JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

症状・病気) 怪我による第2腰椎圧迫骨折、及び第12胸椎圧迫骨折

解決済みの質問:

症状・病気) 怪我による第2腰椎圧迫骨折、及び第12胸椎圧迫骨折
木の伐採中、転落し、救急車にて病院に搬送されました。レントゲン、CT.MRIの結果、上記骨折により、後方椎体間固定術の手術が必要ですと言われました。
胸椎は少々の圧迫、腰椎圧迫部分は三角に変形していて、脊柱管の狭窄がありますが、今の所、痛みもひき、痺れもありません。
手術は除圧は状況に応じて、ほぼ固定するだけの様子で、ケージ等はいれないそうです。
一年後には抜釘手術をするそうですが、術後の経過で変形した骨は回復するのでしょうか。
また、BKP手術にて、変形した骨をバルーンで膨らまして、骨セメントを流し固める治療法があると聞いたのですが、この場合手術が適用になるのでしょうか。宜しくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

変形した骨は元の形に戻りません。薬で痛みが取れないような場合に変形した骨をバルーンで膨らまして、骨セメントを流し固める手術を行います。現在のところ、その手術の適用はありません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;返信ありがとうございます。BKP手術が適用にならないのは、何故でしょうか?ネットで調べた感じでは、骨粗しょう症による圧迫骨折であることや、1椎体のみの手術に適用だったり、保存治療法で8週間以上治療を継続しても疼痛が癒えない場合でないといけない、などの為で怪我に対しては対応してないのでしょうか。
いずれにしろ、現状ではセカンドオピニオンしたりして他病院に転院しないとこの術式は受けられないので、出来るか出来ないか、何故できないのか理由を教えていただきたいと思っております。教えて戴いた、骨が元の形に戻る事はないとの事に対して、今いる病院で後方椎体間固定術の手術をする事を予定しておりますが、1年ほどの固定でどのように回復出来るのか心配です。
骨自身強くなったりしてしっかり支えたり、運動しても問題無くなるのでしょうか。また、それにはどういう努力を術後していったらよいのか、また、どれだけ安静にして病院や、退院してから自宅でリハビリなど静養してから仕事に復帰したらよいのでしょうか。
ちなみに、仕事は身体を多少使う店舗の清掃全般や、ダンボールを運んだり、上げ下ろしの軽重作業です。また、抜釘手術をしようと考えていますが、力仕事などは大丈夫な程骨は回復できるのでしょうか。教えて下さい。
宜しくお願いいたします。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

変形した骨をバルーンで膨らまして、骨セメントを流し固める手術は骨粗鬆症のように骨がスカスカでバルーンで膨らませることが容易な場合です。あなたのように骨粗鬆症がない場合は難しいと思います。リハビリで術後早期に歩くことは大切です。完全に安定するまで2年までかかるかもしれません。それは癒合した椎骨の成熟度、椎骨の周りの筋肉の状態によります。喫煙は回復を遅らせるのでしないでください。

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問