理能力を回復させるのには人と交わるのが一番です。いまのお仕事は適切であるようなないような……。
あまりネガティブな感情をぶつけられるような職種だと、リハビリとしては強度が強すぎるかもしれません。「朝、昼、夕方と仮眠を取らないと辛くな」るのはそれが原因である可能性もあります。
精神力をつけるのと筋肉をつけるのは似ているところがあって、若干オーバーウェイトを課して、筋肉痛が出たら十分に休養をとると、休養明けには、すこしだけ力が強くなっています。
今は働いては休み、の繰り返しでいいと思いますよ。

お薬については、ノリトレン1錠が12円くらいで、サインバルタ1カプセルは170円くらいですからね。十数倍の効果の差は無いと思うのですが。
お薬は、整理してもらった方がいいでしょうね。主治医によっては伝えづらかったりするのですが。

健闘とご快癒を祈念しております。
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 14191
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問