JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 389
経験:  国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

それまで病気らしい病気をしたことの無い元気な12歳の男児。今年3月、腰痛を訴え、整形外科で第5腰椎分離症と診断。オーダー

解決済みの質問:

それまで病気らしい病気をしたことの無い元気な12歳の男児。今年3月、腰痛を訴え、整形外科で第5腰椎分離症と診断。オーダーメードのコルセットを装着して現在に至る。4~5月に合計で3週間学校を休んだ。9月まで痛む時間と比較的痛みの軽い期間を繰り返してきたが、10月から激痛が継続し、学校を1ヶ月以上休んでいる。痛み止めは徐々に強いものに変わり、現在はトラムセットを服用するも、効かない時間帯が長くなってきた。医師は「痛くないときには軽い運動をして、しばらく様子を見ましょう」と繰り返されるが、子供も看病している家族も、眠れない日も多く、疲労が蓄積し、心身ともに苦しさが強くなっている。2つお教えください。(1)痛む原因は、腰だけではなく体の何処か他の箇所・理由が有るのではないか。(2)治療も大事だが、この激痛を軽くしたく、ペインクリニックの助けをいただくことは可能か。以上、お教えいただければ幸いです。川崎市、山根俊満(祖父)
投稿: 29 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 29 日 前.

質問ありがとうございます。

【情報リクエスト】

>(1)痛む原因は、腰だけではなく体の何処か他の箇所・理由が有るのではないか。

→これについてですが、本人はどこが痛いと言っておられますか?腰以外の場所が痛いと、実際に本人は言うことはありますか?

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 29 日 前.

ペインクリニックでの治療はもちろん可能です。

神経ブロック注射を行うと、痛みが改善されると思います。

ペインクリニックに紹介状を書いてもらってもいいですし、整形外科で神経ブロック注射を行っているところもありますので、今の主治医が手技ができるようであれば、そこでしてもらってもいいと思います。

激痛が継続しているということであれば、神経根が圧迫されている可能性も考えられます。その場合は治療として神経ブロック注射は有効です。

今の主治医があまり痛みについて親身になってくれないのであれば、セカンドオピニオンをききにいくのもよいかと思います。

3月に診断されたのであれば、既に骨癒合が起こって分離が解消されたか、偽関節になっていて癒合はできないかの判断もできる頃かと思います。通常は分離症の原因となる激しい運動を中止して1か月程度で痛みが治まることが多いですが、治療から半年たっても寝られないほどの激しい痛み続くのであれば、再度CTやMRIでの評価を行ってもらうか、セカンドオピニオンで別の病院で腰椎分離症の現状の評価と激しい痛みの原因についてききにいかれてもいいのではないかと思います。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 29 日 前.

これでやり取りが終了するわけではありません。返信機能が利用できます。

追加で質問があれば、回答が不十分としてマイナス評価をつけるまえに評価の前に返信機能を利用されてください。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 29 日 前.

診断を受けてから、腰椎を安定させるための体操はされていますか?神経根が圧迫されていることの他に、ずっとコルセットをしていることで、筋力低下や筋肉のバランスが崩れて痛みがでている可能性もあります。腰、太ももの前と後のストレッチと、腹筋、お尻の筋肉の強化を行うのですが、これらの指導を受けておられなければ、今からでもリハビリを処方してもらいリハビリを受けてみてもよろしいと思います。

質問者: 返答済み 28 日 前.
19969;寧なご回答有難うございます。痛むのは次の3か所です。(1)お尻の割れ目の上3~4cmの一点(3月以来、連続)、(2)右足の付け根(3月以来、しばしば)、(3)左足の付け根(10月から時々)。最近、セカンドオピニオン、サードオピニオンも得ましたが、当初からの主治医の見立てと変わりません。このまま激痛が継続し、仮にブロック注射をする場合、①痛み止めとして効く可能性は高いのでしょうか?②副作用などの危険性は無いのでしょうか?③一時的ではない治療効果も期待出来るのでしょうか? ご教示いただけますと有難いです。 山根俊満
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 27 日 前.

サードオピニオンまで受けられて、他に痛みの原因となる疾患が見つかっていないのであれば、腰椎分離症が原因の痛みと考えるのが妥当かと思います。(MRIは撮影されて神経の圧迫がないことは確認済みなのですよね?)

神経ブロックが痛み止めとして効果を発揮する可能性は十分あると考えられます。

一時的ではない効果があるかどうかですが、神経ブロックを行うと、局所麻酔薬の作用が消失する時間を超えたと思われる時点でも、鎮痛効果が続くことがあります。痛みが生じると交感神経が興奮し、血管が収縮します。血の巡りが悪くなると、組織の酸素が不足し、代謝物質が溜まります。酸素不足や代謝産物により、ますます痛みは増幅します。神経ブロックは、こうした痛みの悪循環を断ってあげることで、鎮痛効果が長続きするのだと考えられています。

神経ブロック注射の合併症については、下記のようなものがあります。

・神経原性ショック

痛み刺激により迷走神経反射がおこり、急激な徐脈、血圧低下などが起こりことがあります。

・アナフィラキシーショック

局所麻酔薬自体によるアレルギー反応、局所麻酔薬に添加されている薬物がアレルゲンとなる可能性があります。

・神経損傷

針を刺す行為なので、針による神経損傷を起こす可能性があります。

神経ブロックにもいくつか種類があり、実際に行う際には、その手技の内容と起こりえる合併症については事前に説明があり、恐らく同意書にサインをすることになると思いますので、事前にきちんと説明してもらえます。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問