JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 医療
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 医療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

2〜3年前からしゃがむ時に膝の痛みが有りましたが、自制内過ごして居りました。

解決済みの質問:

2〜3年前からしゃがむ時に膝の痛みが有りましたが、自制内過ごして居りました。
今年に入り少しずつ膝の痛みが、酷くなって仕事時はサポーターを使用していました。
7月9日より膝の痛みが激しかった為、11日午前中近医の整形外科受診、膝の痛みと大腿部、下肢(腓骨)部等の症状を伝えて、痛みは腰からだろうと腰のXP検査施行、膝にはヒアルロン酸施行しその日は仕事に出ました。(看護師で夜勤で働いて居ます)
夕方にはさほど痛みは 無かったのですが、時間が経つにつれて膝の痛みが酷くなって5時過ぎには足を着く事も出来なくなりましたが、仕事をなげだして帰る訳にいかない為仕事が終わって近医前日受診した整形外科受診、膝のNR検査半月版断裂にて、25日半月版切除受けました。退院後8月1日、下腿部の痛み検査の診断の為腰のMR検査しましたが、腰は大丈夫だとの診断。痛み続いている事にはリリカ25㎎、朝夕処方されましたが痛みが改善しない為、リリカ25㎎増量し50㎎内服していますが下腿の刺すような痛みと足関節〜足背のにがる様な症状に辛い思いをしています。
内服で症状を抑えるだけの治療法としかないのか知りたいと思います。
投稿: 11 ヶ月 前.
カテゴリ: 医療
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

受診された整形外科の治療方針が理解いたしかねるのですが……

「痛みは腰からだろうと腰のXP検査施行、膝にはヒアルロン酸施行」⇒腰に問題があっての痛み(神経障害性疼痛)なのであれば、膝そのものにトラブルは無いわけですから、膝関節へのヒアルロン酸注射を行う必要がありません。

「下腿部の痛み検査の診断の為腰のMR検査しましたが、腰は大丈夫だとの診断。痛み続いている事にはリリカ」⇒腰は大丈夫=神経障害性疼痛ではないことがわかったにも関わらず、一般的な消炎鎮痛剤ではなく、神経障害性疼痛の治療薬であるリリカを処方しても効果は望めません。説明通りなら、相談者様の膝の痛みは、(診断が正しいのであれば)半月板損傷に対する術後痛だからです。

しかし、術後痛であれば、通常の痛み止めが処方されるべきですが、「下腿の刺すような痛みと足関節〜足背のにがる様な症状」は半月板損傷やその術後痛で説明が付くものではありません。

何もかも理屈に合わないように思われます。

①どれくらいの規模の、どのような専門性を有する整形外科医療機関を受診されたのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
26377;難うございます。
質問の書き方が、まずく良く分からないところが有った様で申し訳ありません。
受診した医院は、小さい規模の医院ですが、今まで何度か受診していました。
私も少し納得がいかないので質問させて頂きました。
9日の最初に膝がとても痛い、それと大腿部と下腿の痛みを診察時に訴えましたが、其れは、腰からの痛みでしょうと、腰のXP施行、腰を今度しっかり調べましょうとの事、でも膝は痛いですと訴えた所、ヒアルロン酸施行されました。
その日仕事に行き夜から痛みが激しくなり 、朝には脚がつく事も出来ないほどの痛みで、同院受診、結果半月版断裂となっており市民病院紹介され半月版切除しました。
退院後、同院受診退院後のリハビリ行なって居ります。
膝はOP施行いて頂いたDrに診察予定になっているのでリハビリだけ近医で診てもらって居ます。
膝以外に大腿部、下腿の痛みはMR検査したが特に異常が無いと言う事でリリカ処方されている状態です。
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

ご質問いただき誠にありがとうございます。

相談者様の主治医を個人的に攻撃する意図はありませんが、多くの整形外科個人開業医は整形「内」科医であり、「湿布と痛み止めを処方できる放射線技師」の域を出ない場合が少なくありません。

私見としては、背骨、肩、手、股関節、膝、足といった領域の整形外科的問題に関して、専門性が無い個人開業医を受診することは、そのために要する時間とお金に見合わないことが大多数だと思います。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、膝には実際に関節鏡を入れての手術が行われているわけですから、半月板損傷があったことは間違いないでしょう。

手術をしてもなお残る「大腿部、下腿の痛み」は、半月板損傷とはまた別の原因がある痛みである可能性が高いと思われます。

②半月板損傷の術創が痛いというわけではないのですね?

③腰のMRI検査を行ったのは市民病院でしょうか? 診察医は脊椎・脊髄の専門性が高いの整形外科医ですか?

④治療は診断ありきで決まるものです。結局、相談者様の「大腿部、下腿の痛み」にはどのような原因診断が下されていて、その上でリリカが処方されているのでしょうか。

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
36861;伸
MRは、術後に最初に受診した、特に専門医では無い医院で撮って貰いました。
膝の方は、痛く無いと言ったら嘘になりますがこんな物だと思って居ます。
膝の方は、12日に市民病院に受診予定になっております。
神経障害性疼痛だとしたら、リリカで症状が改善するものでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

ご返信ありがとうございます。

神経障害性疼痛(いわゆる神経痛)の治療薬であるリリカ(成分名:プレガバリン)ですが、うまく使いこなされていることは稀なお薬です。

このお薬の用法・用量は「通常、成人は初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口服用し、その後1週間以上かけて1日用量として 300mgまで漸増する。な お、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口服用する」ですが、有効用量の1日 300mgまで用いられていることはほとんどありません。

相談者様の場合も、1日量が100mgなのであれば、効果は期待できません。

繰り返しになりますが、治療は診断ありきで決まるものです。リリカはあくまで対症療法であり、根治療法が行えるならそれに越したことはありません。

「MRは、術後に最初に受診した、特に専門医では無い医院で撮って貰」ったのであれば、その読影結果に100%の信頼は置けないと考えます。

相談者様のようなパターンの下肢痛の場合、原因としてもっとも可能性が高いのはやはり腰椎のトラブルです。

http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg

http://blog-imgs-82.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/dermatome_lumber.jpg

↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑

骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 11 ヶ月 前.
26377;難う御座いました。
自分でも、納得できない所がありこのサイトを利用させて頂きました。
丁寧なご回答有難う御座いました。
ご紹介頂いた様専門医の診察受けたいと思います。
専門家:  猫山司 返答済み 11 ヶ月 前.

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

どうかお大事になさって下さい。

システム上での評価をお願いいたします。

猫山司をはじめその他名の医療カテゴリの専門家が質問受付中

医療 についての関連する質問