JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4130
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

MKと申します。66歳男性です。

質問者の質問

MKと申します。66歳男性です。数年前から歩行に異常を感じ始めて、パーキンソン症候群ではないかとのことで検査をしましたが異常は認められんでした。その後も一貫して徐々に進行して、昨年の8月になって更に症状が顕著になりました。症状の一つは、足に重力を異常に感じること。重い荷物を背負っている様な感覚で、立っているのが精一杯で、普通に歩行出来ません。もう一つは、頭を締め付けられるのと頭に重さを異常に感じることです。これらの症状は毎日確実に強くなって来ています。今は頭と同様に上半身にも重さを感じるようになって来ました。10月にもパーキンソン症候群の検査をしましたが、今回もわかりませんでした。今は相当生活にも支障をきたすようになってしまいました。
今まで神経内科で診てもらってきましたが、どこで診察して頂けばいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。なお、数年前症状に気が付いたときは精神神経科で治療を受けていまして、当時はその時の薬の副作用が疑われましたが、現在は治療を終了して、服用していません。
投稿: 16 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-K 返答済み 16 日 前.
総合診療医のKKと申します。
【情報リクエスト】
①神経内科的な異常は一切無いと診断されたという理解でよろしかったでしょうか?
②「数年前症状に気が付いたときは精神神経科で治療」ーーその時の診断名を教えてください。
③「今は相当生活にも支障をきたすようになってしまいました」ーー具体的にはどのような支障があるのでしょうか?
④持病や常用薬があれば教えて下さい。
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)
質問者: 返答済み 16 日 前.
9312;神経内科的な異常は一切無いと診断されたという理解でよろしかったでしょうか?
 その通りです。ご自身では分からないので、行きたいところがあれば紹介状は書くと言って下さったのですが、行く当てがないのでそのままになっています。
②「数年前症状に気が付いたときは精神神経科で治療」ーーその時の診断名を教えてください。
日医大の精神神経科でうつ病の治療をしていた時に、歩行の異常に気付いたので精神神経科に相談しました。精神神経科の先生は投薬していたジプレキサの副作用によるパーキンソン症候群を疑って入院検査をしましたが、Noでした。その時点ではそのまま行き詰ってしまいました。
精神神経科では、とにかくジプレキサを早く他の薬に切り替えるとういうアクションを取りました。 
③「今は相当生活にも支障をきたすようになってしまいました」ーー具体的にはどのような支障があるのでしょうか?
まず、普通に歩けない。ゆっくりとしは足を動かせないのです。要するに重い荷物を背負って立っているだけで精一杯で、そこから歩くとなると一歩ずつ体重移動をしながらやっと歩くという状況です。
頭のほうは、何とかなっていますが、これ以上、頭の締め付け、重さの感覚が強くなっていくと、気分障害に陥るのではないかを心配です。
上半身の重さの感覚は、前屈みになった時に堅調に感じますが、前に倒れこむような感覚です。 
④持病や常用薬があれば教えて下さい。
今は一切ありません。
コレステロール値がギリギリのところにあって、一年前までは薬を服用していましたが、一昨年からやめています。
専門家:  Dr-K 返答済み 16 日 前.

追加でいただいた情報も含めて多面的に検討いたしましたが、貴意に添う回答の案出にはいたりませんでした。

お役に立てず申し訳なく思います。

オプトアウト(回答辞退)いたしますので、他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 16 日 前.

回答者が交替しました。

山本と申します。よろしくお願いします。

小脳変性症などの変性疾患や皮膚筋炎といった膠原病については検討はすでにされていますか?

既に行った検査はどのようなものを行ったか教えてください。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12424;ろしくお願いいたします。
小脳変性症などの変性疾患や皮膚筋炎といった膠原病については、検討していません。
今までの検査については、すみませんが、名称は覚えていません。パーキンソン病に関する検査と受け止めています。
血液中に薬剤を注入してからMRIをとるとか、2,3の検査を実施しました。
なお、11月に検査した時のCDがあるのですが、残念ながらネットでは送信できません。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 16 日 前.

