JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
goodsmileに今すぐ質問する
goodsmile
goodsmile, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 95
経験:  認定内科医です
99072818
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
goodsmileがオンラインで質問受付中

半年ほどで3~4キロg痩せてきました。三週間前に副鼻腔炎で熱が出たので、抗生物質を2週間飲みました。今日、肩の肉が全くな

解決済みの質問:

半年ほどで3~4キロg痩せてきました。三週間前に副鼻腔炎で熱が出たので、抗生物質を2週間飲みました。今日、肩の肉が全くなくなって体も痩せてることに気が付きました。ただし、おなか回りは相変わらずです。7年ほど前に甲状腺の病気の疑いがありましたが、その後の検査で異常なしでした。
閉経して一年経ちます。食欲はあり、よく食べますが太りません。肩の肉がなくなったのは、抗生物質を飲んで寝ていたからでしょうか?閉経によるものでしょうか?甲状腺の病気の疑いがありますでしょうか?紹介状がなくても検査してもらえる病院を教えて頂きたいです。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  goodsmile 返答済み 1 月 前.

こんにちは医師のgoodと申します。ご心配のこととおもいます。

甲状腺の病気は2種類あって、機能が亢進する、機能亢進症と機能が低下する機能低下症の2種類です。

甲状腺の機能が亢進する、甲状腺機能亢進症に罹患されると、体の活気をつかさどる甲状腺のホルモンがたくさん分泌されるため、活動量が多くなり、自然と体重が減っていきます。逆に低下症ですと、体重が増え、全身の倦怠感が出現するような病態になります。

質問者様の場合ですと、甲状腺機能亢進症の可能性については調べてもらっても良いと思います。

ご質問の抗生物質の影響についてですが、抗生物質などで副作用で下痢などになり、一時的な脱水で体重が一過性で低下する事はありますが、半年で数キロ減少するような慢性的で長期的な副作用は見られません。抗生物質の副作用の可能性はあまり高くないと思います。

半年で数キロ体重が減ったという事であれば、まずは甲状腺ホルモンの検査を受けられて、これらで異常がなければ、腹部エコーなどを行っていただいて、体に悪いものができていないかを調べてもらうと良いと思います。ご存知の通り、体の中に悪いものができた時にも数か月の間で体重減少はおきる事がおおいです。ひとつずつ可能性を調べてもらうと良いと思います。

受診する科ですが、甲状腺ホルモンだけであれば近くの内科を標榜している開業医さんで検査可能です。その先の全身の精密検査という事まで含めて精査を最初から希望されるのであれば、総合病院の内科の中の内分泌科を受診されると良いと思います。

goodsmileをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございます。抗生物質を飲んでから不安なことばかり考えてしまい、気分が落ち込む事が多くなりました。更年期もひどく、自律神経失調症なのかとも考えてますが、夜眠れないので寝不足なのも関係しているかもしれません。とりあえず、内科の開業医の病院で検査してもらいます。

医療 についての関連する質問