JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14133
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨年の11月16日に弟(当時53歳)が健康診断中に倒れました。救急車で近くの総合病院に運ばれ、くも膜下と診断されました。

解決済みの質問:

昨年の11月16日に弟(当時53歳)が健康診断中に倒れました。救急車で近くの総合病院に運ばれ、くも膜下と診断されました。弟は救急車の中で意識を取り戻し、「健康診断中に倒れて、たぶん入院することになるから、用意して持ってきて。」と本人からお嫁さんに連絡があったそうです。お嫁さんはたまたま実家に帰っていて、病院に近かったので、用意はともかくすぐに駆けつけたそうです。お医者さんは、「くも膜下だけど、倒れてから時間がたってないし、絶対助けてみせます!」みたいなことを言って、手術室か検査室かに入っていったそうです。でも結局どこが切れているのかわからず、脳には大きな血管が4本あるらしいのですが、その全部の血管を調べても、どこが切れているのかわからなかったそうです。そのうちに呼吸が止まってしまい、これ以上の検査ができないので、手の施しようがないということになりました。人工呼吸器で呼吸させているが、心臓が止まれば生命維持はしないということで、姉の私のところに連絡が来ました。私にも説明がありました。脳の血管が切れたところは、100人いれば100人わかるそうです。弟の場合は、200人に1人か300人に1人だと言われました。でも2日後くらいに自発呼吸もはじまり、1か月後くらいには意識も戻りました。でも人工呼吸と自発呼吸が合わないと負担になるということで、軽い睡眠導入剤の入った点滴をしていたようです。結局くも膜下の治療は何もしてないと思うのです。本当にくも膜下だったのでしょうか?少しずつ回復しているようにみえますが、未だに寝たきりに近い状態です。言葉もはっきりしません。
脳の動脈瘤が破裂したというような説明でしたが、治療もせずに回復するものでしょうか?
弟は健康診断の結果をよくしようと、ダイエットをしたり、前日もゴルフの打ちっ放しにサウナで体重を落とそうとしていました。もしかしたら、低血糖か脱水症状だったのではないかと思います。
誤診の場合はどうなるのでしょう?
くも膜下だと半年たつとそれ以上の回復は望めないようで、今は介護型の病院でリハビリも週に2時間程度で現状維持のリハビリのようです。私はまだ若いので、もっとリハビリをして、社会復帰もしてほしいです。お嫁さんは、お医者さんの診断を誤診だとは思っていないようですが、私は納得できません。保障や今後のことについて、教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Zawan24 返答済み 3 ヶ月 前.

お話を伺うぶん、前日にゴルフの打ちっ放しやサウナを利用されていたのであれば、相談者様の仰る通り脱水や低血糖発作の可能性も十分に考えられますが、実際に検査データや治療経過などを確認しない限り、クモ膜下出血か脱水かの判断は難しいと考えられます。

脳が腫れて、利尿剤による治療が行われているようですので、何らかの原因により脳がダメージを受けたことは十分考えられます。

動脈瘤が小さければ出血の範囲も小さいため、経過観察になる場合も考えられますが、画像検査で出血の所見が得られているのでしょうか。

診断や治療方針に不信や不満があるのであれば、弁護士と相談されカルテ開示を検討されるのが望ましいと考えます。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
30011;像でも見せていただきましたが、私にはどこが出血しているのか、わかりませんでした。
素人の目でもわかるものなんでしょうか?
カテーテルや造影剤での検査で呼吸が止まり、検査で殺されそうになったような気がしています。
結局くも膜下の治療はしていないので、脳の検査さえしなければ、今普通に生活できているんじゃないかと思ってしまいます。
弁護士と相談して、カルテ開示してもらって、くも膜下でなかったとわかるのでしょうか?
専門家:  Zawan24 返答済み 3 ヶ月 前.

