JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 2816
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

1)43才女 胸部にしこりを感じたため下関市民病院にて検査の結果下記の診断あり。

質問者の質問

1)43才女 胸部にしこりを感じたため下関市民病院にて検査の結果下記の診断あり。
2)右乳房にしこり確認(外に転移無し)ステージ1)の所見
3)患部切除手術の予定
4)その後転移予防のため放射線治療、抗がん剤治療の予定
5)できれば4)項目を回避したい
どうしたらよいでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

おはようございます。猫山と申します。

相談者様が提示されている治療方針は、いわゆる「標準治療」であり、もっとも効果があることが、現時点の医学的根拠に基づいて証明されている(と考えられている)治療法です。

例えば術後放射線療法を行うことで再発率が3分の1に抑えられることが知られています。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/series/study/200807/100180.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

①逆に申し上げれば、そうした、術後放射線療法、化学療法のメリットを重視されないのであれば(もしくはそのデメリットが耐えがたいのであれば)、これを拒否することは可能だと考えます。主治医にその旨を告げられたことはおありでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

医療 についての関連する質問