JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めて利用させて頂きます。宜しくお願い致します。

解決済みの質問:

初めて利用させて頂きます。宜しくお願い致します。私の父(78歳)が心臓に6.4cmの静脈瘤ができていることが先日解りました。
静脈瘤ができている場所が脳への視神経がある場所とのことで、開腹手術をした際に後遺症が残る可能性が高いと説明を受けました。
後遺症がでるのは確率的に高いものなのでしょうか?宜しくお願い致します。
アシスタント: ありがとうございます。お客様の悩みについてもう少し詳しくご説明いただけますか?
質問者: 先生には、後遺症がでれば、寝たきりになる可能性が高いということで、手術をするかしないか家族で話し合って下さいとのことでした。
手術にはリスクはつきものですが、症例からしてもそんなに確立が高いのか、それとも、病院として、リスクを伝えるために最悪の状況を伝えているだけなのかがよくわかりません。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

①心臓の静脈瘤で「脳への視神経がある場所」とは、一体どこにあるどのような静脈瘤なのかわかりかねるのですが、もう少し具体的にどこにある静脈瘤なのか教えてください。

②現在、その静脈瘤のために臨床症状があるのでしょうか。主治医には、手術を行わないとどうなると言われていますか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々にご返答頂きましてありがとうございます。申し訳ありません。静脈瘤ではなく大動脈瘤の誤りでした。
その大動脈瘤ができてる場所をドクターが図にして頂いたものを添付します。下部の○枠の斜線は関係ありません。説明頂くのにかかれただけのもので、あるのは上部の斜線部分です。②の件ですが、症状は全くありません。今回、屋根から転落し、骨折の為のレントゲン等にてその大動脈瘤があることがわかった次第です。
亀裂もあり、いつ破裂してもおかしくない旨、破裂した場合は、即死状態になる旨を聞いております。宜しくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信・画像の添付ありがとうございます。

画像を拝見する限り、遠位弓部大動脈瘤であると考えられます。

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/image57/p57-05.gif

↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

長径が6.4cmということですと、ガイドライン的には絶対的手術適応ということになります。図の書き込みを拝見しますに、6cm以上ならば手術、という説明は受けられたのではないかと推察いたします。

http://www.ogikubo-center-heart.com/shindan/treatment02.html

日本胸部外科学会学術委員会によれば、「部大動脈瘤については,死亡に加えて脳合併症が臨床的に重要な転帰である」とされています。

ちなみに、「脳への視神経がある場所」というのは、目の栄養血管である「眼動脈」の本幹である「鎖骨下動脈」の本幹である「椎骨動脈」が大動脈から分岐する部分に動脈瘤がある、という意味ではないかと推察いたします(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e8/Gray506_ja.svg/2000px-Gray506_ja.svg.png)。

この部位でトラブルがあれば、目に限らず、脳の広い範囲に血液が行き届かなくなり、致死的な事態となりえます。

弓部大動脈瘤の、術後の院内死亡率(手術して間もなく亡くなる確率だとご理解下さい)は7%前後です(http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_takamoto_d.pdf、21ページ参照)。

手術合併症による死亡リスクは高い手術だと考えてよいでしょう。

一方で、「亀裂もあり、いつ破裂してもおかしくない」長径6.4cmの胸部大動脈瘤を、放っておいて良いわけではないことも確かです。

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12392;ても解りやすくご説明頂きましてありがとうございました。
猛暑が続いておりますので、どうかご自愛下さいませ。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

大変失礼いたしました。

眼動脈の解剖ですが、総頸動脈⇒内頸動脈⇒眼動脈の順に分岐します。

訂正してお詫びいたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;丁寧にありがとうございます。リスクの高い手術ということもあり、本人は、悩んでおります。
解離しない限り、いつ破裂するかわからないという恐れもあり、本人がどうしたいのか委ねているのですが・・・ 
破裂を抑えるための薬であったりはないのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

そこまで大きくなり、かつ亀裂がある(恐らく石灰化があるのだと思います)の動脈瘤では、外科手術以外に治療選択肢が無いのが現実です。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々のご返信をありがとうございます。やはりそうなんですね。
わかりました。
何度もありがとうございます。

医療 についての関連する質問