JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2813
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

86歳男性です。交通事故で外傷性クモ膜下出血・脳挫傷、脳脊髄液漏で2月初旬手術を受けました。成功ということで、2月中旬退

質問者の質問

86歳男性です。交通事故で外傷性クモ膜下出血・脳挫傷、脳脊髄液漏で2月初旬手術を受けました。成功ということで、2月中旬退院。その後、月に一回程度通院。事故後3か月経過したところでCTにも硬膜下血腫はないといわれました。現在、事故後4か月ですが、前頭部の手術跡にはまだ「張り」があり、時々、軽い片頭痛があります。何よりもつらいのは、ムラがあるものの、後頭部の強い不快感がなくならないことです。肩のコリとも連動しているようなので、脳外科の勧めで、むち打ち症を疑い、整形外科を受診しました。結論は「むち打ちではない」ということで、「やはり脳外科の領域では」と言われました。脳外科は「うちはもう終わった」という診立てで、取り合ってくれません。そこで、質問です。(1)硬膜下出血はもうないと考えて良いのか。(2)頭部の不快感は、時間が経つのを待つしかないのか。何か特別な原因が考えられるのか。以上です。どうかよろしく、ご教示ください。
投稿: 5 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-K 返答済み 5 ヶ月 前.

総合診療医のKKと申します。

診察できないインターネット遠隔医療相談では診断はできません。

治療は診断ありきで決まるものです。

従いまして、「硬膜下出血はもうないと考えて良いのか」「頭部の不快感は、時間が経つのを待つしかないのか」「何か特別な原因が考えられるのか」というご質問にこの場で確答することは困難です。

ただ、一般論として、事故後3か月経過したところでCT検査によって硬膜下血腫はないことが確かめられているのであれば、現時点で硬膜下血腫を起こしている可能性は低いと思います。

【情報リクエスト】

➀現実の病院、他の脳神経外科で検査や診察を受けるご意向は無いのでしょうか。

②外傷性クモ膜下出血・脳挫傷、脳脊髄液漏を起こすような交通事故に遭われて、全く何も後遺症が残らないことの方が珍しいと思います。バレリュー症候群などを疑われたことは無いのでしょうか?

http://www.jikosoudan.net/article/13430725.html(←クリックして下さい)

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

質問者: 返答済み 5 ヶ月 前.
12300;インターネット相談では無理」というお話なので、このサイト利用した回答は諦めます。バレリュー症候群ではないと思います。
専門家:  Dr-K 返答済み 5 ヶ月 前.

既に現実の医療機関の複数科を受診して診断が付いていない病態について、診察も検査もできないインターネット遠隔医療相談で見立てをつけてほしいというのはかなり難しいご相談であるとご理解ください。

よって今回のご質問は、喩えるならば、警察が現場検証や聞き込みを行っても何も証拠をみつけられなかった事件に関して、揺り椅子に座った名探偵が話だけを聞いて真犯人の目星をつけることを希望されるがごとき課題であると言えるかもしれません。

しかし現実世界ではなかなかそのようなテレビドラマじみたことは起こりませんので、ここで得られる回答への期待値は低めに設定しておいていただけますと幸いです。

医療 についての関連する質問