JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

腱板裂傷 と診断されました。 1年半前 ジムにてコアトレーニング中右腕痛めた。 マッサージ棟しながら 水泳 ヨガ

質問者の質問

腱板裂傷 と診断されました。 1年半前 ジムにてコアトレーニング中右腕痛めた。 マッサージ棟しながら 水泳 ヨガ 筋トレなど行っていました。使っているうちに痛みもなくなっていましたが 段々痛みも強くなってきました。今年7月に転倒してMRにて診断。
整形医は2か所。 1か所は肩関節専門医のリハビリ病院では 腕はあまり動かさずに
という指示です。手術も視野に入れているようです。リハビリは肩関節と肩甲骨のまわりをそおっと動かす程度です。 もう一方の医師はスポーツ整形で積極的に動かさないと固まってしまう。水泳もやってよいとの指示。 どうしたらよいのか判断できません。が
現在は水泳等はすると痛むのでやっておりません。
症状は 腕はかろうじて上に上がる。 衣服の着脱が痛む。 だるくて箸でつかむことが
ぎこちない。 少し動かすと前肩関節あたりがぎしぎしする。包丁は持てる。
何もせず腕を下していれば痛みはない。広げたり伸ばしたりは痛むが 70代の高齢でもありできれば手術はせずに 水泳だけはしたいと考えております。
投稿: 9 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 9 ヶ月 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。

各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

①腱板損傷の治療として手術を行うか理学療法を行うかは、詰まるところ損傷の程度と目指す運動量によって決まります。

肩の専門医からは重症度についてどのように説明を受けられているでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.

裂傷は13ミリ程度 靴下の破れ穴を想像してくれといわれました。

裂傷とは 長くさけるのかと思っていました。が

質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.
再投稿:回答が不完全.
質問者: 返答済み 9 ヶ月 前.

裂傷は13ミリ程度 靴下の破れ穴を想像してくれといわれました。

裂傷とは 長くさけるのかと思っていました。が

専門家:  猫山司 返答済み 9 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

現在13mmであっても、肩を使えば使うほど裂け目は広がっていきます。

一方で動かさないと「拘縮」といって、たしかに肩は動かせなくなります。

http://matome.naver.jp/odai/2142901051550420701

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

理学療法で治す方法はありますが、水泳を続けられたいということであれば、手術をされた方がいいと思います。

水泳では肩を大きく動かしますし、腱板にかかる負担も大きいからです。

水泳をあきらめるのであれば、手術は避けられるかもしれません。

ちなみに既にご存じかもしれませんが、手術といっても肩を切開するわけではなく、関節鏡手術が最近の主流になっています。

手術は2~3時間、入院期間は3日~1週間、リハビリテーションを行って、3ヶ月で日常生活に支障がなくなり、半年で競技復帰できるのが目安です。

私としては、手術を受けられる方法で考えられることをお勧めいたしますね。

以上、ご参考になれば幸いです。

医療 についての関連する質問