JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

lifechangingに今すぐ質問する

lifechanging
lifechanging, メンタルセラピスト、パーソナルコーチ
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 122
60654123
ここに 精神科 に関する質問を入力してください。
lifechangingがオンラインで質問受付中

8

解決済みの質問:

うつ病の治療中ですが、8か月の休職の末、主治医も復職許可を出してくれ、最近新しい仕事を始めました。

職場にはそれとなくうつで通院中と話してあるので、負荷がかかりそうだと思うと強制的に仕事をセーブされるのですが、そのせいか経済的な心配が増し、そして過去に「使えない、要らない人材」と言われたことを思い出し、定期的な診察の際に泣いて診察を受けてしまいました。たぶんこうなるだろうと気にはなっていたので、前日に気になること、不安に思っていること、現在の自分の様子をメモにし、主治医に見せたところ、「よくなっていたのに、仕事のストレスで悪化していますね。薬を増やしましょう」と言われ、一時減らした薬がまた増えました。

気になること
①以前はトレドミン50ミリを4錠、ユーパン0.5ミリグラムを3錠、プロチアデン25ミリを3錠を毎食後服用、寝る前にセニラン2ミリを 飲んでいましたが(半年くらい)、プロチアデンの副作用かプロラクチンが高いままになっていること。
プロチアデンは服用を止めて1カ月半くらいになります。
ちなみに生理は通常通り来ています。

②プロチアデンの副作用が懸念されたので、代わりにアモキサンカプセル25ミリを2カプセル、セニラン2ミリを1錠を寝る前に服用。トレドミン50ミリを4錠、ユーパン0.5ミリグラムを3錠を毎食後に服用に変えて1週間ですが、まだ情緒が不安定なこと。

②主治医の先生は、とても勉強熱心で、普段は話をじっくり聴いて飲む薬を判断するタイプの先生ですが、ここぞという時に的確な言葉や、安心させてくれる言葉をかけてくださるのでとても信頼し、頼りにしています。
しかし、最近お忙しいのか、なぜプロチアデンの服用を止めることにしたのか、「プロチアデンを値を調べるために採血を次回しますね」とおっしゃるもののよくお忘れになること。

「患者は私だけではないし、忙しいと忘れることもあるよね」とは思いますが、採血をなぜするのかということも忘れているような感じの時もあり、それがちょっと不安です。検査をして採血の結果をカルテに貼ってあるのに、見落としている時もあります。

「プロラクチンの値がなぜ高いのかということは、内分泌科で一度調べてもらう方がいいかもしれない。紹介状を書きますよ」とおっしゃっていたのに、紹介状を書いているうちに(それもぐちゃぐちゃな文章になっていた)「自然に下がるまで少し時間がかかることもあるので、内分泌科への紹介はもう一度採血してからにしましょう」とご判断されたのに、次の診察で採血を忘れ、プロチアデンの代わりに出したアモキサンカプセルも「プロラクチンが上がることもある」と言われ、「先生、どうなっちゃったの!?」という感じです。

もう長く診てもらっているし、私の中で信頼のおける先生なので、いまさら他の先生のところには行きたくないのですが、最近の先生の様子を見ると「先生もウツ?」と思ってしまいますが、どうしたらいいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 精神科
専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.

ご質問頂きましてありがとうございます。
その先生に当て はまるかどうか分かりませんが、精神科の方で鬱の人に感情移入をしすぎて、正常に戻れず、そのまま鬱になる人も結構いらっしゃいます。もし、心配なようであれば、お体に影響することなので、信頼のおける先生で他の先生のところには行きたくないお気持ちもあるかと思いますが、勇気を出して他の先生のところに行ってみることも少しずつでも良いので、考えてみてはいかがでしょうか。やはり、薬は処方を間違えると、深刻なことにもつながりかねません。また、鬱は体の状態から来るのが大まかなので、もし鬱になったと感じたら、体の使い方を変えてみて頂けると、だいぶ気持ちが変わるかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

御回答ありがとうございます。

 

