JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 1016
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

歳は53さん歳の男性です。2017年7月頃にキャッチボールをしたんですが、それが原因で右肩の裏側に痛みが出るようになりま

質問者の質問

歳は53さん歳の男性です。2017年7月頃にキャッチボールをしたんですが、それが原因で右肩の裏側に痛みが出るようになりました。痛みが出るタイミングは、ボールを投げるのに腕を体の背後に振り被った状態では、大変痛みが走ります。また右手を体背後において持ち上げて行くと少ししか持ちあがらない状態です。6ヶ月経ち改善しないので、今後どうしようかと思いメールさせて頂きました。現在海外におり、十分に診察も受けられない為、日本に帰って診察と治療もしくは手術してと計画しています。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

総合診療医のKKと申します。

診察できないインターネット遠隔医療相談では診断はできません。

そして、治療は診断ありきで決まるものです。

【情報リクエスト】

①「今後どうしようかと思いメールさせて頂きました」ーーこのインターネット遠隔医療相談でご質問になりたいことを具体的に教えていただけますと幸いです。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 1 月 前.
35500;明させて頂きましたわたしの症状ですが、検診しないと詳しいことは解らないと言うことですね。この症状であれば、例えば、医者の経験から今後どう進めるかを
色々教えてもらえると思っていました。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

ご返信ありがとうございます。

ご記載を拝読する限り、経験的には、ローテーターカフ(回旋筋腱板:棘下筋、棘上筋、小円筋、肩甲下筋)のいずれかの損傷を起こされたのではないかと推察します。

http://bit.ly/2BZ7aMZ(←クリックして下さい)

http://ne-stra.jp/2756.html

いわゆる「野球肩」です。

痛み止めの服用や注射で様子を見ることが多いのですが、あなたの場合すでに受傷から5ヶ月が経っており、かつ症状が残っていますので、手術治療の必要があると見做される可能性が高いと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 月 前.
36899;絡ありがとうございます。野球肩の筋肉損傷はMRIで何処が悪いかは、判断出来ますか?
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

出来る場合と出来ない場合があります。

読影する医師の診断能力にもよる部分は大きいです。

しかしながら、診断は機械だけで下されるものではありません。

「キャッチボール後に右肩の裏側に痛みが出るようになった」ということであれば、それだけで、普通はローテーターカフの損傷を疑うと思います。

仮にMRIで損傷部位が確認できなくとも、臨床診断は付けられると思うのですが。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12371;ちらの医者の見解は、原因はよくわからないと判断して、麻酔とステロイドを肩から注射してその時は痛みが消えました。が次第に痛みが発生し冬になって腕の動く範囲も狭くなった気がしています。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

そうですか。

専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

※本サイトは遠隔診療ではなく、以下のサイトで説明されているところの遠隔医療相談の場です。ご参考まで。

http://info.medley.jp/entry/2016/06/23/165653(←クリックして下さい)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〜「遠隔医療相談」とは?〜

他方で、上記の領域のうちの「遠隔医療相談」とは、相談を受ける側の医師が、相談者である一般人(患者)に対して医療に関する相談を受けて、一般的・抽象的なアドバイスを提供するものです。

D(医師) to P(患者) の遠隔医療相談の事例では、医師が患者からの一般的な健康相談に対してアドバイスを提供することになりますが、実際の状況としては以下のようなものになります。

例:ある患者から医師に対して

患:「なんだか心臓の辺りが痛い気がします。ネットで検索したところ●●、▲▲、■■のような病気の可能性がありそうなのですが、実際どうなんでしょうか?」

という相談をして、それに対して医師が色々と質問をした上で

医:「それは一般論としては肋間神経痛の可能性が高そうですね。不安であれば医療機関を受診してみてください」

という回答をする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

医療 についての関連する質問