JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右乳ガンです。初診時、手術は適応外でした。ほぼステージ4の状態でしたが、抗がん剤が比較的よく効き、抗がん剤の治療を受けな

解決済みの質問:

右乳ガンです。初診時、手術は適応外でした。ほぼステージ4の状態でしたが、抗がん剤が比較的よく効き、抗がん剤の治療を受けながら、自宅で、5年ほど、安定した生活をしてきました。
乳ガンは、数年前から皮膚まで浸潤しており、市販のハイドロコロイド包帯などで手当てをして凌いでいますが、特に痛みもなく、好きな運動など、積極的に楽しんできました。右利きのため、右腕をよく動かすため、右胸に常に刺激はあるようですが、通常は痛みは感じません。
主治医によると、3週間前のCT検査では、大きな変化はみられない、しかし抗がん剤の効果はあるものの、原発の乳ガンはゆっくりと進行しているようだ。ただ、原発部位を手術で取り除いてもまたガンが出てくることを繰り返す可能性が高いため、だましだまし付き合うしかないとのことで、私も同意見です。
しかし、数日前、一泊旅行に出かけた際、慣れないベッドによる圧迫やスレなどが原因か、いつもと違うホテルのソープが原因か不明ですが、シクシクとした、火傷に似たような痛みで、目が覚め、それ以来、痛みが断続的に続くようになりました。
のたうちまわるような痛みではないですが、ガンを抱えて生きること自体が大きなストレスのため、小さな痛みでも、常に痛みを感じることは、そのストレスを倍増させるため、とても精神的に不安定になり、落ち込んできます。
昨晩は、私が喉の痛みや頭痛の際、好んで使う市販のイブプロフェンと、安定剤のメイラックスで、ぐっすり眠れました。しかし、朝になって、また不快な痛みを感じ始めたため、相談してみることにしました。
ガンの根本的治療は無理ですし、最近の検査では強い鎮痛剤が必要な状態に急変したと考えるのも適切ではないように思われます。
このような痛みは、以前、着物を着た際、着付け師さんの紐を締める位置が悪かったせいで、経験したことがあることを、このメッセージを打ちながら急に思い出しました。
ですので、内臓疾患の痛みというより、胸のガンの皮膚に近い部分の傷の痛み、ヒリヒリする痛みと想像します。
主治医にはしばらく会えないため、痛み止めを使いたいのですが、市販薬でよいのか、あるいは、近所にある医院、ペインクリニックで処方してもらう方がよいのか、教えてください。
とりとめのない話で、恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、がんの皮膚浸潤による痛みである可能性が高いと考えます。

これは、がんが神経を巻き込んで増殖することによる痛みですので、一般の鎮痛剤はあまり効果がありません。

近くにペインクリニックがあるのであれば受診されて治療を求められるべきであると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12381;うですか。
ガンが痛みが出るほどに進行してきたと考えるのが妥当なようですね。ガンの痛みのコントロールには、具体的にどのような薬を使うのでしょうか?仕事、趣味、旅行、運動も継続したいと考えていますが、今後、痛み及び鎮痛薬の副作用で、そういったことは難しくなりますか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

がん性疼痛であれば、基本的には麻薬性の鎮痛剤(オピオイド)が選択されることになります。

昨今はがん性疼痛の治療ガイドラインも出来ており、作用と副作用のバランスをとった治療法が確立しています。

http://www2.khsc.or.jp/gan_center/pdf/gansei_tufutiryo.pdf

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

専門医(ペインクリニシャンなど)による治療を受けられた場合は、鎮痛剤の副作用によるQOL、ADLの低下は最小限に留まります。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;返信、ありがとうございます。インターネットで検索すると、ペインクリニックを標榜するクリニックがずらりと表示されますが、私の場合、「がんの痛みの専門家」にかかる方がよいですか?
急な話なので、当面、自宅から比較的近いペインクリニックで済ませたいとも思いますが、先生はどうお考えですか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

最終的なことを考えると……最終的とは、末期ということですが、少なくとも一度はホスピスケアを行っている医療機関を受診されて、そこの疼痛緩和の専門医(これも通常、麻酔科医=ペインクリニシャン)に相談されるべきであると考えます(そのためにはがんの主治医の紹介状が必要です)。

そのペインクリニシャンに同意を得た上で、「自宅から比較的近いペインクリニック」を受診され、治療を受けられて、万が一となればホスピスでケアを受けられるという筋道をつけておかれるのがよいと思います。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

システム上での評価をお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/topics/142 より。

【回答を評価するには、どうすればいいですか】

専門家からの回答の下に表示される、5つの顔(か星)から1つ選択して、回答を評価してください。

プラス評価をすると、回答作成に費やした時間に対し専門家に報酬が支払われます。プラス評価をされない限り、回答した専門家に報酬が一切支払われません。またボーナスのお支払は任意です。

http://ww2.justanswer.jp/sites/default/files/help/Drupal_How%20do%20I%20rate%20answer.png

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問