JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 389
経験:  国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

4歳の女児です。3ヶ月ほど前、陳旧性脳梗塞と診断されました。新生児期から右手の指が曲がりにくく、強直母指を疑って整形外科

解決済みの質問:

4歳の女児です。3ヶ月ほど前、陳旧性脳梗塞と診断されました。新生児期から右手の指が曲がりにくく、強直母指を疑って整形外科を回りましたが診断がつかず大学病院の小児科に相談してMRIを撮り、診断されました。左大脳の運動野と感覚野が広くダメージを受けています。
歩くことはできますが右足ケンケン、スキップができません。地元の病院を紹介され右手はリハビリ(OT)を始めてごくわずかに改善(指折りができるようになった)しましたが、上着のファスナーが閉められず、ピアニカ鍵盤を弾けないなど日常生活で他の子との差を感じ始めています。
また地元病院からはいつまでリハビリを続けるのかと聞かれています。(大学病院からは半年後に経過観察といわれている)
このままリハビリをしていくしか方法はないのでしょうか?大人の脳梗塞リハビリでは電気療法(IVES,HANDS)もあるとネットで見たのですが子供では無理でしょうか?
少しでも不自由を減らしてやりたいです。何かできることはないか、ご意見をお願いいたします。
投稿: 22 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 22 日 前.

質問ありがとうございます。

娘様の事を心配されるお気持ちごもっともと思います。

しかし、残念ですが、IVES,HANDSの適応は中学生以上80歳以下の方 になります。

http://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000811.html

ただ、麻痺から年数がたっていても治療効果がみられるとの報告ですので、娘様が中学生になってから治療を受けることも可能かと思います。

また、その他の適応項目で、

重度の手指や手首の拘縮がない方
*拘縮(こうしゅく)とは、指や手首の関節がすでに固くなってしまって、他動的に動かそうとしても動かせない状態のことです。痙縮(けいしゅく:筋緊張の高まりによって動きづらい状態)とは異なります。痙縮はある程度強くても適応可能です。

という条件もありますから、リハビリを続けて指折りのできる状態を維持しておくのは大事なことだと思います。

現状可能なことは、残念ながらリハビリの継続しかないと思いますが、リハビリを終了してからもご自身でリハビリでやっていたような事を自宅で継続されて、指折りができる状態を維持されておくのは大事だと思います。

質問者: 返答済み 22 日 前.
yamamotoドクター
ご返信ありがとうございます。
HANDSについてはリンク拝見して理解しました。他にリハビリ以外で子供が受けられる治療法はないでしょうか。
また、他の医師にMRIの画像を見ていただいたら別の見解が得られると言う可能性はありますか。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 22 日 前.

現在の医学では、脳梗塞で死んでしまった脳細胞を再生することは不可能です。

残念ながら、治療法はありません。

>また、他の医師にMRIの画像を見ていただいたら別の見解が得られると言う可能性はありますか。

→こちらについては、大学病院を受診しているのであれば、MRIは放射線科医師の読影と主治医の読影とすでに2人の目が入っている状態です。また、陳旧性脳梗塞の所見を読み誤るということは考えにくいです。

セカンドオピニオンを、気持ちの整理の問題として受けられてもいいと思うのですが、実際問題として、質問者様の住んで得いる地域が大学病院がひとつしかない県であれば、他にセカンドオピニオンとしてふさわしい施設がないようにも思います。

首都圏にお住いであれば、他の大学病院や成育医療センターなどがセカンドオピニオン先になるかと思います。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 22 日 前.

