JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14381
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

12年ほど前に脳内出血を発症しました、部位は先生によって見立てが微妙に違うのですが、

解決済みの質問:

12年ほど前に脳内出血を発症しました、部位は先生によって見立てが微妙に違うのですが、
右視床近くです。発病時は左半身に運動麻痺が出ましたが おかげさまで1ケ月のリハビリテーション病院へ入院した程度で、職場に復帰出来ましたが、運動が回復すると平行するように左半身の痺れ痛みが、出てきました。その痛みの為に最近歩行に支障が出る様な左足の突っ張りも以前よりひどくなってきています。4~5年前より医師の処方で抗てんかん剤を服用し
気温が低いと筋肉がこわばるので、体を温めるからと医師に奨められ漢方薬も服用しています
この様な症状も筋繊維疼痛症と同じくくりと考えて良いのでしょうか?最近ペインクリニックの医師に「脊髄刺激療法」を奨められいます。遅くなりましたが、小生1955年生まれの男性です、愛知県 鈴木
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

①今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか? 私どもはどのように相談者様のお役に立てるでしょう。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12371;の度は、お世話になります 先生のお知恵をお借りしたい内容は、下記ですけど
①今の処方されている薬を飲み続けた場合、内臓への影響を心配しています。血液検査は年に1度程度です
現在までは、異常は見られませんが、現在使用の薬を飲み続けた場合の注意点と 例えばこんな症状が出てきたら中止とか!
②脊髄刺激療法の効果例は、どの程度期待出来ますでしょうか?ご存知なら教えていただきたいと思っています
もちろんこの療法でスッキリと今の痺れ痛みがなくなるとは、思っていません
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

まず、「現在使用の薬を飲み続けた場合の注意点」ですが、「これは特にありません。

薬害の大半が服用初期に現われます。数年単位(12年?)に渡って服用されてきてこれまで副作用が無いのであれば、これから新しい副作用が現われる危険性はありません。ただ、加齢に伴って肝機能が低下し、お薬が体に蓄積しやすくなりますから、これまで意識されなかった神経系の副作用が目立つようになる可能性はあります。

テグテトール、リボトリール、トラムセットは全て神経に効くお薬です。眠気やふらつきが現われてきた場合は減量されるべきでしょう。

ちょうど60歳を過ぎられていますから、血液検査の間隔は半年にいちど程度にしてもらった方がいいと思います。また、テグレトール(物質名:カルバマゼピン)は、血中濃度(血液にどれくらい溶け出しているか)を測定できるお薬ですので、これを測ってもらえば、他のお薬の蓄積度合いの目安にもなると思います。

末梢神経障害による痛みに対する脊髄刺激療法の奏効率は50~60%程度ですが、視床痛に対する効果は、限定的です。

全く効かないことはありませんが、「効いた」と報告する論文が医学雑誌に掲載されるくらいですので、あまり劇的な効果は期待できないと考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。 少しだけ補足で、質問させていただきます『全く効かないことはありませんが、「効いた」と報告する論文が医学雑誌に掲載されるくらいですので、あまり劇的な効果は期待できない』と考えます。  
 上記、先生のご回答に理解しにくい点のご説明をお願いします。・医学誌に「効いた」と掲載・・『先生のあまり期待できない』。の部分が、矛盾している様に感じられました。論文の効いたは、いったいどんな内容が、掲載されていたのでしょうか?、先生はその内容の何をもっての あまり劇的な・・・・
と表現されたのですか? 御支障がなければ御回答いただければ幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

わかりづらい部分があったことをお詫び申し上げます。

多少専門的になりますが、以下、出来るだけわかりやすく、相談者様の疑問点にお答えしたいと思います。

医学研究・論文には「エビデンスレベル」という概念があります。エビデンスとは、「証拠」や「根拠」といった意味合いです。

医学研究として、一般的にエビデンスレベルが十分であると見做されるのは、十分な数の被験者(研究対象となる患者様)を厚め(数百から数千人になります)を集めて、これを2群に分け、一方の群には研究目的である治療を施し、もう一方の群には施さずに、その後の結果を比べる、という、群間比較法を用いた研究です。

患者様の体質や病状は個々に異なります。よって、同じ治療を施しても、効果と副作用の現れ方はそれぞれ異なります。

また、治療をしなくとも、自然に治ってしまう患者様もおられます。

ですから、ある治療法の有効性を確認する場合、多数の患者様を用いて、治療を施した場合と施さない場合で、それぞれどれくらいの患者様が改善するのかを比較する必要があるのです。治療を施した群で統計学的に有意に改善例が多かった場合、その治療法は効果があると結論づけられます。

さらにエビデンスレベルが高い研究手法は「メタ解析」と呼ばれるものです。

上記の群間比較試験を複数集めて解析し、1つにまとめて、結果としてより多くの被験者の中で治療法の効果を確認する手法です。

逆に、もっともエビデンスレベルが低いのが「症例報告」です。

1人、または数名の患者様にある治療法を用いて有効であった(もしくは無効であった)ことを示した論文です。

上述したようにその治療法が効く人もいれば効かない人もいるでしょうから、多くの場合、症例報告は参考程度にしかなりません。

もちろん、そうした症例報告が積み重なっていき、大規模な群間比較試験に繋がっていくことはありますが、症例報告は、「医学的根拠(エビデンス)」としては扱い難いのです。

脊髄刺激療法の、末梢神経障害に対する効果は、大規模な群間比較試験によって確認されています。

一方で、脊髄刺激療法の視床痛に対する効果は「『効いた』と報告する論文が医学雑誌に掲載」されている程度で、それは症例報告に過ぎないのです。

従いまして、脊髄刺激療法の視床痛に対する効果に関してはまだエビデンスレベルが低く、相談者様がそれを受けられたとしても劇的な効果が得られる可能性は低いと思われる、というのが、昨日の私の回答の主旨でした。

これで答になっておりますでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.
29483;山司先生 鈴木です 詳細なご説明に感謝申し上げます。
結局は、中枢神経系の痺れ痛みへの効果は あまり期待してはダメですよとのご意見と理解しました。。
但し、座骨神経痛?の痛みも私の痛み痺れに混ざっている様な状況と思います そんな場合座骨神経痛の痛みには効果があるかもと考えてよろしでしょうか? とにかく猫山先生のアドバイスを参考に この治療を奨めていただいた病院の先生にじっくりとお聞きして判断いたします。
ありがとうございました。 鈴木
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

坐骨神経は太いですが末梢神経ですから、脊髄刺激療法の効果は期待できると思います。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

システム上での評価をお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

http://ww2.justanswer.jp/ja/help/topics/142 より。

【回答を評価するには、どうすればいいですか】

専門家からの回答の下に表示される、5つの顔(か星)から1つ選択して、回答を評価してください。

プラス評価をすると、回答作成に費やした時間に対し専門家に報酬が支払われます。プラス評価をされない限り、回答した専門家に報酬が一切支払われません。またボーナスのお支払は任意です。

http://ww2.justanswer.jp/sites/default/files/help/Drupal_How%20do%20I%20rate%20answer.png

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問