JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 医師
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 794
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

50才の時、軽い脳梗塞を発症した現在73才の男性です。治療は主に血管拡張の点滴でした。2年前から歩行障害(歩行が小刻み、

質問者の質問

50才の時、軽い脳梗塞を発症した現在73才の男性です。治療は主に血管拡張の点滴でした。2年前から歩行障害(歩行が小刻み、つまづき易い、転び易い、トイレが近い、足の痺れ、頭痛等)が酷くなり介護が必要になりました。その他の病気はなく、血圧も正常です。
男性は中国人で地域の治療法では限界で悪化する一方なので困っています。
男性を来日させて高額な治療、手術をして症状を回復させられる見込があるか、相談を希望します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.

総合診療医のKKと申します。

脳梗塞の後遺症が改善するのは発症後6ヶ月までです。

改善すると言ってもその間に適切なリハビリテーションが施された場合です。そうでない場合は悪化もありません。

その方は、50歳時に脳梗塞を発症したとのことですが、2年前からの症状は、脳梗塞の再発もしくはパーキンソン病の発症を疑わせるものです。

脳梗塞の再発ならば、もう2年経っていますので改善は期待できません。

パーキンソン病ならば適切な治療で改善します。

まずは日本で診断だけでも受けられてはいかがでしょうか(保険無しでいくらかかるのはわかりませんが、特別に高額医療というわけではありません)。

医療 についての関連する質問