JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 876
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

お願いします。私は、53歳の女性です。皮膚筋炎、間質性肺炎を患ってます。

解決済みの質問:

お願いします。私は、53歳の女性です。皮膚筋炎、間質性肺炎を患ってます。
もう、4年近くくらいなるんですが、様子見で検査だけできました。
でも、最近 先生は、火種を持ってるより 治療をしたらと言います。
KL-6は、540
CRPは、0.57
CPKは、133
です。
治療をしなければいけないほどでしょうか?
肺活量機能は、よくないと言われますが、検査が また悪くでたらと思うと、上手くできません。
治療は、ステロイドではなく 漢方薬では効果はでないんでしょうか?
すみません。お願いします。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

総合診療医のKKと申します。

【情報リクエスト】

➀間質性肺炎について、「治療をしなければいけないほどでしょうか?」というご質問でしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 1 月 前.
12362;願いします。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

承知致しました――が、お示しいただきました検査値では、治療の要・不要の判断はできません。

②呼吸機能検査(スパイロメトリー)などを受けられたことは無いのでしょうか?

http://www.e-kenkou21.or.jp/guidance/guidance02/guidance02_set14/guidance02_55(←クリックして下さい)

ちなみに、間質性肺炎には漢方薬の効果は期待できません。

質問者: 返答済み 1 月 前.
21628;吸機能検査は、してます。CTは、ずっと変わりありません。
普通に元気に、してるのに、ステロイド治療にふみきることができません。
でも、断ったら、もう診てくれなくなるんじゃないかなと不安です。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

③6分間歩行をして、パルスオキシメーターで酸素飽和度を測る検査は受けましたか? 間質性肺炎の重症度はⅠ~Ⅳまでに分けられます。現在の重症度がどのように評価されているか教えて下さい。重症度がⅠであれば治療の必要は無く、経過観察となります。

専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

重症度分類の表を添付します。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12381;の、検査は受けたことありません。
薬治療は、入院は、必要なんですか?
散歩したり 風船ふくらましたりしてするようにしてます。
皮膚筋炎は、癌になりやすいんですか?
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

間質性肺炎は慢性進行性の疾患ですので、遅かれ早かれ治療は必要になりますし、その場合の治療は薬物療法ということになります。入院は必ずしも必要ありません。

リスクとしては、急性増悪や、気道感染症罹患時の急速な状態悪化が挙げられます。

http://www.kheartlung.jp/column/2016/183/

皮膚筋炎の患者様は、一般の方と比べて、悪性腫瘍を発症するリスクが3倍になることが知られています。

これで回答になっておりますでしょうか?

質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。
今、治療を拒んでても いつかは、治療しないといけないんですね。
治療は、早ければ、早いほうがいいんでしょうか?
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

急性増悪や、気道感染症罹患時のリスクを考えるならば、治療開始は早いほうがいいと思います。

ただし軽症の場合、必ずしもステロイドの使用は必要ありません。抗線維化薬ニンテダニブ(商品名オフェブ)という、進行を遅れさせる新薬が近年使用可能になっています。

生活上の注意としては、体重のコントロールや感染の予防が有効です。

https://www.mitsuihosp-recruit.com/posts/201607_susumuiryo

Dr-Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました。

医療 についての関連する質問