通院も近くて、待ち時間も比較的少なく、先生のお洋服の趣味が異性であるにもかかわらず本当に私とぴったりで(笑)、わりと雑談をし始めると楽しい先生なんですけど、最近様子が変なので「先生、お疲れですか?」と努めて明るく聞いてみようかとも思ったのですが、異性ゆえに話しにくいこともあり、先生を変えてみるのも一つの手ではあるかな・・・と考えていたところです。

 

薬は確かに処方を間違えると危険ですし、ちょっと薬剤師さんとも相談してみます。

 

>鬱は体の状態から来るのが大まかなので、もし鬱になったと感じたら、体の使い方を変えてみて頂けると、だいぶ気持ちが変わるかと思います。

 

とのことですが、あまりピンときません。たとえば、どんなことをすれば気持ちが変わるのでしょうか。ちなみに主治医からは水泳は疲れるから禁止と言われています(薬で元気を出しているから)。

専門家:  lifechanging 返答済み 5 年 前.

ご返答頂きましてありがとうございます。
そうですね。素晴らしい先生であっても、気づかないうちに自分も鬱の状態になっているという人もいるようで、精神科の先生が別の精神科の先生にカウンセリングをしてもらうというケースも少なからずあるようです。
はい。体の使い方を変えるとは、何でも良いのですが、例えば鬱の気持ちになっているときに腕を組んでにっこりしてみる、などですね。鬱というのは、外からのウイルスなどの病気とは違って、自分の内側とのコミュニケーションのすれ違いによって起こるものなので、内側を変える方法をすれば、その鬱の状態にアクセスできなくすることが可能なんですね。例えば、薬を飲むというのも、体の使い方を変える1つの方法 ではあります。が、薬の持つ機能や効能は全て人間の脳から出すことが出来るんですね。なので、脳を快の状態にすることが出来れば、薬と同じ効果を持つ物質を放出して、健康体になることが出来ます。ガンが笑うと治るケースが多いのもこのためで、笑うとインターフェロンというガンを治す薬に入ってるものが脳から出て、ですがそれは副作用0で純度100%のもので、1日中快楽の状態でいると、病院で出される1億円以上に相当するインターフェロンが出るといわれています。なので、やっていただきたいのは、自分が鬱の状態から解放される体の使い方を見つけて頂きたいです。これは人によって違うので、色々と試して欲しいんですね。鬱の人の状態で多いのが、頭も肩も腰も曲がった状態ですが、この状態だと、脳に酸素がいかず、頭がボーっとして鬱の状態に入るのはとても簡単な体の使い方です。ですが、運動をしている人で鬱の人がほとんどいないのは、運動している体の使い方は、より多くの酸素を取り入れる使い方をしているという点があげられます。これは、世界トップのごく少数の先生しか知らない方法なので、ほとんどの先生は知らない方法かと思います。ぜひ、取り入れて実行していただけましたら幸いです。
lifechanging, メンタルセラピスト、パーソナルコーチ
カテゴリ: 精神科
満足したユーザー: 122
経験: 
lifechangingをはじめその他名の精神科カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • DrAkiraOlsen

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    該当なし
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrAkiraOlsen/2012-2-20_746_AkiraADpicmain.64x64.jpg DrAkiraOlsen さんのアバター

    DrAkiraOlsen

    心理学博士・サイコロジスト

    満足した利用者:

    0
    慶応大学卒業。CIIS(カリフォルニア統合学大学院にて東西心理学修士号、臨床心理学博士号取得。サンフランシスコのオフィスにてカウンセリング、心理療法、コンサルテーションおよび心理アセスメントをおこなっている。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/KE/kerosuke/IMG_0006[1].64x64.JPG kerosuke さんのアバター

    kerosuke

    精神科医

    満足した利用者:

    104
    平成16年 滋賀医科大学医学部医学科卒業 千鳥橋病院初期研修医平成18年 滋賀医科大学精神科後期研修医平成20年 滋賀医科大学精神科助教平成22年 滋賀医科大学地域精神医療学講座特任助教平成23年 滋賀医科大学精神科外来医長(兼任)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    精神科医

    満足した利用者:

    233
    鳥大学医学部卒。診療所院長(診療科:精神科、心療内科、内科、神経内科)
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2556
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    297
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
 
 
 

精神科 についての関連する質問