画像検査に関しては、具体的な部位を指し示してもらってみてはいかがでしょうか。

呼吸停止が脳浮腫によって生じたのか、造影剤の影響で生じたかはカルテを確認すればわかると思います。

弁護士と相談され検討されるのが望ましいと考えます。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
35492;診や医療ミスのようなことは、なかなか病院が認めないので、訴訟では勝てない・・・というようなことが書かれていました。
弁護士を頼んで、カルテを確認してもらって、弟の場合だと保障や治療のことで、どうにかなるでしょうか?
カルテで、検査データと治療経過を見れば、完全にくも膜下ではなく誤診だったとわかりますか?
弁護士費用もかかるので、それ以上の成果ががないとお嫁さんを説得できません。
弟は大阪、私は愛知と離れているので、お嫁さんに任せてしまうことになります。
あと、生命保険でお金をもらっていると思います。
誤診であった場合は、返金しなければいけないのでしょうか?
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
30011;像は具体的な部位を指し示してもらいました。
お嫁さんも私も「え?どこ??」みたいな感じでした。
グレードは1~5まであって、弟は一番高い5だと言われました。
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
24847;識が戻らないと言われながらも、人工呼吸と自発呼吸が合わないとストレスになると言って、軽い睡眠導入剤を使用していました。
「睡眠導入剤を使っておいて、意識が戻らないのは当たり前なのでは?」と聞くと
「いきなりではなく、おぼろげに目が開く感じで、普通なら意識が戻る。」と言われました。
自発呼吸が始まってから、1か月も寝かされていたのも気になります。
目が開いたときは、瞬きだけで体のどこの部分も動きませんでした。
意識はあったようで、瞬きで返事をしたそうです。
お嫁さんが気が付きました。
お医者さんは、閉じ込め症候群だと言われました。
心配しましたが、そこは1週間くらいだったか、少しずつ動くようになりました。
その時も誤診を懸念していましたが、お嫁さんはお医者さんを信じているようだし、お医者さんも弟を助けようと処置してくれたことなので責められない。弟が回復してくれれば、それでいいと思っていました。
そろそろ1年になります。
誤診等、弁護士さんに相談するにも期限があるかもしれないと思います。
診断を受けてから、いつまでに弁護士さんに相談すべきですか?
専門家:  猫山司 返答済み 3 ヶ月 前.

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

以下規定に基づき前回答者に代わって回答いたします。

https://experthelp.justanswer.com/hc/ja/articles/201056834-お守りいただきたいエチケット

他の専門家がやり取りをしているリクエストへの割り込み

例外

  • 挨拶文(初めまして、質問ありがとうございます。)しかなく、回答をまだ開始していない
  • やり取りをしていた専門家がオプトアウトした
  • 質問者からの返信に「返信が遅くなります」という補足もなく6時間以上返信がない
専門家:  猫山司 返答済み 3 ヶ月 前.

以下のご返信を新たな質問として投稿されておられました。

投稿ミスだと理解してよろしいでしょうか?

===========================================

dddddddd

===========================================

専門家:  猫山司 返答済み 3 ヶ月 前.

では回答のための準備に入らせていただきます。

まず現在、「閉じ込め症候群」を含む脳神経症状がありますから、弟さんが重篤な脳のトラブルを起こしたことは間違いがないと思います。

よって、当初のご質問にあった「低血糖か脱水症状」の可能性は否定されます。

①現時点でのご質問は、「弟さんが発症したのが本当にくも膜下出血だったのか、検査の合併症なのか、弁護士に依頼するタイミングはいつが適切なのか」であると理解してよろしいでしょうか?

②失礼に至るかもしれない質問をお許し下さい。義妹様は現状を受け入れられているようです。相談者様におかれまして、弟さんの現状・現実を受け入れたくないために、弟さんの現在の状態が、病気ではなく病院の処置のせいであったと思い込みたがっているということはないでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
26376;曜日が健康診断だったので、土日はほとんど栄養のあるものを食べていなかったようです。
こんにゃくを炒めたものや、サラダなど、自分だけの特別メニューを作っていたようです。
前日9時からの絶飲絶食のあと、昼前の健康診断時、「さすがに腹へったなぁ。」と同僚の人と話していました。
前日のゴルフの打ちっぱなし、サウナのあと、そこで軽い食事をとったようですが、サラダくらいかと思っています。
私は低血糖と脱水症状であった可能性が高いと思います。回復してきたときに、「脳はきれいです。出血は止まっています。救急車で搬送されてきたときは、くも膜下の症状はあったんです!」
私には言い訳のように聞こえました。
100人いれば100人切れているところがわかると言いました。
自信満々の先生でした。
画像で、ここが切れていると思ったところで見つからず、全部の血管を調べたとおっしゃっていました。
造影剤でもわかりませんでした。
呼吸が止まるまで、調べてくれました。
行き過ぎた検査だったのではないかと思います。
手の施しようがない、延命措置はしないということで、私が呼ばれました。
脳のダメージは検査によるもののような気がしています。
その証明が弁護士さんを頼んで、カルテ開示でわかるものなのでしょうか?
病院側にごまかされてしまうことはないのでしょうか?義妹は、母がくも膜下で亡くなったこともあり、あと弟の顔を見て、脳のダメージを感じ、くも膜下で間違いないと思っているようです。
知的障害者の顔に見えたようです。(差別発言になっていたら、すみません。)
私はそのことに関しては、一言しか話していません。
お医者さんとの信頼関係があったほうがいいと思ったからです。
大変な目にあったけど、回復すればそれでいい。誤診なら、回復も早いかも?と思いました。
睡眠導入剤で1か月間眠らされていたことにも疑問を持っています。ステージ5と言われ、切れているところがわからないまま、自然に出血が止まり、回復することはあるのでしょうか?
今は介護型病院にいます。
このあと、治療が必要ないということになれば介護施設いくことになると、お嫁さんから聞きました。
リハビリ型の施設には希望してもいけないのでしょうか?
リハビリが足らないような気がしています。①は、その通りです。よろしくお願いします。
②も、その通りですが、もし間違っているなら、治療方法も違ってきます。
それがわかるなら、弁護士さんに頼んでもいいと思います。
よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 3 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