脳梗塞で死んでしまった細胞を生き返らせることは不可能ですのでが、リハビリ以外で子供が受けられる治療法はないですかときかれるとありません、という回答にしかならないのですが、リハビリの継続、いわゆる療育という面ではできることがあると思います。

下記のサイトを参考にされてみてください。

http://osaka-drc.jp/cerebral.html

今通っている地元病院がはいつまでリハビリを続けるのかと聞いてくるような姿勢であれば、療育に力をいれている、専門の小児リハビリ病院に転院されて療育を継続されるのがいいと思います。

新生児期からの症状であれば、分娩時の低酸素などによる脳梗塞、いわゆる脳性麻痺の可能性が考えられるため、参考になるサイトを上記に貼らせて頂きました。

質問者: 返答済み 22 日 前.
yamamotoドクター
お返事ありがとうございます。
脳の再生という意味での治療法はないのですね。残念ですが仕方ないですね。
今は娘のQOLを少しでも向上させるために何ができるか模索しています。
現在のリハビリはOT(ビーズや粘土)のみですが、EMSで電気刺激を与えたり、針治療などもあると聞きました。これらについてはどのようなご見解ですか。
また、これまでドクターがご対応された小児脳梗塞の症例では、その後患者さんはどのようにリハビリしていったか、参考までに教えてください。(ネットでblogなどを探して読んではいます。症状が娘と違うのを踏まえた上で、あくまでも参考として聞かせていただければ幸いです。)
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 22 日 前.

当方が17:01に送信した内容と入れ違いに質問者様からの返信が届いたように思います。

ちょうど返信できかれていることにたいする返信は、17:01に記載したような内容になりますので、そちらを参照にされてください。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 22 日 前.

補足ですが、もし分娩による脳性麻痺と診断されると、産科医療補助制度の対象になる可能性があります。

障害の程度が軽いので補償対象から外れる可能性もありますが、申請が満5歳の誕生日までとなっており期限ぎりぎりだと思いますので、今の大学病院の主治医に相談だけされてみてはいかがでしょうか。

http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/detail/compensation.html

質問者: 返答済み 22 日 前.
12383;びたびのお返事ありがとうございます。
双子の予定帝王切開(37週0日)で、都内の市民病院(今の大学病院とは別のところ)で分娩したので、分娩時の問題ではないと考えています。(ちなみにもう一人は正常です)そのような場合でも脳性麻痺になる可能性はあるでしょうか?
また、妊娠後期(32週)、管理入院中ににムンプスに罹患しました。関連はあるでしょうか?
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 22 日 前.

妊娠中のムンプスは胎児の奇形などには関与しないといわれていますので関連はないのではないかと思います。

帝王切開をした理由が予定帝王切開ではなく、何らかの異常を感知しての緊急帝王切開であれば、酸素不足により脳虚血が片方の児で起こってた可能性は否定はできません。

質問者: 返答済み 22 日 前.
12354;りがとうございます。本題に戻ります。
先生がこれまでご経験、見聞きされた小児脳梗塞の症例では、その後どのようにリハビリしていったか参考までに教えてください。症状が皆さん違うのは理解してますがあくまでも参考として知りたいです。やはりOTが中心になるのでしょうか。大学病院ではPTも紹介されましたが、療法士に不要と判断され今はOTのみです。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 22 日 前.

質問者様の場合は新生児脳梗塞になるのだと思いますが、小児リハビリテーション病院などの専門の施設に転院される方が殆どです。

どのようにリハビリするかというと、大学病院でPTも紹介されたというように、PT、OT、STなどなるべく多職種に介入してもらってリハビリを勧めていきます。質問者様のような軽度の症例は経験がなく、もっと重度の方ばかりですので、養護学校などへ進学される方が殆どですが、質問者様の場合は普通学級が可能と思われます。

>療法士に不要と判断され今はOTのみです。

→療法士が勝手に判断して医師のリハビリ処方を無視したり、いつまで続けるのかというような態度をとるのであれば、もっと療育について全面的にサポートしてくれる施設に移られてもいいのでは?と思います。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 21 日 前.
12354;りがとうございます。大学病院で療法士に判断されましたが医師も認めた上で地元病院に引き継がれたようです。リハビリに関しては長い目で見ていきたいと思います。ありがとうございました。

医療 についての関連する質問