JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 381
経験:  国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

私の母親(79歳、慢性腎不全)が、おそらく感染性の肺炎が、今回の発症の始まりだと考えられますが、発症後2週間経った後の診

解決済みの質問:

私の母親(79歳、慢性腎不全)が、おそらく感染性の肺炎が、今回の発症の始まりだと考えられますが、発症後2週間経った後の診断で、急性間質性肺炎と断定されました。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 14日夜中の12時半頃、酸素が取り組めなくなり、一時呼吸不全に陥りました。その後、徐々に回復し、14日の午後から、ステロイド剤や抗生剤などの投与が開始されました。
投稿: 27 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 27 日 前.

質問ありがとうございます。

医師の山本と申します。

この質問サイトで、質問者様が回答を得たいと思っていることを具体的に提示してただく事は可能でしょうか?

質問者: 返答済み 27 日 前.
12399;い
質問者: 返答済み 27 日 前.
12391;きれば、メールでのやり取りを希望します。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 27 日 前.

今の状態では、質問者様が何を質問したいのか分かりませんので、質問内容を具体的に記載してください。

例えば他の質問者様であれば、~という症状があるのですが何科を受診すればよいですか?などといった具合に質問されます。

質問者: 返答済み 27 日 前.
27597;親は約7~8年前から、総合病院の内科を受診していました。その頃から腎機能が低下しているとのことで、カリウムの多い食品の摂取を控える様に指導されており、併せて血糖値の管理もされていました。しかし、今年の2月になり、何かの数値が異常に高くなり、7を超えているので透析する必要があるといわれ、その時初めて「慢性腎不全」であると聞きました。そして、その時から泌尿器科の受診が始まりました。
しかし、その時点で透析をすぐ始めるのではなく、まずシャントを造る必要があるといわれ、4月にシャント作成術を行いました。その後、自営で青果業を営んでいましたが、仕事は嫁に任せて、自分は日常の家事をほんの少しこなす程度で過ごしてきました。
今回の肺炎の発症も、風邪の症状が多少出始め、その翌朝から発熱と呼吸不全になり動くことも出来なくなったため、入院となりました。
先月18日の時に胸のレントゲンを撮った際も、肺は多少曇りがあったのですが、その映像と6月に撮った映像は、ほとんど同じでしたので、
本当にいつから肺が曇っていたのかはわかりません。内科の医者の診断にとても不信感を抱いております。
主治医の泌尿器の先生からは、間質性肺炎はとても難しい病気で、二人に一人の割合で死に直結する病だと教えて頂きました。
今回のステロイドや抗生剤の投与が、母に有効な治療となり、症状も落ち着き、一日も早く動けるようになることを願うばかりです。
どうしたらよいかという質問よりも、今後の治療や症例や、改善した後の生活面等について、お話しを聞かせてもらえれば助かります。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 27 日 前.

詳細をありがとうございます。

泌尿器科の主治医の言うとおり、間質性肺炎はとても難しい病気です。

間質性肺炎と一口に言っても色々と種類があり、それぞれ予後も原因も異なるのですが、特効薬が存在しないということは共通しています。

ステロイドを使用するのは、自己免疫の機序で肺が傷つけられているのをおさえる為で、抗生剤は合併している細菌性肺炎の治療のためです。急性期の治療はステロイドがメインになります。

酸素が一時取り込めなくなったのはARDSという急性の呼吸不全の状態に陥ったのかもしれませんが、徐々に回復したというのは、とても運が良かったと思います。

改善したあとの生活面については、一過性の間質性肺炎(たとえば薬剤性など原因が明らかなもの)の場合は、退院後数か月の通院治療(ステロイド内服)で治療が終了し、あとは特に気を付けることはないというものもありますし、急性期を脱し退院したあとも慢性進行性に間質性肺炎の病状が進行し、時折今回のように急性増悪して入院が必要になる、といった種類ものまだ幅広くあります。慢性進行性のタイプの場合は、肺の線維化を抑えるような薬を使う使うこともありますが、これは落ち着いている慢性期に使用するもので、今の急性期に使用するものではありません。そのようなタイプの場合は、後々在宅酸素療法が必要になることもあります。

どういったタイプの間質性肺炎なのかは、主治医にきかれてください。

専門家:  dr-yamamoto 返答済み 27 日 前.

追加で質問があれば返信機能を利用されてください。

質問者: 返答済み 26 日 前.
12354;りがとうございました。大変参考になりました。また何かお聴きしたいことがあるかも知れませんので、その時は宜しくお願い致します。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 26 日 前.

少しでもお役にたてておりましたら幸いです。

一旦質問がひと段落したようでしたら、画面上方より回答に対する★の評価つけて頂きますようをお願いします。

また後日ききたいことがでてきましたら、評価をつけたあとでもスレッドの期限内でしたら返信機能が利用できますのでいつでもご質問ください。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問