それでは、小脳変性症といった変性疾患や皮膚筋炎といった膠原病も検討されてみてはいかがでしょうか。

ただ、神経内科であれば小脳変性症などはおそらく鑑別にあがって検討されていると思うので、膠原病科を紹介してもらって受診してみてはどうでしょう。

質問者: 返答済み 16 日 前.
12431;たくしが申し上げたような、毎日少しずつ地球の重量加速度が大きくなっていくような知覚は、先生が仰るような病気で知られている症状なのでしょうか?
重力加速度が大きくなっていくという感覚は、体の各部分で整合性が取れているのです。足の裏が圧迫されて潰れるような感覚、膝周辺への負荷によって痛みを伴うような感覚、足を踏みしめた時の、足全体が押しつぶされるような感覚、上半身を傾けた時の押し倒されるような感覚などなど。
一方で、椅子からは今まで通りではないにしても、立ち上がれるわけで、筋力の方は普通に重力に対応して働いてくれています。
そんな症状の前例があるのであればお教えください。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 16 日 前.

筋力低下がないのであれば、皮膚筋炎など膠原病疾患も考えにくいですね。

そのような特殊な症状は今まできいたとがありません。

満足いただける回答ができかねるためオプトアウトしますので他の専門家と相談を継続されてください

専門家:  Dr_GATO 返答済み 15 日 前.

回答を試みてみます。体には問題がないとすれば精神的ストレスからの身体化が考えられるかもしてません。数年ほど前から何かストレスを感じていますか?

質問者: 返答済み 15 日 前.
20170;までのやり取りを読んで頂ければお察し頂けることとは思いますが、念のためにこれまでの経過を改めて記載致します。
2007年の年末に突発性難聴を発症して、翌年2008年1月に順天堂大浦安病院で入院治療しましたが回復せず、引き続き、神経ブロック注射の治療をしていました。
2月になって、酷いめまい吐き気に襲われ、日本医科大病院に変えて診察を受け、外リンパろうとの診察で3月に手術入院。目まいは治まったものの、聴覚は回復せず、耳鳴り、緊張頭痛に苦しみ続けることとなりました。
それに耐えきれず、仕事も出来ず、うつ病的症状になり、2008年10月から日本医科大精神神経科での投薬治療を始めました。この治療では薬の処方を色々と変えてきましたが、気分、頭痛(頭の緊張感)が和らぐものが見つかってはそれを継続し、時機を見てまた薬を減らしていく。その途中で症状が再発して再度薬を探すことの繰り返しでした。歩行障害を感じ始めたのは、その途中で、2013年6月に精神神経科に相談をしてします。その時期のうつ症状は比較的安定していて、薬を減らす過程にあったように思います。
精神神経科ではジプレキサの副作用によるパーキンソン症候群を疑って、入院検査を実施しています。順天堂大学の総合診療科での診察でも見解としては似たようなもので、その時点でははっきりしないが、時間が経過して症状が進行してから」再検査すればはっきりするのではないかといったことでした。
それから4年間、症状(歩行感覚と知覚的なものです)は少しずつ、毎日毎日、着実に進行してきて昨年2017年8月に愈々様子見の時期を越えたと思いました。具体的には2011年7月の定年退職以降、毎日続けてきた1~2時間のウォーキングが愈々出来なくなったことです。
一方でうつ病の方は、2013年8月以降、症状を抑えつつ、ジプレキサをやめる方向の処方がうまく当たって、昨年の9月には治療を終了しています。耳鳴り、頭の緊張感は結局変わっていないのだろうと思いますが、その後の定年退職によって精神的負担が無くなり、それを許容出来るようになったのだろうと思います。実際に、今回の症状に苦しまされているものの、不思議と一面まだ楽観的に受け止められているところがあります。
このような経過ですので、ストレスが発症の原因と考えるのは無理があります。その話は精神神経科の先生とも初期の段階で散々話してます。

医療 についての関連する質問