まず、弟さんの回復可能性は高くはないと考えます。

「くも膜下だと半年たつとそれ以上の回復は望めない」というのはその通りで、くも膜下出血に限らず、脳のダメージが生じる疾患について、改善が見込めるのは発症後6ヶ月までだからです。

「大変な目にあったけど、回復すればそれでいい。誤診なら、回復も早いかも?と思いました」とこのとですが、回復は望み薄だと思います。

> 睡眠導入剤で1か月間眠らされていたことにも疑問を持っています。

⇒脳の処置において、脳の安静を保ち、また意識障害を起こした患者様が体に挿入されたチューブやカテーテルを自己抜去してしまうのを防ぐための処置として、これは一般的に行われるものです。

> 私は低血糖と脱水症状であった可能性が高いと思います。

⇒証明するためには検査所見が必要です。その時点で血液検査が行われており、血液濃縮か低血糖が確認されなければ、相談者様の説は証明されません。

「健康診断の結果をよくしようと、ダイエットをしたり、前日もゴルフの打ちっ放しにサウナで体重を落とそうとして」いたという弟さんの行動自体、脳血管障害の危険因子であり、その方が重く見られるように私には思われます。

> その証明が弁護士さんを頼んで、カルテ開示でわかるものなのでしょうか?

⇒弁護士が医療訴訟に強い方で、かつ、本件に関して第三者的立場にある脳神経外科の専門医を医学専門家として立ててカルテや検査所見を見てもらう必要があります。カルテの開示請求や改ざんを防ぐための保全措置(http://shoh.info/archives/211)を行う必要がありますから、既に弁護士への相談が遅きに失していると申し上げざるをえません(「病院側にごまかされてしまうことはないのでしょうか?」というご質問に対する回答にもなっていると思います)。事実を明らかにしようと思われるのであれば、今からでも、弁護士への依頼を行われるべきです。

回答ですが、

> ②も、その通りですが、もし間違っているなら、治療方法も違ってきます。それがわかるなら、弁護士さんに頼んでもいいと思います。

⇒これは、上述した通り、誤診かいなか、病院側が何かを隠していないかを明らかにするためには、現時点で弁護士に依頼し、処方保全を行うべきです。と申しますか、ここに至っては、それが、真実を明らかにするための唯一の手段だと考えます。

> ①は、その通りです。よろしくお願いします。

⇒実際に弟様を診察できず、検査所見も拝見できないインターネット相談では「弟さんが発症したのが本当にくも膜下出血だったのか、検査の合併症なのか」はわかりません。弁護士と、弁護士が探してくれるであろう医学専門家の見解を確認する必要があります。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14133
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
19969;寧な回答ありがとうございます。よくわかりました。
回復の望みが薄いのは、ショックでした。
医療訴訟に強い弁護士さんのことは、お嫁さんと相談してみます。
インターネットで調べれば、わかりますか?
訴訟しても勝てるとは限らず、どれほどのリスクと体力がいるのか、お嫁さんに負担をかけてしまうので、無理は言いません。
ありがとうございました。
専門家:  猫山司 返答済み 3 ヶ月 前.

プラス評価ありがとうございます。

例えばこういうサイトがあります。

https://www.bengo4.com/iryou/lawyer/

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12354;りがとうございました。参考にします。
お世話になりました。

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2642
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    300
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    162
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/PC/PchanDr./2013-5-7_01659_IMG2692.64x64.JPG P-chanDr. さんのアバター

    P-chanDr.

    医師

    満足した利用者:

    40
    泌尿器科専門医・指導医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    125
    国立大学病院勤務経験あり
 
 
 

医療 についての関連する質問