JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

先生にジブロキサンの話したらあれは強いよて

解決済みの質問:

先生にジブロキサンの話したらあれは強いよて 却下です、代わりにべげたみんBにくわえてラボナを50ミリをついかになりました。あとジアゼパム5 レメロン あたp フル二トラぜパムです。ラボナが増えたのはショックでしたが しかたはいみたいです。まだ試してませんが。増えるのこわくないですか?
あとバルビーツールの離脱症状てそんなにこわいんですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

何才ぐらいの医師でしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
40だいなかばから 50だいですか?よくわからないです。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

ベゲタミン錠(一般名:クロルプロマジン-プロメタジン-フェノバルビタール)はバルビツール酸系に属する睡眠薬です。

1957年に発売された古いお薬で、現在ではほとんど用いられていません。

効果は非常に強力、でも副作用も非常に強力

耐性・依存性が強く、また急速に生じる

大量に服薬すると呼吸停止などの危険な副作用がある

急な増減薬にて悪性症候群などの重篤な副作用が生じうる

ベゲタミンに含まれる「クロルプロマジン(商品名:コントミン)」という抗精神病薬は、古いお薬であり急に増減薬すると悪性症候群などの命に関わる副作用が出現するリスクがあります。

公立病院の精神神経科を受診して相談してみた方がいいと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26152;日はべゲタミンをやめて、ラボナだけにしようかといわれたので、いやだといいました。そしたら、ほかのミン剤と、ラボナ50みり、追加しましょう。きめめましたからそのとおりにしてください。といわれました。コントミンとフェノバールもすこしずつ、ねんげつをかけて減らした方がいいてことですね。先生私たちが一番困ってるのは、信頼できる病院をさがすことなんですよ。みなさんそうだとおもいます。私は川崎駅周辺にすんでます。どこか、ありますか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

虎ノ門病院分院の精神科を受診して相談してはどうかと思います。紹介状がなくても受診できますが初診で多少お金が余分にかかり、待たされるかもしれません。http://www.toranomon.gr.jp/kajigaya/departments/internal/psychiatry/

Dr_GATOをはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問