JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
lifechangingに今すぐ質問する
lifechanging
lifechanging, メンタルセラピスト、パーソナルコーチ
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 122
60654123
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
lifechangingがオンラインで質問受付中

3 1

解決済みの質問:

はじめまして。鈴木と申します。
私は、3年間、うつ病で苦しんでします。現在、復職と休職を1年半も繰り返しております。

障害手帳が無くても職業の斡旋、相談をしている場所はありますでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  lifechanging 返答済み 6 年 前.
ご質問頂きありがとうございます。
基本的には、障害手帳 はあったほうが望ましいですし、持っている方を優先的に斡旋されるところが多いようです。障害手帳の取得は考えておられないのでしょうか。また、直接企業の方へ行って、自分の本当にやりたい気持ちと頑張れる気持ちを伝えたら、雇ってくれるところはあると思います。逆にいえば、ハローワークなどは、公務員ですので、型にはまったやり方しかできないので、手帳を持っていないとダメ、といわれたら、そこから動かないケースが多いと思います。ですが、企業の社長さんなどは、そういった型にはまっている人は少ないと思います。なぜなら、自分も型にはまった人生を送ってないからです。なので、本当にこの仕事をやりたいと言っている人と、なんとなく斡旋されたから来てみた、という人では、仕事をやりたい人を選ぶでしょう。企業が求めているのは、
人罪(いるだけで利益を下げる罪な人)、ではなく、
人在(いるだけで何もしない給料泥棒)、でもなく、
人材(頑張って会社に貢献しようとしている人)
もしくは人財(その仕事が大好きな人)
だからです。
なので、あなたが大好きといえる仕事ほど、熱意を伝えれば、型にはまらなくても雇ってもらえる可能性は高くなると思います。
lifechangingをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

精神科 についての関連する質問