JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.Kに今すぐ質問する
Dr.K
Dr.K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 422
経験:  医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
90585559
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr.Kがオンラインで質問受付中

80歳の母ですが、肺気腫で在宅酸素を使用して生活していましたが8月末に呼吸不全と肺炎で緊急入院しました。当初ICUで人工

解決済みの質問:

80歳の母ですが、肺気腫で在宅酸素を使用して生活していましたが8月末に呼吸不全と肺炎で緊急入院しました。当初ICUで人工呼吸器を使っていましたが、9月半ばに人工呼吸器は外され病棟に移り酸素のみで過ごしてきましたが、最近、病院から夜中だけ30%まで下がってしまうのでまた人工呼吸器をつけないとどうかなる可能性があります。ご家族のご了承をお願いしますといわれました。家族としては日中は元気におしゃべりをしたり、食事もしっかりと摂っているのに他に何か方法はないのかと不信感を抱いてしまいました。夜中の酸素が下がってしまわないように何か方法はないのでしょうか。人工呼吸器はやはりつけないといけませんか?
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr.K 返答済み 9 ヶ月 前.

気管切開はされているのでしょうか?

睡眠時に酸素飽和度が下がるのは生理的に致し方ないです。

気管切開しれない場合は、夜間だけ、CPAP(呼吸を助けるマスク)を行うのも一つの方法です。

これは、在宅でも行うことができます。

Dr.Kをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問