JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

妻(73)がリンパ腫で入院中ですが、病院に対する不信感が非常に強く、本人も夫である私(73)も早期に転院したいと考えてい

解決済みの質問:

妻(73)がリンパ腫で入院中ですが、病院に対する不信感が非常に強く、本人も夫である私(73)も早期に転院したいと考えています。紹介状を書いてもらうには気まずい思いをしなければなりませんが、それよりもちゃんとデータを出してもらえるのか、紹介状を持参すれば次の病院で受け入れともらえるのかが心配です。
妻のこれまでの状況は次の通りです。現在の病院(日本赤十字成田病院)では2年前に首のリンパ腫で入院・通院をし、1年前に寛解と言われ、以降2ヶ月に1回のペースで通院し、検査・診察を受けていました。今年2月から右足が動かなくなり、痛みも強くなりました。整形外科の診断では原因が分からず、血液内科ではないとのことで、神経内科に回されました。神経内科でもやはり原因が分からないということで、治療は痛み止めを処方して様子を見ることで、半年が経ちましたが痛みは激しく、救急外来に二回も行くほどになりました。髄液を3回も採りましたが、リンパの疑いは無く、糖尿を疑っているとのことでした。たまたま以前よりリウマチで通っていた東邦医大佐倉病院の先生が、おかしいと言われてMRIとレントゲンを撮ってくれて、これは腰の部分にリンパ腫があると診断し、(ここには血液内科がないので)直ぐに日赤病院にデータを持って行くように指示されました。MRI の画像は素人の私にも分かるくらい肥大化した腰の筋肉が写っていました。日赤病院の神経内科にデータを持参したところ、やっと事態が飲み込めたようで、「(では院内連絡をしておくので)次の血液内科の予約日に来てください」とのことでしたが、痛みが治まらず、予約日を待たずに救急外来に行き、やっと入院となりました。この間、日赤病院では血液検査と髄液検査はしていましたが、MRI等の検査は行っていませんでした。ずっと糖尿から来る症状だとの診断でした。入院後、これまでの神経内科・血液内科・整形外科の担当からは「この1ヶ月で急に現れた症状で、”実に不思議だ”。」との説明でした。1ヶ月で現れたのではなく、少なくとも半年以上前から現れていた症状を、検査もせずに誤診していたのは明らかなのに、いまだに”不思議だ”を繰り返しています。入院は1ヶ月を過ぎ、退院のメドもたっていません。先日はしゃらっと「ステージⅣです」と前から分かっていたことのように宣告されてショックを受けています。
このような状況で治療を受け続けることにはとても耐えられないので、抗がん剤の投与が一段落したタイミングで転院をしたいと思っています。紹介状のもらい方、転院先の選択方法についてアドバイスがいただければ幸いです。地理的な理由から、日本医大印旛病院か国保旭中央病院をを考えていますが、この状況で受け入れてもらえるのかも心配です。
よろしくお願いいたします。
投稿: 10 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 10 ヶ月 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。

①お話をまとめると、転院希望先の了承も得ておらず、特別なコネがるわけでもないけれども、入院⇒入院の形で現在入院中の病院から日本医大印旛病院か国保旭中央病院に転院されたいということでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

専門家:  猫山司 返答済み 10 ヶ月 前.

ご返信がありませんので、暫定的に回答させていただきます。

回答はまず、現在入院されている病院の医療相談室でよく相談されてください」ということになります。

しかし、一般論として、転院は難しいのではないかと考えます。

転院先の病院のベッドの空きと手術室の空き状況がわかりませんし、ご記載のような身体状況にある奥様を搬送することによる負担もデメリットとして考えられます。

現在の病院では奥様の治療はは行えず、高度医療が行える特定機能病院への搬送が必要、という明確な理由が無い限りは、通常、ご希望されているような形での、入院⇒入院でという形での転院は行われません。

現在入院している病院の医療相談室で相談され、現在の病院の相談員と転院希望先の病院の相談員との間で連絡をとってもらい、その後、医師同士の話し合いになり、諸々の都合が折り合えば転院が叶うかもしれません。

まずは相談員(コーディネーター)とよく相談されて下さい。

時に、「転院したい(させたい)」という理由で現在の入院先を自主退院し、転院希望先の病院を外来受診したもののベッドに空きがなくて入院できず、しかし元の病院のベッドも埋まってしまって、結局さらに信頼性が低い病院に転院せざるをえない、という事態に陥る患者様がおられます。
それだけは絶対になさらないようにして下さい。

現在の病院での入院患者という立場を保ったまま転院希望先の病院と渡りをつけてもらい、現在の入院先から紹介状と検査所見のコピーをもらうことができ、転院希望先の病院でも積極的に奥様を受け入れ、 時宜を逃さずに検査・治療が行える、ということにならない限りは転院は成立しないと考えられた方がよいでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
12431;かりました。緊急入院して以降の担当医はそれまでの担当医とは違うので、この医師にはこれまでの経過の責任を問う気はありませんが、
”突然現れた病巣”という、これまでの担当医の意見とは同意見で(仲間ですから仕方ないかもしれませんが)、要は1ヶ月前には何の兆候
もなかったのに(実際は6ヶ月も前から兆候があったのに)、突然発症したガンが1ヶ月もたたないうちにステージⅣになってしまった、という説明には到底納得できず、このまま治療を受けていても精神的にも悪影響が大きいし、医師としても今更しっかりと検証して治療方針を決めると言うより、”実に不思議症例”だというこれまでの説明の整合を基準にすると思うので、適切な治療と説明が得られるとは思えないと判断しています。それでも、相談員に相談するほかは方法がないとのお話ですので、相談員が同じ病院という枠に縛られずに、公正な立場で相談に乗ってくれることを祈って、相談してみます。これから病院に見舞いに行きますので、もし、再度の連絡が必要な場合は、こちらからの返信は夜間になります。
専門家:  猫山司 返答済み 10 ヶ月 前.

