JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 607
経験:  国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

初めまして、早速ですが1年半前の人間ドックで主膵管拡張3.数㎜強と診断され精密検査を受けました。

ユーザー評価:

初めまして、早速ですが1年半前の人間ドックで主膵管拡張3.数㎜強と診断され精密検査を受けました。
全身麻酔で胃カメラとMRIで精密検査結果は経過観察と言われその後半年後に1~2回診察受けましたがもう、来院しなくて良いといわれました。
ネットで見る限り膵臓癌の前兆のように書かれています。
ご質問は①このまま何もしないで過ごして良いのか?②治療方法はないのか? ③将来必ず膵臓癌になるのか心配です。このままだと膵臓癌になるかもしれないとドキドキしながら行かざるをえないのか?
最近、左わき腹が違和感が続いています。
アルコールは1ケ月数回ビール中生1杯以内飲んでいます。
何卒、よろしくお願いいたします。

ネットで見る限り膵臓癌の前兆のように書かれていますと言われてますが具体的にどのようなことですか。

質問者: 返答済み 1 月 前.
20027;膵管の中の圧力が高くなって太くなる場合です。これは、膵臓内の管の壁の細胞が粘液を作る細胞に変化した結果起こります。変化した細胞は、腫瘍化することが多く、時間がたつとがんになることもあります主膵管の中の圧力が高くなって太くなる場合です。これは、膵臓内の管の壁の細胞が粘液を作る細胞に変化した結果起こります。変化した細胞は、腫瘍化することが多く、時間がたつとがんになることもあります。
などです。
質問者: 返答済み 1 月 前.
22823;阪成人病センターに保管されていた1970年代からの超音波検査のうち膵が んと診断された患者のなかから、膵がん発病の数年以上前に超音波検査を受けた人の データをさかのぼって検討した。その結果、統計的にも有意に膵管拡張から膵がんが 発病していることが判明。
など
よろしくおねがいいたします。

そのネットのサイトを教えてください。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12520;ミドクのエコー検査で「主膵管の拡張」のタイトルです。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article
などです。
質問者: 返答済み 1 月 前.
12493;ットで主膵管拡張で検索するとさまざまな良くない情報が記載されていて滅入ってしまいます。
よろしくお願いいたします。

主膵管拡張は最後の検査でどうなりましたか?

質問者: 返答済み 1 月 前.
20170;のところ最初の人間ドックで主膵管拡張と言われて精密検査した1年間半前と変化はないようです。ただ私の知りたいのは最初に質問した主膵管拡張の治療は無いかと定期的に検査は必要か?将来、膵臓ガンになる可能性が大きいのか?などです。
宜しくお願いします。

前任者が回答辞退したため、代わって回答させて頂きます。

医師の山本と申します。

>主膵管拡張の治療は無いか

→「主膵管拡張」という現象自体に対する一律の治療方法はありません。

主膵管拡張と一口にいっても原因となる疾患が異なります。その疾原因が明らかであるものは治療が可能なものもあります。

例えば、慢性膵炎では膵石というものが膵管に詰まって膵管が拡張することがありますが、その場合は、内視鏡で石を引きずりだすことにより治療することがあります。

原因が分からない主膵管拡張を治療する方法というのはありません。こちらについては、経過観察をするしか手立てはないです。

>定期的に検査は必要か

→特に定まった決まりがあるわけではないのですが、個人的には、定期的な検査が望ましいと思います。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ningendock/30/1/30_59/_pdf

>将来、膵臓ガンになる可能性が大きいのか?

→何もない人に比べれば、何らかの膵疾患が見つかる可能性はありますが、膵癌になる可能性が大きいとは言えないと思います。

下記の検診で主膵管拡張を指摘された人を追跡調査した研究の中でも、その後の追跡調査ですい臓癌になったのは1例だけです。(初回指摘から11年後)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ningendock/30/1/30_59/_pdf

質問者: 返答済み 1 月 前.
23665;本先生、ありがとうございました。
ご確認ですが私の場合は病院の医師が経過観察を継続しなくて来なくて良いと言われてます。
私から検査を継続してほしいと申し出ても良いのでしょうか?
また、経過観察の頻度はどの程度(半年に1回位が良いのか?)が良いのでしょうか?
何卒、よろしくお願いいたします。

>私から検査を継続してほしいと申し出ても良いのでしょうか?

→申し出てもかまいませんし、人間ドックを毎年受けるというものでも構わないと思います。

>経過観察の頻度はどの程度(半年に1回位が良いのか?)が良いのでしょうか?

→これも定まったものはありませんが、人間ドックを受けるのであれば年に1回、病院で経過観察するのであれば期間まで質問者様が指定するわけにはいかないと思いますので、主治医にお任せすることになると思います。

dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 607
経験: 国立大学医学部卒業。国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
23665;本先生、非常に参考になり納得できました。
ありがとうございました。

医療 についての関連する質問