JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めまして。 整形関連のお仕事の皆様、色々教えてください。 先日子供が前十時靱帯の再建手術をした者です。

質問者の質問

初めまして。
整形関連のお仕事の皆様、色々教えてください。
先日子供が前十時靱帯の再建手術をした者です。
手術後にレントゲンを見せられ、膝の中に針先が折れて残っている事を告げられました。
「お伝えする程の事でもないのですが…」と前置きされ、無菌のステンレスなので何も問題ないといわれました。
こんな事良くある事なのでしょうか??
あと本当に大丈夫なのでしょうか?
あと、抜釘手術の事を質問すると
「抜きませんよ。抜かない前提の手術をしています」と言われました。
こうなると、抜く事はもう絶対に無理…という事になるのですか?
毎日リハビリを頑張っている子供に後日しっかり説明ができるように教えてくださると助かります、
宜しくお願い致しますm(_ _)m
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんにちは。猫山と申します。

各種スポーツイベントで大会ドクターを務めています。

針先の残置についてはあってはならない医療ミスで、「良くある事」ではありませんが、臨床的には、その医師が言うとおりに問題とならない可能性が高いと考えます。

しかし、鍼の大きさや残置されている部位がわかりませんので、インターネット相談では確たることは申し上げられません。

他の整形外科を受診されてセカンドオピニオンを受けられてはと思います。

抜釘については私も必要は無いと考えます。

ACL(前十字靱帯再建)の場合、新しい靱帯をボルトで脛骨に固定しますので、むしろ抜釘すべきではありません。

「抜かない前提の手術」とは、そういう意味でしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ボルト(スクリュー)もプレートといった、「インプラント」を入れる手術についての一般論です。

これらのインプラントはチタン製です。
チタンは生体親和性が高く、人体に害はありません。磁性が無いので、MRI検査を受ける障害にもなりません。

欧米では、どのような手術でも抜去しないことを前提にチタンのインプラント(プレートやスクリュー)を使用します。
一方で、日本では、骨・靱帯の癒合後は抜去することがこれまでほご常識になっていました。
これには医学的な根拠は無く、日本人が、体内に「異物」が入っていることに心理的な抵抗を覚えやすいことが理由であると言われています。

昨今では、抜釘手術を勧めない医師も増えていますし、その勧めに従って抜釘手術を希望しない患者様も増えています。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12377;みません。もう一点だけ質問させて下さい。
抜釘はしない方がよいという事は分かりました。
ただ、今後本人が抜釘を希望した場合…
抜かない前提の手術でも、抜くことは可能ですか?
それとも絶対無理なのでしょうか?
宜しくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ACL再建手術の場合はどの術式でも、新しい靱帯をボルト、金具で固定していますから、それらを取り除くことはできないと思います。靱帯が抜けてしまいます。

http://blog-imgs-32-origin.fc2.com/s/e/i/seikatukaizen777/acl_saiken.jpg

http://www.sanjo-hp.net/miyatake/ligament/images/img_l06al.jpg

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。
m(_ _)m
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

主治医とも再度よく相談されて下さいね。

医療 についての関連する質問