JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yamamotoに今すぐ質問する
dr-yamamoto
dr-yamamoto, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 315
経験:  国立大学病院や総合病院の勤務経験あり
99857541
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
dr-yamamotoがオンラインで質問受付中

初めまして。一ヶ月前に祖母が愛猫に噛まれて入院しています。未だ治る様子がないためご相談させて下さい。

解決済みの質問:

初めまして。一ヶ月前に祖母が愛猫に噛まれて入院しています。未だ治る様子がないためご相談させて下さい。
・9月11日→入院(抗生剤の点滴を2日間するも熱があり足が腫れている)
・9月24日→足の腫れがひかない。
・9月28日→化膿して?水ぶくれになり、少し切って洗い流す治療を始める。
・10月に入ってもあまり変化が見られない。
・10月11日→組織検査をするが未だ結果出ず。
・10月16日→足の膿が臭い。
担当医は傷が深くてしつこいからでしょうと言うのですが、家族としては最悪の事態を考えてしまいます。(足が腐ったり)
あまりにも長い入院なので心配です。
お忙しいとは思いますが、ご回答頂けると幸いです。
投稿: 30 日 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 30 日 前.

質問ありがとうございます。

実は、犬噛傷にくらべ、猫は牙が細いため、細菌感染がおこりやすく、重症化しやすいといわれています。

おばあ様は、糖尿病など何か持病はありますか?

質問者: 返答済み 30 日 前.
26089;速のご返信、ありがとうございます。祖母は一度心臓の手術をしており、尿道カテーテルもつけています。飲んでいる薬(血液サラサラ?)も関係して、切るのをためらっていると担当医から言われました。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 30 日 前.

返信ありがとうございます。

糖尿病がある場合、非常に傷が治りにくいのですが、そうではないのですね。

追加でいくつか教えてください。

1、現在入院しているのは何科でしょうか?

2、組織検査、とありますが、これは綿棒などで拭って検体をだし、何の細菌が生えてくるかを検査するものではなく、組織を一部切り取っての検査ということでよろしいでしょうか?

3、患部にどのような細菌がいるかどうか調べる、培養検査を行っていれば、検出された細菌の名前を教えてください。

4、抗生剤の点滴は、最初の2日間だけで、その後は抗生剤は使用されていないのでしょうか?

質問者: 返答済み 30 日 前.
12372;返信ありがとうございます。
ご質問にお答えします。(糖尿病はありません)1.整形外科です。
2.組織を一部切り取っての検査です。
3.培養検査はしていないようです。
4.抗生剤の点滴は初日の2日間のみで、あとはしていません。(飲み薬を飲んでいたようですが、それも4日くらいで終わっています)組織検査も「組織を送ってみます」とだけ言われたそうです。祖母の病院が遠く毎日様子を見に行けず、担当医もあまり詳しい話をしてくれません。(先日しつこく聞いたら別な病院を紹介しましょうか、と言われ途方に暮れているところです…)
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 30 日 前.

返信ありがとうございます。

>先日しつこく聞いたら別な病院を紹介しましょうか、と言われ途方に暮れているところです…

→これについては、むしろ病院を変えるチャンスなのではないかと思います。

ここまで言うのでしたら、こちらから転院したいので紹介状を書いて欲しい、相手先病院に交渉してほしいと伝えた時に、紹介状を書いてくれないということはないでしょう。

整形外科は扱う範囲が非常に広いので、肩、手、膝、脊椎、腫瘍、など得意分野が医師により異なります。抗生剤の扱いや、軟部組織の感染症については詳しくない人もいます。

今の病院は場所も遠いのでしたら、家族が頻繁に面会に行けそうな距離で、形成外科のある病院に転院されてはいかがでしょうか?

形成外科は皮膚とその下の軟部組織を主に扱う科ですので、今回のような傷は専門になります。

また、可能であれば感染症科も存在している病院であれば、形成外科から感染症科にコンサルトしてもらって併診してもらえれば、適切な抗菌薬の選択にもつながります。

培養検査をしていないとのことですが、通常は、抗菌薬投与の前に培養検査に出しておいて、最初は原因菌がわからないのでカバー範囲の広い抗生剤を使用しますが、細菌検査の結果が返ってきた時点で、ピンポイントで効く抗菌薬に切り替えます。

治療前に細菌検査に出せなかった場合でも、ここまで治りが悪ければ、途中で細菌培養検査に出して、原因菌を突き止めることをすると思うのですが、それもしていないということですので、むしろ、転院して治療を改めてもいいのかな、と思いました。

治りが遅い原因として考えられることとしては

1、細菌感染が続いている

2、栄養状態が悪く治癒がすすまない

3、血流が悪い

上記が考えられるかと思います。

1、に関しては、膿が臭いということなので、嫌気性菌という、類の菌の感染が続いている可能性もあります。

また、猫の口の中には、嫌気性菌の他にパスツレラなど特殊な細菌もいますので、どの細菌が傷口にいるのか、培養検査に出してそれに合った抗生剤を使用するということになるかと思います。

2、高齢の方で栄養状態が悪いとなかなか傷が修復されないことがあります。

(例:寝たきりの方の床ずれは本当になかなか治りません。)

3、高齢の方ですと、動脈硬化で足に向かう血管が高度に狭窄しており血流が悪いために傷の治りが悪いということがあります。

造影剤を使ったカテーテル検査や、エコーで血流を確かめ、低下していればカテーテルで開通させる、という治療を行うことがあります。

しかし、上記のようなことを質問者様の方から、今の主治医に提案すると、記載のような発言をする主治医であれば、機嫌を害してしまいマイナスに働くことになると思います。(本当にお恥ずかしいことですが、医師にはこういうタイプの人がいるのです。)

ですので、形成外科が複数人在籍し感染症科もあるような病院を探して転院の方向で進められるのがよいのではないかと思います。

質問者: 返答済み 30 日 前.
12372;親切にご回答ありがとうございます。祖母が昔からお世話になっている病院なのでためらいがありましたが、組織検査の結果次第では転院をさせようと思います。
専門家:  dr-yamamoto 返答済み 30 日 前.

そのような方針がよろしいかと思います。

追加で質問がないようでしたら、システム上から回答に対する★の評価をお願いします。

dr-yamamotoをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問