それは、奥様の転院が成立しなければ私の回答は評価してもらえないということでしょうか?

JustAnswerの仕組みとしては、相談者様が満足して「プラス評価」しなければ専門家は報酬を得られません。
従いましてもちろん、相談者様が、奥様の転院が実現しなければ満足できず、プラス評価は出来ないというお考えであれば、私から申し上げられることはございません。

しかしながら、回答に対して、どの時点で、何に対して「満足」すべきかは、カテゴリやご質問の性格次第で異なるべきであるという暗黙の了解はあって然るべきかと存じます。

例えば、PCカテゴリでWordやExcelのトラブルを相談して回答を得た場合は、そのトラブルが回答通りの方法で解決して初めてユーザー様は満足し、承諾されるでしょう。

しかし法律カテゴリで訴訟についての相談をした場合(例えば、弁護士の選び方について)、その相談者様は、数年かかるかもしれない訴訟後に、しかも勝訴して初めて、満足し、承諾されるべきでしょうか。

医療カテゴリもまた不確定要素が多い領域であり、その上で、実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので、可能性をお示しできるに留まります。

そういったカテゴリでのご質問で、成功報酬的考え方は馴染まないと、少なくとも私は考えております(そもそも奥様の場合、転院できる可能性の方がきわめて低いのです)。

「病院に対する不信感が非常に強く、本人も夫である私(73)も早期に転院したいと考えています。紹介状を書いてもらうには気まずい思いをしなければなりま せんが、それよりもちゃんとデータを出してもらえるのか、紹介状を持参すれば次の病院で受け入れともらえるのかが心配です」「抗がん剤の投与が一段落したタイミングで転院をしたいと思っています。紹介状のもらい方、転院先の選択方法についてアドバイスがいただければ幸いです。地理的な理由から、日本医大印旛病院か国保旭中央病院をを考えていますが、この状況で受け入れてもらえるのかも心配です」というご相談には過不足無く回答したつもりでおります。

転院が叶わなかったとしてもそれは私の責任ではありません。

質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
30906;認させてください。 「それは、奥様の転院が成立しなければ私の回答は評価してもらえないということでしょうか?」とのことですが、そんなことを私は要求しておりません。 、自主転院などという穏やかならぬことを考えるに至った背景を説明し、「紹介状のもらい方、転院先の選択方法についてアドバイス」をお願いしています。
痛みと足が動かない症状を訴えている患者に対して、異なる病名を伝えて、ただ痛み止めを処方し続け、必要な検査もせず、他の病院の医師からの指摘でガンに気づかされたものの、自分たちの知る限り1ヶ月前までは何もなかった実に不思議な出来事だ(つまり1ヶ月で突然ガンが発症し、瞬く間にステージⅣになった)などと、あまりにも患者を小馬鹿にした言い訳をする医師であっても、転院することは現実には無理なことなので、紹介状のもらい方、転院先の選択方法についてアドバイスでは無く、そのまま「不思議だ」と言う医師の治療を受ける方が良いと言うのが、猫山先生の「過不足のないアドバイス」なのですね?。
専門家:  猫山司 返答済み 10 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

原則的に、奥様の転院は非常に難しいと私は考えております。

転院とは、転院先、つまり相手があることなのです。

転院先が受け入れの意向を示せば現主治医はさほど抵抗無く紹介状を作成するでしょう。ご記載を拝読する限り、その医師自身、下手を踏んだという意識はあるはずだからです。

そのためには、相談員同士のやりとりが転院の可・不可を決定づけるプロセスの鳥羽グチとなります。

よって私の回答は、転院が可能であることを確認する方法=転院が可能であった場合は紹介状を書いてもらえる方法なのです。

過不足がありません。

転院が不可能であった場合は、それは現主治医が紹介状を書かないからではなく、転院希望先の病院が奥様の受け入れに難色を示すか、そもそも現在の病院が恥をかきたくないために転院の手続きを拒むからです。

その場合は、どんなに信用が置けなくとも現主治医の治療を受け続けるか、さもなくば、せめて院内で他の医師を主治医にしてくれるようお願いするくらいしかできることはないでしょう。

ご理解いただけますでしょうか?

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
29483;山様。 わかりました。 ありがとうございました。
私自身これまでに何度も担当医の運・不運を痛感させられてきました。 通常、担当医の選択権は患者にはありませんから、
せめて患者に対して真摯に向き合って欲しいものです。 これまでの担当医は病室にも現れませんが、そんなものなのですね。
明日以降、相談員に相談してみますが、厳しい作業になりそうな予感がします。
質問者: 返答済み 10 ヶ月 前.
23436;了しています。

医療 についての関連する質問