JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14368
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

1年前にPSAが4.6まで上がり、生検を受け12分の2で癌が見つかりグリソンは3+3で監視療法を続けていましたが、2カ月

質問者の質問

1年前にPSAが4.6まで上がり、生検を受け12分の2で癌が見つかりグリソンは3+3で監視療法を続けていましたが、2カ月前の生検で12分の2・グリソン3+4となったため、医師より監視療法の範囲を超えたので治療が必要のpためダヴィンチによる全摘または小線源治療を、とすすめられています。
勝手な判断ですが、治療効果は全摘と小線源で差異はなく、入院期間の短さ、副作用の少なさから小線源がベターと考え、放射線治療科で検査の結果で小線源治療に適す(PSA値、グリソンスコア、前立腺の大きさ、生検が12分の2、MRIにて限局を再確認)と言われています。
このまま小線源治療に進んで良いでしょうか?
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

こんにちは。猫山と申します。

がんの治療は、昨今はエビデンス(医学的根拠)に基づいて策定されたガイドラインに沿って行われます。

実際に相談者様を診察できず、検査所見も拝見できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様の前立腺がんはNCCNリスク分類における超低リスク群に当たると考えられます。

http://ganjoho.jp/public/cancer/prostate/treatment_option.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

この場合、相談者様の主治医が仰るように、「全摘または小線源治療」が治療選択肢となります。

「治療効果は全摘と小線源で差異はなく、入院期間の短さ、副作用の少なさから小線源がベター」であることも、相談者様のご理解の通りです。

既に「放射線治療科で検査の結果で小線源治療に適す」と判断されているのであれば、一般論としてはこのまま組織内照射療法(小線源治療)に進まれても問題は無いと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
20808;に記しましたようにグリソンスコアが3+4となっていますので、超低リスクとは言えないのではないでしょうか?
中間リスクに分類されると理解していますが・・・・・
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

失礼しました。その通りです。

その場合でも小線源療法は適応とはなりますが、「放射線治療科で検査の結果で小線源治療に適す」と判断されたのは、どういう意味合いにおいてだったのか教えていただけますか?

専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

逆に「このまま小線源治療に進んで良いでしょうか?」というご懸念を、主治医にではなく、インターネット相談で質問されることの背景を教えて下さい。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
5項目の条件に合致
①T因子がT1cまたはT2a
②PSAが10未満
③グリソンスコアが3+4
④生検陽性が12本中4本以内
⑤前立腺容積が40㏄以内
以上の基礎条件を満たす、と言われました
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

ですから、それはガイドライン的な意味合いで小線源療法による適応になりうるということですよね。

ならば小線源療法を選ばれてもよいと思います。

繰り返しになりますが、「このまま小線源治療に進んで良いでしょうか?」というご懸念を、主治医にではなく、インターネット相談で質問されることの背景を教えて下さい。

インターネット相談では、相談者様という患者様の個別性に即した判断は示すことができません。それが出来るのは、相談者様を現実世界で診ている主治医だけだと思います。

相談しにくい主治医であったり、主治医は全摘を強く勧めてきていたりするのでしょうか?

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
26368;初は全摘を勧めました。主治医は小規模個人クリニックの医師ですので、全摘にせよ小線源にせよ他の病院を紹介してということになります。ダヴィンチを入れた小病院とは親しいようです。現在はニュートラルで、どちらかを強く推すことはありません。今日、大病院の放射線治療科に行って最終見解を得たので数日以内に再度主治医を訪問しますが、その前に完全ニュートラルな見解を聞いてみたかった、ということです。
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

なるほど、了解です。

自分であれば、という視点で申し上げるならば、小線源療法を選ぶと思います。

前立腺がんは比較的致死性が低いがんですので、身体的な侵襲が少ない方法を選びたいからです。

専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

インターネット相談はセカンドオピニオンの代替にはなりません(利用規約をご覧下さい)。

真の意味で「完全ニュートラルな見解を聞いてみた」いのであれば、セカンドオピニオン外来を受診されることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/topics/142 より。

【回答を評価するには、どうすればいいですか】

専門家からの回答の下に表示される、5つの顔(か星)から1つ選択して、回答を評価してください。

プラス評価をすると、回答作成に費やした時間に対し専門家に報酬が支払われます。プラス評価をされない限り、回答した専門家に報酬が一切支払われません。またボーナスのお支払は任意です。

http://ww2.justanswer.jp/sites/default/files/help/Drupal_How%20do%20I%20rate%20answer.png

医療 についての関連する質問