JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14342
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2週間前に右膝が腫れて、その翌日にはすぐに腫れは引いたんですが、紫のあざが割りと広範囲に広がって来ました。だいぶ紫のあざ

解決済みの質問:

2週間前に右膝が腫れて、その翌日にはすぐに腫れは引いたんですが、紫のあざが割りと広範囲に広がって来ました。だいぶ紫のあざが取れてきましたがまだ残ってます。その後膝したが薄く紫のあざができています。右足だけです。すごく心配です
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんばんは。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、何らかの理由による血液凝固障害による出血傾向が疑われます。

http://www.jslm.org/books/guideline/05_06/090.pdf

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

血液内科の受診をお勧めいたします。

下記のサイトから、日本血液学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本血液学会認定血液専門医名】

http://www.jshem.or.jp/senmoni/nintei-senmoni.html

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

申し訳ありません。

現在、電話対応ができる状況にありません。

質問者: 返答済み 1 年 前.
30456;談して良かったと思います。
ただもしかしたら重い病気なんじゃないかと心配です。
電話でご相談したいのですがダメでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

今は電話相談をお受けできませんし、重い病気かどうかは検査しなければわかりませんので受診が先決だと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
33258;覚症状はありません。
普段の生活にも支障はありませんが
あざがあるとやっぱり気になり押すと痛いです
質問者: 返答済み 1 年 前.
26368;初に膝が何の原因で腫れたのか知りたいです
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えません。

従いまして、「最初に膝が何の原因で腫れたのか知りたいです」というご質問にこの場で確答することは困難です。電話でお話しをしたとしてもです。

以上、インターネット相談で可能な範囲の回答は尽くしたつもりです。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

おはようございます。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様が呈されている症状は「光視症」である可能性が高いと考えられます。

眼球の中は硝子体という寒天状の物質が詰まっていますが、この硝子体は加齢ともに縮退し、眼球の内壁から剥がれていきます。
硝子体は眼球後部で網膜と癒着していることが多いため、縮退する時に網膜を引き剥がすように牽引します。
網膜には痛覚神経がありませんが、機械的刺激をすべて光の信号に変換するため、硝子体に引っ張られると、光刺激が無いにも関わらず視神経に光が当たったという信号を送るわけです。これが光視症です。

通常は様子を見ていても問題がありませんが、硝子体と網膜の癒着が強いと、縮退が大きくなっても硝子体が網膜と離れず、結果、網膜が破れて網膜裂孔、はては網膜剥離を起こすことがあります。

よって、光視症が続いているのであれば、いちど眼科を受診して主治医に相談し、眼底検査を行ってもらい、網膜が損傷を受けていないかを確認することをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。

ご参考まで。
【光視症(こうししょう)とは?】

http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

http://www.kaneko-ganka.com/column.html
http://www.avis.ne.jp/~hakuaith/sinbun19.html

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

おはようございます。猫山と申します。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、相談者様が呈されている症状は「光視症」である可能性が高いと考えられます。

眼球の中は硝子体という寒天状の物質が詰まっていますが、この硝子体は加齢ともに縮退し、眼球の内壁から剥がれていきます。
硝子体は眼球後部で網膜と癒着していることが多いため、縮退する時に網膜を引き剥がすように牽引します。
網膜には痛覚神経がありませんが、機械的刺激をすべて光の信号に変換するため、硝子体に引っ張られると、光刺激が無いにも関わらず視神経に光が当たったという信号を送るわけです。これが光視症です。

通常は様子を見ていても問題がありませんが、硝子体と網膜の癒着が強いと、縮退が大きくなっても硝子体が網膜と離れず、結果、網膜が破れて網膜裂孔、はては網膜剥離を起こすことがあります。

よって、光視症が続いているのであれば、いちど眼科を受診して主治医に相談し、眼底検査を行ってもらい、網膜が損傷を受けていないかを確認することをお勧めします。

以上、ご参考になれば幸いです。

ご参考まで。
【光視症(こうししょう)とは?】

http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

http://www.kaneko-ganka.com/column.html
http://www.avis.ne.jp/~hakuaith/sinbun19.html

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

上記回答は、システムエラーのために、他の方への回答がここに記載されてしまったものです。

無視されて下さい。

医療 についての関連する質問