JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
先生に今すぐ質問する
先生
先生, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 79
経験:  病院勤務
96686396
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
先生がオンラインで質問受付中

PET健診した者です 早速の回答有り難うございました、

解決済みの質問:

PET健診した者です早速の回答有り難うございました、
「PETは胃・腎臓・膀胱などのがんの発見は不得意です」とありました、
我が家は胃癌の家系です、子供は数年前、胃カメラ検査したところ、
二度と実施したく無いと言います、以前、将来は血液検査で癌健診が出来ると、
新聞で読んだ事ありますが、それはまだ先の事ですか?それから、
胃カメラ以外で胃癌健診する方法はありますか?夫は毎年会社の健診で、
バリュウムを飲む健診をしてまいたが、胃と腸の繋ぎ目の幽門の癌で、
51才で亡くなりました、バリュウムでの健診は信用できなくなりました。
投稿: 12 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  先生 返答済み 12 ヶ月 前.

胃がんなどの検査はやはり胃カメラが最も見落としは少ないですね。ご主人も早くに亡くなられたという事でご心配されている事と思います。

胃がんのPETでの診断率は限りなく低いです。他には遺伝子検査で胃がんの発症確率を見つけるという方法はあるかもしれません。

https://mycode.jp/welcome.html

これらに代表される遺伝子検査は一つの指標になる程度ですが、本人たちに受けさせてもし値が高かった場合の胃カメラへのモチベーションにはなるかもしれません。ただ、結果が低かったらといって胃がんになりにくいかというわけでもなく、あくまで指標ですね。

経鼻的胃カメラは非常に細い胃カメラですので、それであれば少しはましかもしれません。

先生をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問