JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 661
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

89歳の父が、動脈硬化症と診断されました。手術のための検査をするにも、造影剤が血液に入ると、命の危険性が高いためできない

質問者の質問

89歳の父が、動脈硬化症と診断されました。手術のための検査をするにも、造影剤が血液に入ると、命の危険性が高いためできないとのことでした。左大腿部の付け根の大動脈の血管が特に詰まっていて、今年の始めぐらいから、痛みのため、歩行にも、支障をきたすようになりました。本日、近医のペインクリニックを受診しましたが、動脈硬化症の痛みを取る治療はないと、言われました。痛みを取る治療は、本当にないのでしょうか?
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 10 ヶ月 前.

まず手術をするための検査の造影剤が命の危険性があるというのは、何か大きな合併症、特に心臓などにお持ちなのでしょうか?

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
31958;尿病があります。心臓もレントゲンを見せてもらいましたが、6割が真っ白に写り、Drより、「こんな画像は、見たことがない。脳梗塞か、心筋梗塞で、いつ死んでも、おかしくない状態」と言われました。また、腎臓も悪化しています。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 10 ヶ月 前.

なるほど、かなり他の臓器の状況のためできないと言われたということですね。なお現在は入院中でしょうか?

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12356;いえ、入院はしていません。寒くなる前まで、畑仕事などもしていましたが、寒くなると特に、「痛い」と言うようになりました。もともと、元気な人だったので、急激な変化に、本人が、ついていけない状況です。整骨院にも行きましたが、一時的な気休めにしかなりません。家内で、杖歩行しています。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 10 ヶ月 前.

まず印象としては胸部レントゲンで肺が真っ白であったことから、肺炎が無ければ胸水貯留など心臓機能の低下や腎臓機能の低下に伴い水がたまるなどがあるかと思います。つまりこれらが原因で検査が受けられないのであればこの原因をまず除去し、検査、手術を受けられる体制ができるかはポイントとなるかと思います。やはり疼痛が血管が細くなってることに伴うものであればやはり血管を拡張する以外は対症療法となってしまいます。
鎮痛薬の座薬などの対応になると思います。循環器内科にはいかれましたか?

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12377;みません。白かったのは、心臓の部位です。「これだけ、心臓が白いと、大動脈弁に負荷がかかり、易疲労のはずです」と言われました。循環器内科で、見てもらいました。そこで、治療法はない、と言われました。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 10 ヶ月 前.

ありがとうございます。なるほど心臓がかなり悪いようですね。問題はやはり造影剤に伴い負担が増えることで大きな合併症が生じる可能性があり慎重になるのだと思います。
効果は限定的かもしれませんが、血液をサラサラにする薬などは服用しおりますでしょうか?アスピリンなどです。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12399;い。バイアスピリンを処方してもらい、服用しています。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 10 ヶ月 前.

バイアスピリンの服用の効果はあくまで予防効果となりますが、これ以上血栓ができないように予防することになることが大きな目的ではあります。

もう一つできることとすれば一度血管外科を含む心臓外科にご相談頂いていなければ、一度相談する価値はあるように感じます。

心不全であっても必要であれば造影剤は使用することもあり、やはり何が一番患者さんにとって重要かによっては治療する選択肢もあるかもしれません。印象としてはどのほど心臓が悪いのかも含めセカンドオピニオンにて決定頂くのが良いのではないかと感じます。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
24490;環器病院にも、訊ねてみましたが、うちの場合の、痛みを取る例はない、と返答されました。また、受診するかどうかは、父と、相談してみます。相談にのっていただき、ありがとうございました。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 10 ヶ月 前.

大変お手数ですが、いつでも結構ですので、またご評価いただければ幸いです。

医療 についての関連する質問